スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



薪で焼いた

先日から市場に行って帰りに3カジェの方から出てくると、出てくる道の途中に看板が出ている。鳥を薪で焼いたものと豚のあばら肉を薪で焼いたもの、と書いてある。もちろん他にもメニューがあるんだが、ここの売りはこの2つだと思う。
この鳥を薪で焼いたものは、実は公園から近くのリンコン・ティピコというレストランの売り物。鶏モモが一つとジャガイモ、ワカモルにトルティーヤ、ジュースが付いて30ケツアル(約450円)と安いこともあり、かなり人気のあるレストランだ。
この市場の入り口にできた店はここのオーナーの女性の元恋人だか旦那だかがやっている店で、リンコン・ティピコの売り物をまねているのは明らか。だが、ここは同じメニューで25ケツアルとちゃんと5ケツアル安くしているところが、またすごい。
気になっていたので、今日は買い物の後、ここで鳥と豚をテイクアウトして、家で昼ごはんに食べた。同じようにやっているので、ほぼ味も変わらない。買ったのが昼前で、ちょっと早かったのか、朝の残りの鳥を温めなおしたような感じで、強いて違いを挙げれば、ちょっと乾き気味といった程度。それほど気になることはない。
ただ、まだ慣れてないのか、なんだか店内はバタバタしていて、結構品物を受け取るまで時間がかかった。しかし、これで25ケツアルだったら安い。豚もなかなか行ける。何しろ火をバンバン焚いているので、店内で食べるのはこの時期かなり暑そうだが、テイクアウトには悪くないだろう。
今日も天気が良く暑い一日。夜も結構暑い。
日中の温度29度、湿度35%。夜22度、50%。
スポンサーサイト

強気

夜ご飯をアンティグア・デリ・アンド・ビストロというところで食べた。ここは以前、デリシオサというちょっと高めの食料品店だったんだが、オーナーが変わって、それもうまくいかなかったのか、更に別のオーナーになって、今のような店になったようだ。
今は食料品はちょっとで、ほとんどレストランになっている。前から一度行ってみたいと思っていたんだが、なかなか機会がなかった。入る前は入口付近にしか席がないのかと思っていたが、奥のほうにも席があり、かなりの人数が入れるようになっている。
メニューで面白いのは、朝食が一番にあってその次がピザ、そのあとに前菜とかスープ、サラダが来る。ピザが売りなんだろう。3人でペペロニとイタリアンソーセージのピザ、BLTサンドイッチ、マシュルームのトマトソースのスパゲッティとドイツ風ソーセージを頼んだ。これらは大体70から90ケツアル(約1000から1350円)だからかなり強気の値段設定だ。客は少ない。
ピザはかなり生地が薄い。これはこれで好きな味だ。サンドイッチも悪くない。ただ、値段を考えると、まあ当然という感じもするが。スパゲティは少ない。味はちょっと酸味がきついような気がしなくはないが、まずくはない。ちょっと残念だったのは、ソーセージ。写真ではかなり大きいんだが、実物はこちらのロンガニサ程度の物が2つ。これにザワークラウトが付いているんだが、ソーセージの味はやはりロンガニサにちょっときつい香辛料を入れた感じ。まあ全体に値段を考えるとちょっと考えてしまうかも。
今日も天気が良い一日。
日中の温度28度、湿度38%。夜20度、59%。

ホコテナンゴのショッピングセンター

今朝は少し寒いように思う。やっぱり寒波の影響かもしれない。何しろ風が結構強い。今日は日曜定食も休みなので、なんだかずっと眠いような気がする。どこかにゆっくりして良いんだと言う気持ちがあるんだろう。
昼にペトラとホコテナンゴに新しくできたショッピングセンターに行ってみた。トーレと言うスーパーが中心だが、他にもアイスクリーム屋とか靴屋、電気屋などが入っている。スーパーに行ってみたが、きれいになっている物の、値段自体は特に安いわけではない。むしろアンティグアの地元のスーパーのボデゴナの方が安いように思う。ブラブラ見ていたら、オリーブオイルの5リットル入りの大きなものが、184ケツアル(3000円弱。もちろん、エクスロラバージンではない。)と書いてある。通常の価格は204ケツアルと出ている。ボデゴナでも同じくらいの値段で売っていたが、最近大きなサイズを見かけないので買っておこうと思い、一つ抱えてレジに行ったら、なんと204ケツアルと言われた。「184ケツアルと書いてあった。」といったら、それは4つ買った時の値段だと言う。後でよく見たら、確かに、小さい字でそれらしいことが書いてある。こんなで買い物を4つも買う人なんているのかと思うが、他の商品も同じようになっている。もっと見えるように書いてもらいたいものだ。高い買い物。
一応小さなフードコートのような物はあるが、まだ入っているのはポヨ・カンペロとチニート・べロスのみ。こちらはかなりショボイ。
午後天気が良くなって、結構暖かったんだが、夜はやや寒い。
日中の温度24度、湿度48%。夜19度、58%。

