スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スーパー・ブルー・ブラッドムーン

昨日から今日にかけてスーパー・ブルー・ブラッド・ムーンという事になっているんだそうだ。なんだか全然良くわからないが、皆既月食の際に月が赤銅色に見える「ブラッドムーン」、満月が大きく見える「スーパームーン」、満月が1カ月に2回見られる「ブルームーン」が重なり、珍しい「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という事になるんだと書いてあった。
これがグアテマラで昨日なんだか今日なんだかよくわからないんだが、昨日の晩から月を見ていた。確かに満月で、昨日の晩はすごく明るかった。今日は雲が厚くて、たまにしか月が見えない。結局なんだかわからないままだったんだが、昨日は月のきれいな晩だったことは間違いない。
それとは関係ないが、天候はおかしい。パリでもセーヌ川が増水して大変というニュースを見たが、グアテマラでは大西洋側のイサバル県で雨が降り続いて、あちこちで洪水になっているらしい。今日のニュースではまだ洪水が続いていて、かなりの人が避難しているという事だ。
アンティグアでは雨はほとんど降っていないが、風が強い。今日は午前中こそ静かでいい天気だったんだが、午後になって風が出てきて、寒くなってきた。寒波が来ると先日のニュースでは言っていたが、幸い風さえなければ、そんなに寒い感じはしない。まあ、もう少し暖かくなってほしいものではある。
日中の温度25度、湿度48%。夜20度、59%
スポンサーサイト

風で

日曜定食でチキン南蛮の南蛮酢が余った。予想以上にたくさんの人が来てくれたので、南蛮酢が足りなくなりそうになって、多めに作り足したためだ。まあ、作っておいた分でも足りるかなとも思ったんだが、最後のほうにケチケチしながらやるのはどうも気が進まなかったので、多めに作り足した。
南蛮酢だったら、すぐ悪くなるものではないし、何か使い方があるだろうと思って、置いておいて、今日ナスとイカの南蛮漬けを作った。南蛮漬けだったらいろんな材料を使えるので、便利だ。こういうものは余っても困らないので良い。
今日も朝から寒い。昨日に比べると天気は割と良いのだが、風が強いので、じっとしているとヒューヒューして寒い。どうもその風せいで、今日は瞬間停電が数回あった。これがあると、電気製品が壊れたりするので、なんだか気分が悪い。
しかし、アタバルのある辺りはましだったようで、ウナプー地区はこの風で木が倒れ、それで電線が切れて、今日はかなり長い時間停電していたらしい。ウナプー地区のホームステイ先の人から、電話がかかってきて、家の固定電話は今日は使えないと言われた。
アンティグアの中心部は、世界遺産の景観保護という事で、数年前に電線を地中に埋めているので、そういう問題は起こらないが、ウナプー地区などは、その対象外なのか電信柱がある。
夜になってもまたかなり寒い。
日中の温度21度、湿度52%。夜19度、60%。

1月ももう終わり

もう今週で1月も終わり。それにしても、なんだか今日は曇っていて変な天気だ。今の時期でなかったら、確実に傘を持って出かけようかと思うところだ。まあ、1月だって全く雨が降らないわけではないんだが、やっぱり乾季という意識があるのか、なんだか降らないだろうと言う漠然とした気持ちがある。
そのせいで、ちょっと肌寒いんだが、昼過ぎに外に出て買い物をして来たら、汗をかいた。湿度が高いせいかもしれない。ただ、やっぱり寒波が来てるのかとも思う。ただ、寒波が来てもこれくらいの寒さなのは助かる。アンティグアが一番寒いのは11月の終わりから12月、せいぜい1月の初めくらいだろう。これからもっと暖かくなってくれると良いんだが。
市場を歩いていると、良く犬を売っている。なかなかかわいい犬もいて、ついつい買いたいような気になる。ペトラなど一度値切ったりしてもう少しで買いそうになっていたが、寸前で踏みとどまった。やっぱりもう犬を飼うのは、日本に行ったときなど残していくのがかわいそうで、飼うのは難しいと思う。時々隣の家の犬などにちょっかいを出して、一時的に満足することにしている。
夕方から結構寒くなってきた。Tシャツ一枚でいたら、かなり冷える。まあ先日までの寒さに比べれば、ましだと思うんだが、それでも、寒いものは寒い。夜のニュースの天気予報では、また寒波が来てかなり寒くなると言っていた。がっかり。
日中の温度22度、湿度58%。夜19度、64%。

カンフル剤

去年なんだかネズミが出て、入り口わきの教室の天井裏を走り回って、大変だった。そこで、最初樟脳を撒いてネズミよけにしていたんだが、一時的な効果しかないので、結局、天井の板を取り払ってしまった。更にその横にあった、倉庫もドアなどを外して、中をすべて出して、今は教室になっている。これでだいぶすっきりした。
お陰で、ネズミが走るところがなくなって、せいせいしたんだが、樟脳がかなり余ってしまった。ナフタリンよりも僕は樟脳の匂いの方が好きなんだが、結構余っていて使うところがない。何か良い樟脳の使い道はないもだろうか。
服に入れて虫除けにしたりするのが一般的な使い道らしい。ゴキブリ除けにもなるらしいが、間違って食べたりしたら行けないようなので、台所に置いてよいものかどうかわからない。
でも、そう思って調べていたら、回復させる、蘇生させると言った意味で、「カンフル剤になる。」などと言うが、これのもとは樟脳のことをカンファーもしくはカンフルとも言ったからで、かつて強心剤として用いられていたからなんだそうだ。ちなみにスペイン語ではアルカンフォール。
今日の日曜定食はチキン南蛮で36人。多めに用意していたんだが、ここまでたくさんの人が来てくれるとは思わなかった。多めにしておいて良かった。
今日はかなり暖かい一日。
日中の温度25度、湿度40%。夜20度、60%。

