スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



残念

先日アンティグアの3カジェと6アベニーダの角にある、カフェ・サウルと言う店に行ったと書いた。これはグアテマラシティーにあるチェーン店なんだが、いろんな形態があるらしく、サウルと言うのが共通だが、いろんな名前の店があるらしい。
このカフェ・サウルより前に、アタバルから近い、カジェ・デル・エルマノ・ペドロにサウル・ロステリアと言うのか?読み方が良くわからないが、店ができている。横にグッド・ホテルと言うのがあって、入り口は別だがここと一緒になっているらしい。
ちょっと人通りの少ない道にあるので、あまりペトラが行きたがらなくて、行ってなかったんだが、昨日の晩雨が降りそうだったので、近くにしようという事で、行ってみた。
入り口はそれほど広くなく、入ってしばらく細長い感じで外からは広く見えなかったが、奥に入ると、そこで隣のホテルとつながっていて、更に反対側には庭のような物があり、かなり広い。天井も高く、開放的で気分が良い。
料理は地中海料理という事らしいが、ズッキーニのスープとハムのクロケット、スパゲッティ・カルボナーラを食べた。ハムのクロケットは美味しい。スープとスパゲッティはちょっと首をかしげる。スープは塩気が不足しているのと、ネギをちょっと揚げたようなものが入っているんだが、よく混ぜてないので、片隅に固まっていて、他のところは味がぼけている。スパゲッティは茹で過ぎ。クリーム系のスパゲティで茹で過ぎているので、重くて全部食べられなかった。以前はグアテマラでスパゲッティを頼むと大抵思いっきり茹でてあったものだが、最近はそういう店はさすがになくなって来ていただけに、ずいぶん懐かしい感じがした。雰囲気はなかなか良い感じだし、かなりお高いん(上記の物は大体1000円以上)だから、もうちょっと頑張ってほしい。
今日の日曜定食は鶏の唐揚げで40人。こんなに来てくれるとは想像していなくて、断った人もだいぶいたようだ。本当に申し訳ない。
朝はちょっと晴れていたが、雨が降り出して、たまに降ったり、日が差したりと言う天気。
日中の温度25度、湿度52%。夜20度、72%。


スポンサーサイト

螺旋階段

夕飯を食べにタルティネス?に行った。この店は開店した当時行った人から、ものすごくまずかったと言われて、行ったことがなかったんだが、ちょっと前にラザーニャがおいしいと聞いて、一度行ったことがある。確かに、ラザーニャはなかなかおいしい。
久しぶりにペトラがラザーニャが食べたいと言うので、行ってみた。前に行った時は1階の席で食べたんだが、今回は1階の席がなかったので、2階のテラス席に行った。2階に上がったのは初めて、このテラスの席がなかなか良い。何しろカテドラルの横になるので、カテドラルの裏の遺跡部分が上から眺められる。壁の柱や梁の入っていたと思われる穴にはハトが住んでいる。カテドラルの遺跡から少し目を上げると市庁舎の明かりや、ちょっと離れた、コンパニア・デ・ヘススの照明も見える。
かなり暗めの照明で、雰囲気が良いんだが、メニューの文字が小さいので、全く読めない。スマホの懐中電灯で照らして何とか読んだ。ペトラは当然ラザーニャ。僕はフェトゥチーニを頼んだ。ラザーニャは美味しい。フェトゥチーニは鳥肉とかアボガドが入っている、ペストがベースの物だ。僕はフェトゥチーニはあまり好きではない。これはアンティグアで食べるフェトゥチーニにしては珍しく麺がくっついていない。茹で加減も良い。おかげでソースはとりわけ美味しいと言うほどではないが、かなりおいしく食べられた。
ただ、階段はかなり急な螺旋階段なので、上がる時はまだ良いが、降りるのはちょっと怖い。
今日は朝から曇っていて、昼前には少し降った。その後も降ったり止んだり。
日中の温度26度、湿度54%。夜20度、74%。