新しい店

日本から帰ってきて、街を歩いていると、新しい店がいくつか開いている。逆に閉店してドアが閉まったままのところや、別の店になっているところも見かける。アタバルの傍では、4カジェのところに、行く前から喫茶店のようなバーのような店が開いていたが、その奥にホテルができたようだ。ホステルと書いてあるんだが、外からのぞくと、あんまりホテルらしくは見えない。バーの延長のように見える。
しかも、入り口には生演奏があると書いてある。ホテルで生演奏とはちょっと不思議。大きなホテルで、1階や地下で防音設備を整えてやるのはともかく、アンティグアではそう簡単にはそんなことはできない。夜に生演奏されたら、休みたい人は大変な迷惑だろうし、昼だって、海外から来た人など時差ボケや疲れで、ちょっと休みたい時があるんじゃないかと思うんだが、いったいどうなっているのか理解に苦しむ。
閉まった店で、驚いたのは、最初アタバルの傍で初めて、その頃は何回か行ったことがあるフランス人の旦那さんとグアテマラ人の奥さんがやっているクレープ屋。ペトラは行く前にテレビのローカルチャンネルで奥さんが出て宣伝しているのを見たと言っていた。アタバルの傍から中央公園の傍に移って、客が増えたように見えていたんだが、噂では借賃が値上がりして出たんだと言う。ちょっと面白い店だったので残念。また、別の場所でやれば良いのにと思う。
今日は午前中割と良い天気。午後はなんだか曇り勝ち。でも、結構暖かい。
日中の温度26度、湿度48%。夜21度、62%。

ややこしいが

昨日の晩、4カジェのボデゴナと言うスーパーの前にできた軽食屋のようなところに行って、ハンバーガーを食べた。もう半年くらい前からできているように思うが、一度コーヒーを飲んだことはあるんだが、その後行っていなかった。
ハンバーガーを頼もうと思って入って行ったんだが、パッと見たらハンバーガー・デ・ラ・カサというのがあって、それとは別にチーズバーガーがある。良くわからないのは、チーズバーガーの方が安い。チーズバーガーが30ケツアル(約450円)でデ・ラ・カサは38ケツアルくらいだったと思う。と言うことは、このデ・ラ・カサの方は、何か特別なものなんだと思って、何が入ってるのかと聞くと、別に特別っぽくない。どうしようかと思って、見まわしてみたら、別のところにハンバーガーとフレンチフライで15ケツアルと書いてある。これは混乱する。こっちは何かと聞いたら、こちらはチーズが入ってなくて、パティがずっと薄いんだそうだ。一体どんだけ薄いのか興味があったので、これを頼んでみた。出てきたのを見ると、確かに薄い。ばらばらにならないギリギリの薄さと言う感じ。
ただ、食べてみたら、ケチャップ(恐らくチリソースが混ぜてある)の味がちょっと強すぎる気がするが、意外とおいしい。肉は薄いけど、トマトやレタスもアリバイ程度にしか入っていないので、肉の味を感じる。改めてハンバーガーはバランスが大切なんだと思った。フレンチフライも冷凍の市販品を揚げただけのものだが、これで15ケツアルだったらまあありだと思う。
今日の日曜定食は豚肉の生姜焼きで28人分売れた。
朝のうち、ちょっと涼しかったんだが、昼前から天気が良くなり、暑い一日。でも、夜のニュースではユカタン半島の方からフラングリンと言う熱帯暴風雨が来ていて、明日から雨だと言う。
日中の温度30度、湿度34%。夜23度、54%。