無意識の習慣

日本に行くと、あまり料理をしなくなる。実家があった時でさえ、やっぱりグアテマラにいるときのようには料理をしない。まあ、遊びに行っているので、出かけたりしていて忙しいというのもある。さらに、日本ではスーパーなどで総菜という便利なものを売っているので、それで適当に済ませてしまうこともある。それでも、そこそこ満足できるんだからすごいと思う。
もう一つは、日本の台所は狭いというのがある。さらに家の中に靴を脱いで上がるため、床が気になる。グアテマラでは台所でも当然靴を履いているので、下が濡れていても、何か食品が落ちて、それを踏んでしまっても、それほど気にならない。
これで慣れていて、母親がいるときにはついつい台所で手を洗って、濡れた手をグアテマラでいつもやっているように、パッパッと振って水を振り払ってしまうので、良く怒られた。ただ、こういった動作はもう習慣になっていて、無意識のうちにやっているので、日本にいるからと言って急には直らない。野菜を切った時などに出る細かいごみなども、ついつい、手や付近でパッパッと調理台から振り落としてしまうのも日本では問題だ。
こういったことがあるから、なんだかいろいろなことに気を使ってやることになるので、日本で料理をするのが、ついつい億劫になるんだと思う
今日はここ数日に比べるとかなり天気が良くて、日中はかなり暑くなった。夜になってもそれほど寒くない。
日中の温度25度、湿度42%。夜20度、58%。

不良品か

LED電球に変えて、電気代が下がるかと思っていたら、全然下がらない。一体どういうことだと頭をかしげているんだが、このLED電球はなんだかすぐにダメになるのがある。完全に消えてしまうことはまだないんだが、暗くなったり明るくなったり照明が揺れるので、気持ちが悪い。
まあLED電球も最近だいぶ安くなってきて、一般に売っているもので最も明るい12ワットの物で、大体22ケツアル(350円弱)。普通の蛍光灯式の省エネ電球に戻そうかと思う時もあるんだが、これの明るいものは、20ワットで値段的にはほとんど変わらないかむしろ高い。明るさはLED電球の方が明かるように思うので、結局今もLED電球を使い続けているんだが、なんだか釈然としない。
これはこちらの配線に何か問題があるのか、それとも電力が今一つ不安定なので、すぐダメになるのか、電球に不良品が混じっているのか、何が理由なのかわからないところが困る。何かもっといい商品が出てくれないものかと思う。
今週の日曜定食はチキン南蛮の予定。鶏肉の骨外しはすでに終わっているので、あとはタルタルソース作りだ。
今朝も起きた時、小雨が降っていた。そのため、日がなかなかさしてこなくて、肌寒い。やっぱり寒波が来ているんだろうか。まあ午後になって晴れてきたので、外で日向を歩いていると暑いんだが、室内はなんだかひんやりしている。
日中の温度22度、湿度52%。夜18度、63%。

日本語では猿は猿しかないが、(グアテマラの)スペイン語では一般に猿はミコとモノに分かれる。最初は同じかと思っていたんだが、そうではないらしい。ミコと言うのは尻尾がある猿で、モノは尻尾がないんだと言う。ミコはマカコともいう。
そもそも、猿に尻尾があったりなかったりするってことすらほとんど気が付いていなかった。まあ言われてみれば、オランウータンやゴリラなどは尻尾があるなんて想像もつかない。チンパンジーなどもそうだろう。それに対してグアテマラにもいて、ティカル遺跡などに行くと良く見かけるクモザルやらホエザルは尻尾が長い。
そう思ってちょっとネットを見ていたら、英語でも尻尾があるのはモンキーと言って、尻尾がないのはエイプと言うんだと書いてあった。日本語では区別していないが、英語やスペイン語では区別しているらしい。
強いて日本語にすると尻尾がないのが類人猿で尻尾があるのが猿ってことになるらしい。ただ、日本では、これらを区別していないということなんだろう。チンパンジーを見て、あれは猿じゃなくて類人猿だって思う日本人はあんまりいないだろう。
ただ、猿のスペイン語訳にはこれ以外にもシミオというのがあり、映画の「猿の惑星」は「エル・プラネタ・デ・ロス・シミオス」と言うんだが、これも含めてみると、更にややこしいことになるので、今日はこのくらいにしておく。
今日は朝起きた時にほんの僅か小雨が降っていた。すぐに止んだが、その後も曇りがちでちょっと寒い。
日中の温度22度、湿度52%。夜18度、64%。

