スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



カプレーゼ

今朝は非常に良い天気。昼ご飯を食べに外出したが、今日は先日ここにも書いた、新しくできたパスタの店に行って見た。ラ・パスタ・ノストラという店。6カジェの6と7のアベニーダの間。
パスタというので、ペトラはパスタが嫌いだからダメかと思っていたが、ラザニアもあるし、ピザもあるので入ってみた。残念ながら、ラザニアはまだ作ってる途中ということで、頼めなかったが、ペトラはピザ、僕は野菜のスパゲッティーを頼んで、これまたペトラの好きなカプレーゼを頼んだ。
最初に小さく切ったパンが出てきて、なかなか良い感じなんだが、それからが遅い。飲み物もなかなか出てこない。客は我々だけなのに。出てきたパンを全部食べたころに、やっと飲み物が出てきて、更にしばらくしてカプレーゼ。まあ、待った甲斐があってカプレーゼはかなりおいしい。大降りのトマト8切ほどで多くはないが、39ケツアル(600円弱)だったら、アンティグアでは安い。しかもチーズはちゃんとモッツァレラぽい。
ところがこれを食べ終えてもまたパスタやピザがなかなか出てこない。ペトラと「他に人いないのに遅いね。」などと言って待っていたら、店長らしき人が来て、どうだと聞くので、カプレーゼは美味しかったと言ったら、「そうか、それは良かった。で、他に何を食べたんだ?」と聞く。ペトラはまじめに、まだそれだけで、ピザとパスタを待ってるところだと答えていたが、僕は横で笑いを堪えていて、返事できなかった。
スパゲッティーはちょっと茹で過ぎ。昔のグアテマラのスパゲッティーを思い出した。ピザは生地がちょっと変わっている。割と薄目で固めなんだが、発酵させていないような感じがする。
時間に余裕がある時にカプレーゼを食べに行くのがお勧め。
今日は餃子で40人。こんなに来てくれるとは思っていなかったので、焦った。こちらもずいぶん待たせてしまった。他人のことは笑えないものだ。
昼ご飯から帰るころにはかなり曇っていて、雨が降ると思ったが、結局降らなかった模様。
日中の温度29度、湿度48%。夜20度、70%。
スポンサーサイト

また喫茶店

今日も朝から市場。さすがに月末なので、混んでいる。もう給料が出た会社も多いんだろう。それにしても、行く途中、また新しい店を見た。ドニャ・ルイサという有名な喫茶店、パン屋の向かいくらいだが、以前フシオンというレストランだったところが、閉まって、その後一時、雑貨屋になっていたところが、閉まって、一体何になるのかと興味があったんだが、喫茶店になったようだ。
もうだいぶ前から中で何か工事をしているようだったので、新しい店ができるんだろうとは思っていた。それが、今日ついに看板が出ていたが、まだ開店はしていないようだ。看板を見て、名前は良くわからないが、アルティスタ・デ・カフェ(コーヒーのアーティストという意味)と書いてあったと思うので、間違いなく喫茶店だろう。
それにしても、中央公園からアタバルの傍の1アベニーダの角までの4カジェ沿いに、一体いくつの喫茶店があるのか。以前はドニャ・ルイサくらいだったが、今やニョキニョキできていて、もうなんだかわからないくらい。レストランもあるが、喫茶店の方が多いようだ。
4カジェとなると最も交通量、人通りの多い通りの一つなので、借賃だって馬鹿にならない額のはず。これだけ林立すると、やって行けるのかどうかちょっと不思議に思える。
今日も朝のうちちょっと肌寒かったが、市場に買い物に行った頃から晴れてきて、その後はかなり暑い。
日中の温度28度、湿度42%。夜21度、60%。