流行り

サブウエイという、サンドイッチチェーンがあるんだが、これがアンティグアにもある。以前は3カジェと6アベニーダの角にあったんだが、全然寂れていて、去年くらいに時計台の道に移った。この跡地がしばらく空いたままだったんだが、中で作業をする音が聞こえてきて、何になるのかと思っていたら、つい先日サウルというレストラン?になって開店した。
それで、今日の夜食べに行ってみた。中はソファーのような長椅子がおいてあったり、洋服がまとめてかけてあったり(もともと、このサウルというのは服屋だか仕立て屋だったと思う。)して、今はこういうのが流行りなのかもしれないが、なんだかとりとめのないつくり。
メニューを見ると、どうもレストランというより喫茶店のようだ。サンドイッチやらサラダ、軽食ばかり。ただ、値段はサンドイッチでもサラダでも大体75ケツアル(約1125円)くらいして、レストランの食事並みの値段。
僕らは輪切りにしたバゲットを焼いたものに、ハムやら卵やら野菜やらを乗せたものと、トマトスープを頼んだ。我々の夕食にはこれで十分。このバゲットは、食べにくいが、ハムも生ハムで、なかなかおいしかった。トマトスープも結構いける。ただ、これにコーヒーとガス入りミネラルウォーターで175ケツアルくらいしたのは結構高いと思う。
今日は曇りがちで、日中もあまり気温は上がらなかった。夜も雨は降らないが、結構肌寒い。
日中の温度24度、湿度60%。夜19度、70%。

しゃれた店

昼ご飯にエスツファロハというレストランに行ってみた。以前から行ってみたかったところ。アタバルのすぐ横の角を曲がってすぐのところにある。ただ、アドラというホステルの中にあるので、わかりにくい。更に営業が水曜日から土曜日らしいので、これまたなかなか行く機会がなかった。ここのオーナー・シェフが日曜日に良く食事に来てくれるので、興味があった。
ただ、アンティグアでは相当高級な部類に入る。大体メインの料理は150ケツアルから(約2250円)。サラダと僕は魚(シイラ)、ペトラは豚を選んだ。知り合いなので、今メニューに加えるか検討中という家鴨のレバーのパテを最初に出してくれた。
おいしい。結構な量があって、これだけで結構腹ができてしまう。サラダは割とちょっと。メインの魚はジャガイモを粉状にした物を付けて揚げ焼きのようにしてある。下にほうれん草、わきにトマトなどの焼いたものが付いていて、出てきたときの匂いがものすごくよかった。横についてたちょっと泡状のソース?を付けて食べるとなかなかおいしい。
ペトラの豚肉はかなりの量。ベリー類のソースが付いている。豚肉はすごく柔らかくて、不思議な食感。周りは焼き目が付いているが、焼いてもこうはならないと思うので、不思議。
ちょっと気張ってしゃれた感じの物を食べたい時にはおすすめ。
今日は天気が良く暑いが、風があって夜は涼しい。
日中の温度30度、湿度37%。夜21度、53%。


個性派

昨日の晩、またハンバーガーを食べた。トレ・フラテリに行って、パスタを食べるつもりで歩いていたら、その向かいに小さな店があるのを見て、そちらに入ってしまった。その店は一瞬床屋かと思うような作りだが、結構小綺麗にしている。
アルダとかいう名前だったと思う。誰かの名前かと思っていたが、ウクライナ語だかハンガリー語だかでようこそといったような意味だそうだ。ずいぶん変わった店名。メニューはサンドイッチ(鳥、牛、腸詰、野菜、ミックス)とタコス(サンドイッチと同じような感じ)とハンバーガー(鳥、牛)と飲み物のみ。なかなかすっきりしたメニュー。
僕は牛のハンバーガー。ペトラは鳥のハンバーガー。更に腸詰のサンドイッチを頼んだ。ハンバーガーは25ケツアル(約375円)。フライドポテトが付いてくる。変わっているのは店名だけでなく、料理もかなり個性的。まず、ポテトだが、脂っこくなくてどうやって作ってるのかとちょっと不思議。ただ、塩だけでなく恐らくオレガノだと思うが、思いっきりかかっていて、オレガノの味と香りがすごい。
ハンバーガーもチーズが乗っているが、レタス(サニーレタス)がかなり入っているし、マヨネーズベースのソースがかかっているんだが、これはタコスと兼用なんだと思うが、恐らくコリアンダーが入っている。なんといってもパンが独特。普通のパン屋で売っているハンバーガー用のパンではない。ちょっとポソポソしていて僕は好みでないが、ペトラはおいしいという。あまり不思議だったので、聞いてみたら、近くのパン屋で特注しているという。なかなか凝ったことをするものだ。玉ねぎやトマトなどは感じられない。これらの総合的な効果で全体的な味は、まずい訳ではないが、我々がハンバーガーと言った時に思う味とはかなり違っている。どれもやや塩味が弱い。3品と炭酸水を頼んで81ケツアル。ちょっと変わったハンバーガーを食べたい時に行ってみると良いかもしれない。
日中の温度30度、湿度44%。夜22度、64%。