里芋

里芋を頂いた。グアテマラでは里芋というものはない。似たようなものに、マランガという菊芋のようなものがあるが、やっぱり同じとは言えない。あのヌメリの感覚が日本人には何とも言えない。
グアテマラの人はああいうヌルヌルしたものとか、ネバネバしたものは好きではないようだ。納豆などは当然だが、オクラなど暖かい地方に行けばたくさん生えているようだが、それを食べることはあまりないらしい。
里芋と似たマランガも暑い地方の物のようで、そちらの方に行けば食べる人はいるみたいだが、アンティグアでそれを食べる人はあまりいないと思う。市場で時々売っているのを見かけるが、あまり売れているようには見えない。恐らく、そちらの方出身の人とかが食べるくらいではないかと思う。里芋など、それに輪をかけてヌルヌルしているので、ますますグアテマラ人の嗜好からは遠のくだろう。
同じ芋類でも日本の山芋のようなものは、グアテマラにもジャメといって存在する。これは里芋以上に好きなんだが、これまた暑い地方でとれるものらしく、なかなかアンティグアでは手に入らない。今回頂いた分は、電子レンジで加熱して皮をむき、揚げて、やはり揚げた豆腐と一緒に中華風のソースを絡めたものと、みそ汁の具にした。
今日は朝やや寒く、日中暑くなってきたが、途中から曇って来て風も結構強かったので、気温もやや低く、夕方からちょっと寒くなってきた。これが寒波の影響だろうか。
日中の温度24度、湿度48%。夜19度、58%。

インコ

2階の部屋にコリブリ(ハチドリ)が飛び込んできたんだが、最近中央公園のハトの数は、かなり増えていると思う。中央公園を歩いていると、気を付けていても踏みそうになるくらいいる。まあ、向こうでも当然気を付けているんだろうから、ぎりぎりでちゃんとよけてくれて、踏むことはないと思うんだが。
ハトに加えて、サナテと言うハトより一回りくらい小さい鳥も良くいる。これはアタバルの2階のテラス部分にも良く来ていて、隣のパン屋から持ってくるのか、パンのかけらを運んできて、水溜りにつけて、ふやかしてから食べている。
先日夕暮れ時に中央公園を歩いていたら、鳥が大騒ぎをしているのが聞こえてきた。何事かと思って、音がする方を探してみたら、どうやら大きな木の中で騒いでいるらしい。他にも結構な人がその木を見上げている。
最初は良く見えなかったんだが、近づいてよく見ていると、どうやらその木にインコの群れがいて、ハトと争っているようだった。それにしてもインコがこんなにいるとは知らなかった。もともとインコはアンティグアにいる鳥ではないと思う。恐らく飼っているインコが逃げて、どんどん増えたんだと思うが、あの音からすると、かなりの数がいたんじゃないかと思う。
今日も朝起きた時には、かなり肌寒かったが、天気が良く、日中はかなり暑くなった。夜もそんなに寒くない。
日中の温度26度、湿度37%。夜21度、57%。

チャッカマン

チャッカマンというのか、ライター式のガスコンロに点火をする器具が好きだ。もちろん、使っているガスコンロが日本の物のように、自動で点火するようになっていないと言うのがあるんだが。
まあ冷静になって考えると、マッチを買った方が安いような気がする。まあ、そう思ってマッチを使っていた期間も結構ある。以前はこの手の器具がアンティグアではあまり手に入らなかったということもある。
今では、スーパーなどで大抵売っている。以前より安くなったようにも思う。やっぱりマッチを使うより快適だ。ただ、使っているとだんだん火が付きにくくなってきて、逆にイライラすることもある。
ルーメンと言うメーカーが最近のお気に入り。ただ、このメーカーの物は、スーパーでたくさん売っていたり、市場でも売り歩いている人がいたりするかと思ったら、突然ぱったりと見かけなくなる。そうしてまたしばらくしたらスーパーや市場で見かけるようになる。なんだか周期があるみたいだ。
値段が安いのもあるが、それなりに持つし、着火のスイッチも比較的動作が柔らかいので、使いやすい。ルーメンと言うのは照明の明るさの単位ではなかったか。
今日も朝はやや肌寒かったが、日中はなんだか蒸し暑かった。しかし、天気予報によると、また寒波が来るらしい。
日中の温度26度、湿度52%。夜20度、57%。

入って来るもの

今日は日中かなり暑くなった。そもそも朝起きた時から去年の暮くらいから続いていた寒さが感じられない。ちょっとうれしい。周りを見回しても風邪をひいている人が多いし、やっぱり寒いのは考え物だ。
2階の部屋にいるといろんなものが入ってくる。昨日は突然ペトラが騒ぎ出して、何事かと思ったら、なんとコリブリ(ハチドリ)が部屋の中を飛び回っていた。入ってきた方もかなり慌てていたようで、寝室にまで飛んできて、ちょっと焦った。
一番怖いのは、無理に外に出ようとして、窓などにぶつかって死んでしまうことだ。捕まえるのは難しいので、ドアを開けて、電気を消して隠れて待つしかない。幸いまだ外は明るかったので、光に誘導されて出て行ってくれた。それでも、その間、天井の明り取りの窓にぶつかったりしていたので、ちょっと心配した。
2階の植物が茂ってきて、花を咲かせているので、コリブリが来るのは良いのだが、部屋に入ってくるとお互い焦る。しかし、コリブリにもいろんな種類があるらしい、ごく小さいものも来るが、昨日のは、スズメくらいの大きさだった。
他にはアンティグアの街中のいろいろな音が入ってくる。今朝はまた、ラッパと太鼓で、どうもサッカーの応援のような音が聞こえていた。これが聞こえてくるとペトラはあまり外に出たがらない。以前負けたチームが暴れて、街中まで入ってきて、それに出くわしてからだ。しかし、サッカーは去年の暮にアンティグアが優勝して終わったんじゃなかったか?
今日の日曜定食はホイコーロで28人分売れた。
夜になってもちょっと暖かい。
日中の温度27度、湿度55%。夜20度、61%。