新しい店3軒

ここ数日の間に3軒アンティグアで新しいレストランやカフェテリアを見かけた。1つは6カジェの西側。ラ・カサ・デ・パスタと書いてあったと思う。恐らくイタリア料理系の店だろう。入ってみたかったが、ペトラがパスタをあまり好きではないので、どうも行きにくい。
もう1つは5カジェの西側。以前はお菓子屋だったところだ。コロンビーナという、お菓子のメーカーがやっている店みたいで、どうやってお菓子だけ売って商売するのかと思っていたが、やっぱりそうそう続かなかったようだ。フロール・デ・ニエベという名前で、名前からしても、かき氷とアイスコーヒーが売りの店のようだ。時々前を通るんだが、大抵アジア系の人がいるところを見ると、台湾系の店じゃないかと想像している。確か、台湾はかき氷が有名だったと思う。あまり冷たいものを食べないので、これまたちょっと入りにくい。
最後はアタバルのすぐ横の角を曲がったところにある、以前ミスタースシがあったところ。ここはすでに一部がヨガの店?になっていたが、残りの部分は先週27という名前の店になった。ラテン・ビストロと書いてある。良くわからないが、メニューが店先に置いてあったので、ちょっと見てみた。見ていたら店員さんに話しかけられてしまったので、あんまり良く覚えていないが、フリカセ(ボリビアの煮込み料理)などがあって、メインは大体10ドル前後だったように思う。まあ、ここは近いし、一度行ってみたいと思う。
今日は天気が良く、午後一瞬降るかと思ったが、結局雨は降らないまま。
昨日書き忘れていたが、今週の日曜定食はシュウマイの予定。
日中の温度29度、湿度42%。夜21度、65%。

人気店

昼ご飯をペスカドール・イタリアーノ(?っていう名前だったと思う。)というレストランに食べに行った。ここは開店してわりとすぐに行ったんだが、なんだかいまひとつピンと来なくて、その後行ったことがなかった。
しかし、開店して1年かもう少しくらいたってから、なんだか店の感じが変わって、中にいる人も違うように見える。それに、いろいろ良い評判を聞いたので、一度行って見ようと思っていた。
結構高い。アンティグアのイタリア料理店でも最も高い部類に入るんじゃないかと思う。何しろスパゲティが150ケツアル(約2250円)くらいする。ちょっとびっくり。ここでペトラはラザーニャ。僕はスパゲッティのボンゴレとピザの小。ピザは薄くて周りがカリっとして真ん中くらいはフニャッとしている、以前どこかでこういうのが今の流行りだって言われたんだが、それと似た感じ。プロシュートがたくさん乗っている。結構いける。
ラザーニャは、ちょっと好みに合わなかった。スパゲッティもまずくはないんだが、麵がかなり細め。カペリーニのようだ。僕はあまり細くない方が好きなんだが、最近アンティグアのちょっとしたイタリア料理店では大抵こういう細いスパゲティをだす。流行りなんだろうか?貝がジャリジャリしてて、かなり食べにくい。
食べてる間にもかなり客が入ってくる。結構高い店だと思うんだが、人気店なんだろうか。
今日の日曜定食はジャガイモのコロッケで33人。
今日もなんだかすっきりしない天気で、午後少し雨が降った。
日中の温度25度、湿度53%。夜19度、65%。

セニシエンタ

昨日は曇りがちの天気で、夜には少し雨も降ったんだが、今日は朝からカンカン照り。とにかく暑い。日中はついに30度を超えた。屋根に水を撒いたんだが、これはほって置いたら32度になったんじゃないかと思うほど。
それでも、午後暑い中出かけたら、公園を過ぎたところにある、セニシエンタという喫茶店、ケーキ屋がなくなっていた。ドアは開いていたんだが、中は完全に空っぽ。まあ、以前からどうやってやってるんだろうと思うくらい人を見かけない店だった。
ただ、このセニシエンタは以前はかなり有名な繁盛店だった。場所は今のところではなく、時計台の通りの公園からすぐのところにあり、ちょっとした中庭もあって、たくさんの人が入っていた。
ところが、オーナーが賃料を上げたのかなにかで、この場所を閉めて、別のところに移り、その後、3軒くらい店を開けたんだが、そのどこもなんだかガラガラで、場所が変わっただけで、ずいぶん変わるもんだと感心していた。
この公園の傍の店が閉まったので、恐らく今は4カジェの更に市場よりの店があるだけで、後は持ち帰り専門で小さな店が、確か市場の前の道にあるだけだと思う。まあ、今はケーキ屋も他にたくさんあって、いろいろ選択肢ができたと言うのも影響しているのかもしれない。
今週の日曜定食はチキン南蛮の予定。
日中の温度31度、湿度31%。夜23度、48%。