高い

一昨日の晩、アンティグアでもおそらく最も安い部類に入るスーパーのハンバーガーを食べた。それで、昨日の昼、今度は高い方のハンバーガーを食べに行った。以前割と良く行っていて、すごくおいしいと思っていたエピクレのハンバーガー。ただ、もう何年も行っていないように思う。
行ってみると、以前から働いている人たちがちゃんといる。恐らく良い待遇なんだろう。以前ハンバーガーを頼むと大体いつも作ってくれていた料理人の人もいた。ちょっと安心。ところがメニューを見てびっくり。なんとベーコン入りのチーズバーガーが95ケツアル(約1425円)。チップが10%はとられるので、100ケツアルを超えている。まあ、フライドポテトかサラダが付くし、ハンバーガーもでかい。以前は60ケツアルくらいだったと思う。なんという値上がりの仕方か。作るのを見ていたら、以前の人とは違う人が作っていたので、ちょっと嫌な予感。以前、別の人が作るとなんだか物足りなかった。
食べてみてガッカリ。以前はバターの香りと肉の味がしっかりしたと思うんだが、今日のはなんだかかなり酸味の強いソースが結構いっぱいかかっていて、他の味が全然しない。肉は結構な量があるんだが、酸っぱいばっかり。ピクルスが別についている。以前は中に入っていて、アクセントになっていたように思う。ピクルスそのものは結構おいしかったし、サラダも申し訳ではなく、ちゃんとした量。この酸っぱいソースは結構濃度が低く、しかも結構いっぱいかかっているようで、食べる時にポタポタ落ちて食べにくい。(美味しいハンバーガーは食べにくいものが多いような気がするが)これだったらスーパーの方が良いと思った。
今日は天気が良くかなり暑い。
日中の温度29度、湿度26%。夜21度、45%。


スーパーの味

昨日のスーパーのハンバーガーだが、味の方は、まあまあ。値段を考えるとかなり美味しいと言えると思う。もちろん、肉(パティ)は薄い。その上、結構ケチャップやらがかかっていたので、肉の味を感じたかというと、かなり疑問。その分、肉の入ってないところでも、同じような感じで食べられる。
何より気に入ったのは、ホットドックも売っているので、それと兼用なんだと思うが、鉄板の上で炒めておいた玉ねぎを入れてくれるところ。これが入っていると何とも美味しく感じる。正直言えば、これとケチャップと目玉焼きの味しか感じなかったような気がするくらい。普通のハンバーガーを食べたらどんなものかと思わなくもない。ケチャップを少なめにと頼んだら、また違いそう。
恐らく、出来立てをその場で食べたらもっとおいしかったんじゃないかと思う。まあ、これに関しては、そう言うシステムなので、しょうがない。とにかく、いつもスーパーに行くと見るわけだが、食事時などにはかなり混んでいるのが納得できる。
なんと言っても、安くて結構大きいので、ちょっとのお金で結構腹にたまる。昨日は、これだけで夕飯は十分だった。まあ、以前だったら物足りなかったのかもしれないが。
今日は四旬節の第3日曜日なので、昼間ちょっと外出したが、もう結構人が多い。ホコテナンゴの方は、もっとすごかったんだろう。
日曜定食はシュウマイで33人。
今日は天気が良く暑い。
日中の温度30度、湿度20%。夜21度、46%。