少しだけ改装

日中はかなり暖かくなった。昨日寒い寒いとボヤいたのが、なんだったんだろうと思うくらいだ。まあ、これくらい暖かくなるとありがたい。市場で買い物をしていても、汗をかくほどだし、帰りにトゥクトゥクに乗ったら、わりと締め切ったトゥクトゥクだったので、暑くて中でも汗をかいたほど。久しぶりに汗をかいた感じだ。
明日の日曜定食はホイコーロなんだが、この肉も木曜日に買ってきて、凍らせて、金曜日に切った。肉を切る機械が今はあるので、以前のように、市場の人があまりいなさそうな日を見て、持って行って切ってもらうということをしなくても良くなったので、これは便利になった。しかも、自分の好みの厚さに切ることができる。今週など月曜日に肉を買おうと思ったら、欲しい部位の肉がなかったので、頼んでおいて木曜日に買った。こういうことができるようになったのは、機械があるお陰だ。
アタバルに入ってすぐ右側のところに、2つ机がある教室があるんだが、先日ここの天井の板をはがした。これでネズミが走ったりしなくなったので、すっきりした。さらにその横にあった倉庫のドアをとって中を空にして、新しく机を置いた。先週は1度だけこの場所を使った人がいたが、まだあまり利用されていない。ちょっと隠れるようになっているけれども、なかなか良い感じの空間だと思うんだが。これから照明を蛍光灯からLEDの電球に変えようと思っている。
夜になってもちょっと暖かい。
日中の温度25度、湿度43%。夜20度、58%。

いつまで続くのか

今日はまた朝寒かった。まあ少しは寒いのにも慣れてきたような気がする。といっても、もっと暖かくならないものかとは思う。今年は本当に寒いらしい。ニュースでも、寒波の情報が毎日のようにある。なんだか寒い期間がまだまだ続くんだとか。
今年は2月13日がカーニバルで、14日が灰の水曜日で、そこから四旬節が始まる。ちなみに、セマナ・サンタは、3月の最終週だ。どうも今の天気予報の様子では、まだその頃は寒くて、四旬節が始まってからも、かなり寒さが続くらしい。
どうも、寒い四旬節というのはパッとしない気がする。まあ、さすがにセマナ・サンタまで寒い日は続かないだろうが、大体3月、4月というのは1年でも暑い時期ということになっているので、この時期まで寒いと変な感じだろう。やっぱりプロセシオンには町中のハカランダの紫の花が付き物だと思うんだが、これも、去年の12月に咲いていたところがあったり、どうなっているんだかわからない。
先週くらいから、いくつかの教会のセマナ・サンタのプロセシオンやベラシオンをやるグループの人が寄付を集めに来た。これが来るとそろそろ四旬節が近づいてきたんだなと思う。アンティグアの町の人たちは、人が集まってくるこの時期を楽しみにしているんだと思う。
日中もなんだかすっきりしない天気で、今ひとつ気温が上がらない。やっぱり風が強い。夕方らかまた寒くなってきた。
日中の温度22度、湿度47%。夜18度、57%。

ちょっと違った

先日書いたサバ缶を食べてみた。残念ながら、想像していたものではなかった。普通さば水煮缶というと、筒切りになったサバが入っているイメージだと思うんだが、これは、身がほぐしてある。いわゆる、ツナ缶に近い感じだ。
まあ、だから市場で売ってるおばちゃんもツナ缶と言って売っていたんだろう。知らないで食べたら、ツナ缶だと思ったかもしれない。食べてみると、ツナ缶とはちょっと違った味がある。別にまずくはない。ツナ缶として使っても問題ない程度のものだと思う。
これはちょっと当てが違った。大根おろしと食べるつもりだったんだが、ひとまず、それはやめて、ちょっと考えてから使うことにした。まあペルーで作っているので、違うのが当然と言えば、当然だろう。結局、今日市場で豆腐を買ってきたので、この豆腐と一緒に煎り豆腐にしてみることにした。
今日も市場で買い物をしてきたが、割と人が少ない感じがした。今週の日曜定食を考えながら買い物をしたんだが、豚肉を買って、今週はホイコーロにすることにした。キャベツはちょっと高い。
今朝はまた少し寒かった。日中はまあまあ暖かくなったんだが、夕方からかなり曇ってきて、しかも風が強いので、ずいぶん寒く感じる。まあ天気予報では、まだまだ暖かくならないということなので、仕方ない。夜になって更に寒くなった。これはまた明日の朝寒そうだ。
日中の温度22度、湿度42%。夜17度、56%。