薪で焼いた

先日から市場に行って帰りに3カジェの方から出てくると、出てくる道の途中に看板が出ている。鳥を薪で焼いたものと豚のあばら肉を薪で焼いたもの、と書いてある。もちろん他にもメニューがあるんだが、ここの売りはこの2つだと思う。
この鳥を薪で焼いたものは、実は公園から近くのリンコン・ティピコというレストランの売り物。鶏モモが一つとジャガイモ、ワカモルにトルティーヤ、ジュースが付いて30ケツアル(約450円)と安いこともあり、かなり人気のあるレストランだ。
この市場の入り口にできた店はここのオーナーの女性の元恋人だか旦那だかがやっている店で、リンコン・ティピコの売り物をまねているのは明らか。だが、ここは同じメニューで25ケツアルとちゃんと5ケツアル安くしているところが、またすごい。
気になっていたので、今日は買い物の後、ここで鳥と豚をテイクアウトして、家で昼ごはんに食べた。同じようにやっているので、ほぼ味も変わらない。買ったのが昼前で、ちょっと早かったのか、朝の残りの鳥を温めなおしたような感じで、強いて違いを挙げれば、ちょっと乾き気味といった程度。それほど気になることはない。
ただ、まだ慣れてないのか、なんだか店内はバタバタしていて、結構品物を受け取るまで時間がかかった。しかし、これで25ケツアルだったら安い。豚もなかなか行ける。何しろ火をバンバン焚いているので、店内で食べるのはこの時期かなり暑そうだが、テイクアウトには悪くないだろう。
今日も天気が良く暑い一日。夜も結構暑い。
日中の温度29度、湿度35%。夜22度、50%。

強気

夜ご飯をアンティグア・デリ・アンド・ビストロというところで食べた。ここは以前、デリシオサというちょっと高めの食料品店だったんだが、オーナーが変わって、それもうまくいかなかったのか、更に別のオーナーになって、今のような店になったようだ。
今は食料品はちょっとで、ほとんどレストランになっている。前から一度行ってみたいと思っていたんだが、なかなか機会がなかった。入る前は入口付近にしか席がないのかと思っていたが、奥のほうにも席があり、かなりの人数が入れるようになっている。
メニューで面白いのは、朝食が一番にあってその次がピザ、そのあとに前菜とかスープ、サラダが来る。ピザが売りなんだろう。3人でペペロニとイタリアンソーセージのピザ、BLTサンドイッチ、マシュルームのトマトソースのスパゲッティとドイツ風ソーセージを頼んだ。これらは大体70から90ケツアル(約1000から1350円)だからかなり強気の値段設定だ。客は少ない。
ピザはかなり生地が薄い。これはこれで好きな味だ。サンドイッチも悪くない。ただ、値段を考えると、まあ当然という感じもするが。スパゲティは少ない。味はちょっと酸味がきついような気がしなくはないが、まずくはない。ちょっと残念だったのは、ソーセージ。写真ではかなり大きいんだが、実物はこちらのロンガニサ程度の物が2つ。これにザワークラウトが付いているんだが、ソーセージの味はやはりロンガニサにちょっときつい香辛料を入れた感じ。まあ全体に値段を考えるとちょっと考えてしまうかも。
今日も天気が良い一日。
日中の温度28度、湿度38%。夜20度、59%。

ホコテナンゴのショッピングセンター

今朝は少し寒いように思う。やっぱり寒波の影響かもしれない。何しろ風が結構強い。今日は日曜定食も休みなので、なんだかずっと眠いような気がする。どこかにゆっくりして良いんだと言う気持ちがあるんだろう。
昼にペトラとホコテナンゴに新しくできたショッピングセンターに行ってみた。トーレと言うスーパーが中心だが、他にもアイスクリーム屋とか靴屋、電気屋などが入っている。スーパーに行ってみたが、きれいになっている物の、値段自体は特に安いわけではない。むしろアンティグアの地元のスーパーのボデゴナの方が安いように思う。ブラブラ見ていたら、オリーブオイルの5リットル入りの大きなものが、184ケツアル(3000円弱。もちろん、エクスロラバージンではない。)と書いてある。通常の価格は204ケツアルと出ている。ボデゴナでも同じくらいの値段で売っていたが、最近大きなサイズを見かけないので買っておこうと思い、一つ抱えてレジに行ったら、なんと204ケツアルと言われた。「184ケツアルと書いてあった。」といったら、それは4つ買った時の値段だと言う。後でよく見たら、確かに、小さい字でそれらしいことが書いてある。こんなで買い物を4つも買う人なんているのかと思うが、他の商品も同じようになっている。もっと見えるように書いてもらいたいものだ。高い買い物。
一応小さなフードコートのような物はあるが、まだ入っているのはポヨ・カンペロとチニート・べロスのみ。こちらはかなりショボイ。
午後天気が良くなって、結構暖かったんだが、夜はやや寒い。
日中の温度24度、湿度48%。夜19度、58%。