シュニッツェル

久しぶりにヴィネル(ウイーンのスペイン語読み)と言うレストランに行った。市場の前の薬屋などが並んでいるところにあるんだが、以前は結構良く行った店だが、もうここ数年行っていなかった。
ここは、シュニッツェルが名物。肉にパン粉をつけて揚げてある、要は薄いとんかつのようなものだ。ここの店では、ほとんどこれしか食べたことがない(このシュニッツェルが入ったサンドイッチを食べることはある)。本当に久しぶりなので店員は見たことがない人ばかりだし、シュニッツェルがメニューからなくなっていたらどうしようかと、ちょっと心配だったが、入り口の上に、大きく半ポンドのシュニッツェル45ケツアル(700円弱)書いてあった。値段も以前とそんなに変わっていないように思う。
シュニッツェルの肉は何があるかと聞いたら、牛、豚、鳥と全てあるんだそうだ。値段はどれも一緒だと言う。以前は豚と鳥だけだったと思う。ペトラは鳥、僕は珍しいので牛を頼んだ。
鳥は以前と変わらず、食べやすくて一番外れがない。牛は皮がちゃんと付いてなくて、もうほとんど剥がれている。当然ナイフを入れたらボロボロ。肉もちょっと固い。やっぱり、鶏肉のものが良い。でも、これにマヨネーズで和えたジャガイモとちょっとしたスープが付いているのも、以前と同じ。これも以前からなんだが、肉にある程度味が付いているためか、ソースも何もないんだが、これはちょっと寂しい。オーストラリアの人には怒られるかもしれないが、チリモル(グアテマラで肉類につけるトマトベースのソース)くらいつけてもよさそうな気がする。
今日の日曜定食はアジフライで23人。
朝のうち天気が良く暑かったが、昼過ぎから曇って来て、夕方から雨。強くはないがそのまま夜まで降っている。
日中の温度30度、湿度54%。夜22度、65%。

アメリカ風

パパ・ジョンズと言うピザ屋がアンティグアにできている。どうやらアメリカのピザ・チェーンらしい。一度行ってみようと思っていて、なかなか行かなかったんだが、昨日の晩行ってきた。
中央公園から半ブロックほどの場所。ここは以前やはりグアテマラシティーにあった、ピザ・ミア(と言う名前だったと思う)と言う店があったんだが、あまり流行らなくて、いつの間にかなくなっていた。その後にも、別の店があったような気がするが、やはりあんまり流行っているようには見えなかった。
入ってみると、なかなかきれいに改装してある。暑かったが、窓際の席で風が入ってくるので、気分が良い。メニューは、決して小さくないんだが、見てみると、ピザと恐らくピザ生地で作ったと思われるパンを使ったおつまみのようなものと、チキンウイングくらいしかない。スープもサラダも何もないのはすごい。要はピザを食べる以外ないらしい。メニューには載っていないが別にパスタはあると言う。でも、ペンネのみ。潔いと言うか、極端と言うか。
ピザは普通に美味しい。野菜がたくさんのっているのが好み。チキンウイングもなかなか行ける。値段はピザの小とチキンウイングとミネラルウォーター(ガス入り)で100ケツアル強(約1500円)なので、やや高めか。面白いのは壁中に良い材料を使ってあると書いてあるんだが、キッチンを見ると、ドミノピザのキッチンと同じで、ピザを作るところはあるが、野菜を切ったり普通の調理をするところはない。要するに切った野菜を持ってきて乗っけるだけなんだろう。ミネラルウォーターは1サイズでアメリカサイズでどでかい。最初我々だけで、大丈夫かと思ったが、その後続々人が入ってきた。結構人気があるらしい。
今日の日曜定食はホイコーロで19人。
午前中晴れていたが、午後から曇ってきたが、暑い。
日中の温度度、湿度%。夜23度、55%。