今年もまた

今朝はちょっと暖かかった。ここの所、大抵朝起きて、下に降りた時に温度計を見ると、11度、12度だったんだが、今朝は16度。まあそうはいっても、16度と言うのはアンティグアではかなり寒い部類の気温に入るんだが、今までが寒すぎたので、それに比べると、かなりましな気がする。
風邪が良くなったかと思ったら、また喉が痛くなって来たりして、どうもすっきりしない。これも寒さのせいじゃないかと思われる。こちらの人も風邪ひきが多い。まあ、こんな寒さに慣れていないからだろう。先生たちはセーターにジャンパー、コートを2,3枚重ね着して、プクプクして授業をしている。ずっと座っているんで、暖まらないんだと言う。日向にいれば暖かいんだが、そういう訳にもいかない。
今日は市民税のようなものを払いに行ってきた。まあ毎年のことだが、1月の初めのころはかなり混んでいて、今はだいぶ空いてきた。払わなくても、特に請求が来るわけではないんだが、これを払った領収書がないと、いろいろな手続きができなかったりする。そもそも、自己申告制で、大抵の人は1年間10ケツアル(約150円)払うようだ。いつも思うんだがかなり安い。
この後は不動産税と商売をしている人が払う税金と、墓地の年間利用料のようなものを払えば、とりあえず、年の初めの必要な支払いが終わる。
夜は昨日よりも寒い感じ。
日中の温度22度、湿度42%。夜17度、49%。

シュレッダー

シュレッダーを買った。それほど、必要性があるかと言うと疑問なところだが、中古で50ケツアル(約750円)で売っているのを見て、使えるのか試してもらったら、問題なく使えそうなので、買ってきた。
日本の場合、個人情報がわかるような物は、シュレッダーにかけたり、見えないようにハンコのようなものを押したりして、捨てるようだが、こちらで、ごみ箱をあさって、他人の個人情報を盗んで、何かしようとする人がいるかどうかは、ちょっと疑問。
何しろ、日本のように分別ごみで、紙だけとかいうことはなくて、生ごみなども一緒に捨てられているので、もしそんなことしようと思ったら、結構覚悟を決めて、装備をしてやることになると思う。
まあ、それでも、スペイン語の学校ということで、個人情報に当たるようなことを書いた紙類もかなりあるので、今まではそのまま捨てていいものかどうかちょっと考えてしまって、どんどん溜まっていた。自分の情報だったら、自分の責任で生ごみなどと一緒に捨てればそれで良いような気がするが、他人のだとちょっと気になる。
まあこれで、少しずつ溜まったいらない過去の書類を処分していけると思う。かなりの量になっているので、なかなかやる気にはなれないが。
今日も寒い一日。天気は良くても、風が強く冷たい。ただ、夜にはここ数日より寒くないような気がする。
日中の温度22度、湿度42%。夜18度、60%。

さば水煮缶

以前ツナ缶について書いた時に、こちらのスーパーで売っているツナ缶は、ツナだけではなく、大豆プロテインが入っていることがあると書いた。実際安いものでは大豆プロテインが原材料名の一番に書いてあったりする。
日本では原材料名は入っている量の順番に書くことになっているんだと聞いたことがあるが、こちらでもそういう決まりがあるかどうかはわからない。それにしても、安いものだと10ケツアル(約150円)位で、原材料名に大豆プロテインが入っていないものだと、15ケツアルくらいする。
今朝市場で買い物をしていたら、缶詰を積んで、「ツナ缶5ケツアル。」と叫んで売っているおばさんを見かけた。一瞬通り過ぎたんだが、思い直してどんなものか見に戻った。原材料名はごく小さな字で書いてあるので、実に読みにくいんだが、どうもツナと言う単語は見当たらない。一生懸命解読したところ、どうやらペルー産のサバ缶だということが分かった。
グアテマラでは、一般にサバなどないので、サバ缶と言われても誰も何のことだかわからないから、ツナ缶と言って売らないとだめなんだろうが、日本人だとサバ缶はツナ缶とはまた違った利用法がある。珍しいので4つほど買ってみた。
夕方からまた寒くなってきたが、風もあり、夜は一段と寒いように思う。今週はずっとこんな天気らしい。しかも、また週末に向けて寒波が来るという。
日中の温度22度、湿度35%。夜17度、50%。

風邪ひき

ここの所寒い寒いと書いていたら、風邪をひいてしまった。今まで風邪をひくと、たいてい最初は喉に来て、その後鼻水が出でくるんだが、今回は喉は痛くなったが、鼻水は大したことがない。代わりにクシャミが出て、その後、体の関節が痛くなり、だるくなった。ちょっと変わった風邪。
一日だけどうも夜熱が出たかもしれない。何しろ手足が冷たくて、その日は夕飯の後、すぐに布団にもぐりこんだんだが、一向に手足が温まらない。寒くって布団の中で震えてしまった。
しかし、良く寝たのが良かったのか、翌日はだいぶましになり、その日も早めに寝たので、昨日くらいからだいぶ具合が良くなった。おかげで市場に行って買い物もできたし、今日も朝から日曜定食のメンチカツ作りで、特にだるくなることもなくできた。
ただ、周りにも風邪をひいている人は多い。何しろ今年は特に寒いから、注意していても風邪をひくことはあるだろう。早く暖かくなってもらいたいものだ。そう思っても、ニュースではまたしても寒波で、これから気温が下がると言っている。今日だって朝のうちはかなり冷えた。日中はそれでも20度を超えたが、夜はメンチカツを揚げながら火に面している体の前側は良いが、背中側はなんだか風が吹くとヒューヒューと寒い。変な状態だった。
今日の日曜定食はメンチカツで28人分売れた。寒い中良く来てくれたものだ。
日中の温度21度、湿度35%。夜16度、50%。