新しい店

日本から帰ってきて、街を歩いていると、新しい店がいくつか開いている。逆に閉店してドアが閉まったままのところや、別の店になっているところも見かける。アタバルの傍では、4カジェのところに、行く前から喫茶店のようなバーのような店が開いていたが、その奥にホテルができたようだ。ホステルと書いてあるんだが、外からのぞくと、あんまりホテルらしくは見えない。バーの延長のように見える。
しかも、入り口には生演奏があると書いてある。ホテルで生演奏とはちょっと不思議。大きなホテルで、1階や地下で防音設備を整えてやるのはともかく、アンティグアではそう簡単にはそんなことはできない。夜に生演奏されたら、休みたい人は大変な迷惑だろうし、昼だって、海外から来た人など時差ボケや疲れで、ちょっと休みたい時があるんじゃないかと思うんだが、いったいどうなっているのか理解に苦しむ。
閉まった店で、驚いたのは、最初アタバルの傍で初めて、その頃は何回か行ったことがあるフランス人の旦那さんとグアテマラ人の奥さんがやっているクレープ屋。ペトラは行く前にテレビのローカルチャンネルで奥さんが出て宣伝しているのを見たと言っていた。アタバルの傍から中央公園の傍に移って、客が増えたように見えていたんだが、噂では借賃が値上がりして出たんだと言う。ちょっと面白い店だったので残念。また、別の場所でやれば良いのにと思う。
今日は午前中割と良い天気。午後はなんだか曇り勝ち。でも、結構暖かい。
日中の温度26度、湿度48%。夜21度、62%。

ややこしいが

昨日の晩、4カジェのボデゴナと言うスーパーの前にできた軽食屋のようなところに行って、ハンバーガーを食べた。もう半年くらい前からできているように思うが、一度コーヒーを飲んだことはあるんだが、その後行っていなかった。
ハンバーガーを頼もうと思って入って行ったんだが、パッと見たらハンバーガー・デ・ラ・カサというのがあって、それとは別にチーズバーガーがある。良くわからないのは、チーズバーガーの方が安い。チーズバーガーが30ケツアル(約450円)でデ・ラ・カサは38ケツアルくらいだったと思う。と言うことは、このデ・ラ・カサの方は、何か特別なものなんだと思って、何が入ってるのかと聞くと、別に特別っぽくない。どうしようかと思って、見まわしてみたら、別のところにハンバーガーとフレンチフライで15ケツアルと書いてある。これは混乱する。こっちは何かと聞いたら、こちらはチーズが入ってなくて、パティがずっと薄いんだそうだ。一体どんだけ薄いのか興味があったので、これを頼んでみた。出てきたのを見ると、確かに薄い。ばらばらにならないギリギリの薄さと言う感じ。
ただ、食べてみたら、ケチャップ(恐らくチリソースが混ぜてある)の味がちょっと強すぎる気がするが、意外とおいしい。肉は薄いけど、トマトやレタスもアリバイ程度にしか入っていないので、肉の味を感じる。改めてハンバーガーはバランスが大切なんだと思った。フレンチフライも冷凍の市販品を揚げただけのものだが、これで15ケツアルだったらまあありだと思う。
今日の日曜定食は豚肉の生姜焼きで28人分売れた。
朝のうち、ちょっと涼しかったんだが、昼前から天気が良くなり、暑い一日。でも、夜のニュースではユカタン半島の方からフラングリンと言う熱帯暴風雨が来ていて、明日から雨だと言う。
日中の温度30度、湿度34%。夜23度、54%。