変な組み合わせ

アタバルから2ブロックほど南に行ったところ、サン・フランシスコ教会のすぐそばに、新しい小さな店ができた。ちょっと変わっていて、入ったところは、ホットドックやタコスを売る店になっているんだが、その横に革製品を売る店がある。入り口が別々になっているわけではなく、同じ家で同じ入り口なんだが、一応部屋としては独立している。別々に店員がいる場合もあるが、一人しかいない場合もあるので、一つの商売ということみたいだ。ちょっと不思議な組み合わせだと思う。
先日試しにホットドックを食べてみた。ホットドックと言っても、シューコと言うグアテマラ式ホットドック。シューコと言うのは汚いと言う意味なんだが、ホットドックにアボガドの潰したものが入っていて、そこにマヨネーズやらケチャップをかけるので、かぶりつくとグチャグチャッと中身が出たりするので、そういう名前がついているんじゃないかと思う。普通のホットドックのようにソーセージがドンと入っていてそれが中心ではなく、大抵ソーセージは半分に切ってあったり、細かく刻んであったりして、節約してある。その物足りない分をアボガドで補ってあると言う感じ。恐らく最初は家庭の知恵だったのが、商売になったんだろう。まあ安いのが魅力だ。
この店の物はソーセージが刻んであるもので1個10ケツアル(約150円)。キャベツもそこそこ入っていて、結構良い感じ。
今日は天気が良く、日中ものすごく暑かった。それでも風があるので、夕方から少し涼しくなって助かる。
日中の温度31度、湿度36%。夜22度、51%。

新しい店

月曜日に市場に行った帰り、トゥクトゥクに乗っていたら、ペトラがマックスができていると言った。何事かと思ってそちらの方を見た。市場の前のちょっと高くなった場所に薬屋などが並んでいるところがあり、そこのちょうど真ん中くらいに入り口は小さいんだが、中が広い場所があり、それ全体がビックパカという古着屋だった。
名前からしてもメガパカを真似しようとしたんだと思うが、全然ダメな店で、なんという場所の無駄遣いと思っていたところ。オーナーが亡くなってから、閉めたままだったんだが、この場所にマックスという、良く新聞に大きな広告を載せている家電のチェーン店ができていた。
どんなものがあるのか見に行ってみたんだが、整然としてきれい。テレビも冷蔵庫もコンピュータもそこそこの品ぞろえで、ちょっと見て回る分には面白い。個人的にはチェーンのスーパーでも入らないものかと思っていたんだが、それでも、以前のような寂れた店よりはずっと良い。15日土曜日に開店したんだそうだ。これで、アンティグアにも家電の大きなチェーンがいくつかできて、昔に比べるとだいぶ便利になった。
日本では家電を売る店はあまり元気がないようだが、グアテマラではネットで買うと言う選択肢がほぼないので、まだまだこういう店が必要なんだろう。
今日は朝から良い天気。日中はやはり暑くなった。ただ、ここのところ午後は結構曇ってくるんだが、今日はそんなことなく夜も結構暑い。
日中の温度30度、湿度37%。夜22度、56%。

ひき肉

昨日書いた新しくできた肉屋のひき肉が今日の昼、肉団子のスープになって出てきた。いつもは豚のひき肉を使うんだが、今日はこの牛ひき肉。どんなもんかと思って食べてみたんだが、まあ、肉だけではなく、玉ねぎやらケッパーなどが入っているので、正直言って僕の舌では、特に違いは感じられない。
まあ、ひき肉だし、そんなに違わないのは当たり前かとも思う。考えてみれば、そんなに違うと思うほどだったら、おかしいのかもしれない。これでポンド当たり19ケツアルは悪くないと思う。ただ、目の前でひき肉にしてくれる市場の豚ひきと比べると、どちらが良いかは微妙かもしれない。
それにしても、ここ数日ブログの更新ができない。書いていないわけではないんだが、ブログの管理画面にアクセスできない。これはいったい、どこに原因があるんだろうか。いつも使っているコンピュータだけではなく、ほかのコンピュータからもアクセスしようとしているんだが、うまくいかない。
ログイン画面までは行けるが、そこから先へ進んでくれない。たまにその先まで行くんだが、もうその画面自体が、すべて表示されずに、さらに新しい記事を書くところまで進むことができない。困ったものだ。
昨日の晩はちょっとヒンヤリするほどだったが、今日は朝から天気が良く、日中はかなり暑くなった。
日中の温度28度、湿度60%。夜22度、66%。