クシャミ

どうも風邪気味。熱がないのが幸い。先日、ちょっと喉が痛くって、たばこの吸い過ぎかと思って、ちょっと控えていたら、のどの痛みはなくなったんだが、今度はくしゃみと鼻水。
今日も道を歩いていて、でかいくしゃみをしたら、後ろを歩いていたおばさん(アメリカ人っぽかった)から英語で何か怒鳴られたので、びっくりした。大体親譲りで、くしゃみがでかいんだが、良く周りの人が驚く。以前もスーパーでくしゃみをしたら、横にいた人が、派手に驚いて、持っていた品物を放り投げてしまっていた。
しかし、今日も怒鳴られた時は、一瞬怒られたのかと思ったんだが、“God bless you”と言われたので、どうもスペイン語圏の人がくしゃみをした時にサルーと言うのと同じようなものかと思って、とりあえずグラシアスと言っておいた。
帰ってきて、調べてみたら、確かにくしゃみをした時に言う言葉なんだそうだ。「神のご加護がありますように」という意味で「くしゃみをするとその人の肉体から魂が抜けだして病気になるという迷信があるんだとか。」と書いてある。大きなくしゃみだったので、おばさんも魂が飛んでいかないように、大慌てででかい声で言ってくれたのかもしれない。もっと感謝しとけば良かった。
今週の日曜定食はメンチカツの予定。
今日も日中は暑い。
日中の温度25度、湿度48%。夜18度、57%。

危なかった

2階の寝室には大き目のテレビがあって、寝たままみられるように、ちょっと高い位置に置いてある。ずいぶん前に鉄工屋に頼んで作ってもらった棚なんだが、その下に、僕のコンピュータが置いてある。
ここでもバランスボールを使っているんだが、この棚に手をかけてバランスボールに乗って、グリグリするのが、考え事をしている時の癖になっていたようだ。ようだというのは、自分ではほとんど無意識にやっているからだ。
ところが、一昨日この棚を壁に止めているねじが、ほとんど抜けかかっていると指摘され、よく見たところ、本当にいつ取れて落ちてきてもおかしくないような状態だった。危ないところだった。こんな状態で考え事をしながら、下にバランスボールで座って、棚に手をかけてブラブラしていたら、頭の上にテレビが落ちてくるところだった。確かにブラブラした僕も悪いんだが、壁にねじを付けるときにアンカーというのかプラグというのか名前を知らないが、それを使わずに単にねじ込んであるだけだった。
驚いて、昨日はつっかえ棒を入れて、棚に手をかけないよう気を付けて過ごした。これを作った鉄工屋に連絡をしたら、やっと今日来てくれた。それで、補強を少しして、ちゃんとそのアンカーだかも入れて、設置しなおした。これで一安心。
あとは無意識のうちにぶら下がるのをできるだけやめるようにすれば良いだろう。
今日も天気が良く、日中は暑かったが、寒波がまた来て、今週末に向けて寒くなるという。
日中の温度25度、湿度52%。夜18度、62%。

ホテルばっかり

昨日はアンティグアの中でガソリンスタンドが減ってきたと書いたが、逆に驚くほど増えているのは、ホテル。以前から、こんなにあって、すべてに客が泊まっているんだろうかと不思議に思っていたんだが、その後もさらに増えている。
アタバルの裏と言うか5カジェ側のところに、以前小、中、高校があったんだが、これが郊外に移転して(こういう学校もやはりアンティグア内から出て行っている。)、空き家になっていたところが、日本から帰ってきたころには何やら工事をしていて、何になるのかと思っていたら、つい先日ホステルという看板をつけていた。
学校だったくらいだからかなり広い敷地だ。中庭がかなり大きいので、ホテルとしては無駄な空間が多いんじゃないかと思うが、それにしても、収容人員はかなりの数になるだろう。本当にこれがいっぱいになるのかと思ってしまう。
やはり日本から帰ってくる前後にオープンした4カジェ側のホテルと合わせて、ちょうど裏でつながるくらいのところにホテルが並んでできた感じだ。4カジェのホテルの傍には、やはり去年結構大きなホテルが開店しているので、本当にホテルだらけっていう状況だ。アタバルの傍でこんな様子なので、他も考えたら、いったいどれだけの観光客が受け入れられるものだろうか。
今日も天気が良く、日中はかなり気温が上がった。ところが、ニュースでは、明日からまた寒くなると言う。
日中の温度25度、湿度41%。夜19度、53%。

ガソリンスタンド

今日は朝起きたとき12度。かなり寒い。これは今日も一日寒いだろうと思っていたら、日中は天気が良く、かなり暖かいと言うより暑いくらいになった。市場の裏の材木屋に昼過ぎに歩いて行ったら、汗が落ちてくるほど。
久しぶりに、材木屋に行った。ちょっと町から出るといくつかあるようだが、アンティグア市内に材木屋はここだけじゃないだろうか。このため、以前からちょこちょこ利用している。最初はアタバルからもそれほど遠くない、ドニャ・ルイサと言う喫茶店の裏くらいにあったんだが、手狭になったのか現在の市場の裏の広い場所に移った。
まあ、それは材木屋だけではなく、今やアンティグアの町中にあるガソリンスタンドはアタバルのすぐそばにある1つだけじゃないだろうか?以前はその近くに2つあったし(この2つのうち1つは今でも時々やっていると言う噂を聞いたが、僕はやっているところを最近見たことがない。)シウダー・ビエハの方に出ていくところにも1つ、スーパーのボデゴナの4カジェ側の入り口もガソリンスタンドだった。もっと前には時計台のところにもあったくらいだ。
ガソリンスタンドだけはどうごまかしても、世界遺産の街とは相いれない景観になる。車も増えて、アンティグアの町中の手狭なところでやるのは難しくなっているんだろう。実質的に最後の1つとなったアタバルのそばのところはいつまで続くんだろうか。
夜になってやっぱりまた冷えてきた。
日中の温度26度、湿度44%。夜19度、52%。

今年最初の日曜定食

今日の日曜定食はエビチリで32人分売れた。今年最初の日曜定食で、こんなにたくさんの人が来てくれるとは思っていなかったので、ちょっと焦った。それにしても、久しぶりにやってこんなに来てくれるのはありがたいことだ。
日曜定食を作っている時は、火も使っているしバタバタしているので、全く寒さを感じなかったが、終わってみると、やっぱり肌寒い。温度計を見ると18度を切っている。まあ、人数が多かったので、終わったのは9時頃だったから、まあある程度寒くなっていても、不思議ではないが、夜のうちに18度を切るっていうのは珍しい。
それにしても、エビを多めに買っておいて良かった。何しろ32人分であらかじめ用意していおいたのはちょうどなくなった。作り終わってちょっと休んでいる間に自分達用のエビを解凍して食べた。
とにかく、今年最初の日曜定食を無事に始めることができて、ホッと一息。なんでも最初にうまく始められるとなんとなく安心する。終わって明日の連絡を先生たちにしたんだが、なんだか返事のない人もいる。9時くらいだともう寝ちゃったんだろうか。グアテマラの人は早く寝ちゃうので、日本だったら夜の9時くらいは、まだ他人の家に電話するのに、許容範囲だと思うが、こちらは案外そうでもない人がいるので面食らう。
それにしても、今晩のニュースを見ていて、まだ寒さが続くと言っていた。もう少し暖かくなってくれると良いんだが。
日中の温度22度、湿度40%。夜17度、57%。

天井

入り口の横に一つ部屋があり、そこも教室にしているんだが、ここの屋根裏をネズミが通る。巣を作っているんじゃないかと疑っていた。ここは以前から問題で、毒餌を撒いてみたり、忌避剤を使って見たりしたんだが、どれも一時的なもので、すぐにまた戻ってきてしまう。下水から上がってくるので、蓋をしたんだが、雨樋の中を上がってくるので、どうにもしようがない。
猫を飼った時には、確かにてきめんな効果があった。犬好きなので、最初は猫なんかと思っていたが、飼ってみるとそれなりに可愛く、楽しい。ただ、猫はそこら辺でマーキングをしたり、毛が抜けてあっちこっちでふわふわしたり、他の猫を連れてきたリ、どんどん産んで増えたりと、別の問題がある。
長いこといろいろやりながら我慢してきたんだが、さすがに限界と思い、ペトラと相談をして、天井の板を外してしまうことにした。こうしたら、屋根が直接見えるが、もうネズミが通る場所はなくなる。去年日本から帰ってきてずっとやりたいと思っていたんだが、なかなか機会がなく、やっと今日実現。まだ、板をはがして掃除をしてもらっただけだが、お蔭ですっきりした。
今日は朝からかなり寒い。日中は晴れたので、市場にはTシャツで買い物に行ったが、かなり歩いても汗はかかない。夜になって、まだ風が結構あり、ちょっと肌寒い。寒波でと脅かされていたので、もっと寒いかと思ったが、それ程ではない。
日中の温度21度、湿度44%。夜18度、54%。

寒い

今週は今年最初の日曜定食で、エビチリの予定。まあ新年初めてなので、赤いエビは良い感じかと思う。それにしても、なんだか肌寒い。何しろマイアミでも雪が降ったとかいうので、こちらが寒いのは仕方ないのかもしれない。
ケツアルテナンゴなどはなんと0度だと言う。それに比べれば、アンティグアは寒い寒いと言っても10度以上なので、大したことはない。それでも、先生たちはセーターの上に更にコートを2重に着ていたりする。モコモコしているが、まあ、普段が暖かいところなので、仕方がないんだろう。
それにしても、今晩のニュースを見ていたら、今週末は更に寒くなると言っている。何でも寒波がアメリカの方から来ているんだと言う。こちらの人ほど寒がりではないが、さすがにこれ以上の寒さは勘弁してもらいたいと思う。服を着れば良いと言っても、やっぱりモコモコしているより、薄着の方が何をするにも身軽で良い。
朝起きて自分の朝ごはんを作るんだが、料理するときなどは長袖の物を着ると、袖が濡れるのが嫌で、腕まくりをしないといけないので、不便。簡単にまくって止まっていてくれるものだと良いが、作業中にずり落ちてくるようなものだと、実に面倒くさい。
ペトラも、こんな寒さはアンティグアではそうないと言っている。やはり今年は、特に寒いんだろうと思う。早く2月になってくれないかと思う。夜になって、確かにかなり冷え込んできた。
日中の温度22度、湿度48%。夜18度、61%。

難しい

お向かいの人に頼まれて、日本語で書いたものをちょっと訳してあげていたんだが、こういう時に困るのは日本人の名前。漢字で書いてあるものだが、これをローマ字にするには当然のことだが、正確な読みがわからないといけない。ところが、有名な人だったら、ネットなどで調べれば良いんだが、一般の人は調べようがない。
この書類の中に弘一という名前があったんだが、これをどう読むだろうか?正攻法で考えるとコウイチじゃないだろうか?そこでコウイチと書いたら間違えていると言われてしまった。
ヒロカズが正解だそうだ。その可能性も全く考えなかったわけではないが、弘一と書いた場合、ヒロカズと読むより、コウイチと読む可能性の方が高いように思った。相手は当然日本語のことなんかわからないわけだから、同じ字でもいくつかの読み方がある可能性があるなんて、わからないだろうから、なんというミスかと思われるような気がして、気持ちが良くない。日本人だったらいちいち説明しなくてもわかってもらえるだろうが、こちらの人にこれを説明するのは、ちょっと面倒なものだ。
2週間お休みを頂いたが、今週の日曜日は日曜定食をやる予定。エビがちょうど手に入ったので、エビチリにすることにした。
今朝起きた時はかなり寒かった。さすがに寒波の影響だろうと思っていたんだが、日中は天気が良く、かなり暖かくなった。夜はまた冷える。
日中の温度24度、湿度42%。夜18度、56%。

アンティグアでも

いよいよ本当に寒波が来たのか、今日は日中晴れているのに、気温はあまり上がらず、風があって、なんだか肌寒い。とはいえ、Tシャツでいられるので、寒いと言ってもたかは知れている。ただ、天気予報を聞いていても寒波が来るということは、風を伴うような感じがする。単に気温が下がると言うより、風が吹くからヒューヒューして寒いということのように思える。
昨日で正月の行事も終わり、今日はもう普通の一日。まあグアテマラでは日本ほど正月は重要な行事ではない。基本的には真夜中に花火をやって終わる感じだ。日本では3が日というと、仕事も休みで初詣など行くんだろうが、こちらは、大晦日の夜中にミサに行く人はいるかもしれないが、せいぜいそんなものだ。
1日はグアテマラシティーでも大抵の商売が閉まっていて、閑散としていたが、もう通常通り、混雑しているはず。アンティグアも、今日は5カジェを歩いていたら、中央公園から市場の方に行く道が渋滞。何か事故でもあったのかと思ったが、全然そんな様子はなく、単に市場の前のサンタ・ルシア通りが混んでいて、5カジェからサンタ・ルシア通りになかなか入って行けず渋滞を起こしているみたいんだった。まあ以前では考えられないことだが、車が増えて、アンティグアでも最近は渋滞が頻繁に起こるようになってきた。
夜になって、やっぱり寒くなってきた。今度こそ天気予報は外れず寒波が来ているようだ。
日中の温度22度、湿度50%。夜18度、59%。

始業

今日は今年最初の授業。例年通り、午後4時から餅つき。今年もアンティグア在住の日本人の方から、納豆、ケーキ、巻き寿司、大根など差し入れをいただいた。雑煮を作って、大根をおろして、餅を食べてもらった。差し入れのおかげで良い感じになった。毎年のことだが、本当にありがたいことだ。
先生たちはほとんど雑煮には手を付けない人が多い。餅もあまり好きでない人が多い。楽しみにしているのはケーキくらいだ。今年は、餅につけるのに、蜂蜜を出したら、それをつけて食べていた。この方がおいしいと言う。まあ日本人だって砂糖醤油をつけて食べたりするんだから、一概に変ともいえないのかもしれない。
ほぼすべてなくなったが、餅が少しと、雑煮は汁だけ少し残った。これは残りの野菜などを入れて、自分で食べることにした。元々実家にいたときは、父親が仙台で、母親が大阪の出身だったので、正月1日は仙台風の雑煮で、2日は大阪風と決まっていた。母方の雑煮は白みそなので、どうもあまり得意ではなかった。今日のは基本は仙台風なんだが、まあ芋がらをはじめ、手に入らない材料が多いので、同じものとはちょっと言えない。今でもよく覚えているのは、母親が年末に雑煮に入れる野菜を刻んで冷凍していたこと。これは仙台はこの時期寒いので、切って外に置いておいたら、凍るので、こういう作り方をするんだと言っていた。
今年も皆さんのおかげで今年も無事始業できました。ありがとうございます。
今日は日中も曇っていて肌寒い。また寒波が来ると言っている。
日中の温度22度、湿度46%。夜18度、58%。


今年もよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
今日は朝から静かなもの。ここの所毎年正月の一日はサンルーカスに出かけることにしている。そこで、今日も出かけたんだが、やっぱりどこも閉まっている。まあ確か去年も閉まっていたので、薄々覚悟はしていたが、これだけ完全に閉まっているとは思わなかった。そこで、今年はグアテマラシティーまで足を延ばしてみた。
なんとここも全滅。ショッピングセンターもどこもみなお休み。ポヨ・カンペロと1,2つのレストランが開いているだけ。マクドナルドさえほとんど閉まっている。仕方がないので、久しぶりにソナ1をちょっと見学し、その後ダメもとでライライと言う中華に行ったら、幸い開いていた。ここでおせち料理代わりに飲茶を食べて帰ってきた。
それにしても、グアテマラシティーはバスさえほとんど走っていなくて、これだけシンとしたグアテマラシティーの様子が見られるのは今時そうないだろうと思う。ライライは他にないからか、かなり混んでいる。やはり中国系の客が多いようだ。
アンティグアに帰って来たのは昼の2時過ぎだが、夕方になると、地方に遊びに行っていた人や帰省していた人が帰ってくるので道が混むと言われたので、良い時間に戻ってきたと言う感じ。
今日も天気が良く日中はかなり暑い。
日中の温度26度、湿度36%。夜19度、56%。