スーパーのハンバーガー

今日スーパーのボデゴナの入り口で売っているハンバーガーを買ってきて食べた。このハンバーガーは、安くてそれなりにおいしいという評判があるようだ。僕も、ボデゴナが入り口でハンバーガーを売り始めたころに2回くらい食べた記憶がある。ところが、その後、なんだか食べる機会がなくて、もうどんな味だったか記憶にない。
問題は、持ち帰り専門で、そこで食べるところがないこと。アタバルはアンティグアの東側にあり、ボデゴナは西側。さっさと歩いても10分はかかる。これが、なんだか当座飼っている原因だと思う。
今日は気合を入れて買ってから大急ぎで帰ってきて食べた。まあ、大急ぎと言っても、今日は土曜日で通り道の4カジェはかなり人が多く、歩きにくかった。普通のハンバーガーが15ケツアル弱(200円強)だが、僕が買ったのはトリートという目玉焼き入りの物。18ケツアル弱。これはアンティグアで買えるハンバーガーとしては、最安の部類じゃないだろうか?さすがにスーパー直営だけのことはある。パンもハンバーガーとしては大きいものを使っているので、量もある。
ビニール袋に入れてもらって持って帰るんだが、やっぱり帰り着いた時にはパンがかなりしっとりしてるし、ある程度押されているので、パンというより中華まんのような食感になってしまっている。
今日は久しぶりに天気が良く暑い。
日中の温度29度、湿度26%。夜20度、49%。
[続きを読む]

エビ

今日の昼エル・プエルト(だったと思う)という去年の12月にオープンしたレストランに行ってみた。この前はピンチェとかいう、バーとタコス屋のような店だった。そこそこ流行っているように見えたんだが、そうでもなかったのか、割とすぐに閉店してしまった。その後に、この店ができた。名前の通り、エビやら海産物を中心としたメニュー。アンティグアには意外にこういう店が少ないように思う。
3人で行って、エビのセビッチェとエビのアヒージョ、魚のアヒージョとフリホーレスをを頼んだ。セビッチェは中と大があり、中を頼んだんだが、確か40ケツアル(約600円)。大は70ケツアルだったように思う。他の人が頼んでいるのを見たら確かに倍くらいある。エビは半ポンドが80ケツアルで、1ポンドが150ケツアル。そこそこ大きいエビなので、半ポンドで4から6匹くらい。魚はメロというハタの種類。これは確か55ケツアルだったと思う。まあまあ良い値付けだと思う。
セビッチェはトマトが多いようにも思うが、結構おいしい。エビはアヒージョというイメージとはちょっと違い、ニンニクオイルをつけて焼いたような感じ。魚も同じような感じ。エビは味は悪くないが、ちょっと火が通り過ぎていて固い。魚はさっぱりしていて、なかなかおいしいが、ちょっと物足りない感じ。
店に入った時には8人くらいのグループ一組だけだったが、帰る時には結構いっぱいになっていた。ただ、まだ慣れていないのか、なんだか手際が悪く、ちょっと時間がかかる。今日の日曜定食はチキン南蛮で30人。
日中の温度29度、湿度32%。夜20度、49%。

パイナップル入りハンバーガー

今日の夜はまたア・マノというところにハンバーガーを食べに行った。ここは、もうだいぶ前から時々行っている。ここのハンバーガーは結構好きだ。以前はフレンド・サンドイッチのハンバーガーの方がおいしいと思っていたんだが、パティを変えてから、だいぶ好みの度合いが下がってしまったので、今はア・マノの方が好み。
アンティグアでは、値段を考えなければ、エピクレのハンバーガーとサン・マルティンの名前は忘れちゃったが、マッシュルームの入ったハンバーガー(ここは他のを食べたこともあるが、あまりピンとこなかった。)と、このア・マノのハンバーガーが好み。
もちろん、ハンバーガーなんて大抵のレストランで出しているので、もっとおいしいところがないわけではないだろうが、今のところ僕の中ではこの3つ。ただ、他の2つの店は、ハンバーガーにしては、かなり良い値段がするので、値段と質を考えたら、ここが一番。他にもおいしいところがあったら教えてほしい。
今日も普通のハンバーガーを頼むつもりだったが、お兄ちゃんが、最初カレーバーガーと聞こえたので、多分キャリーバーガーと言ったんだと思うが、そういうのがあるというので、それを食べてみた。なんと焼いたパイナップルが入ってるんだが、これも意外に肉の味を邪魔せずにおいしかった。ロサンゼルス育ちのお兄ちゃんが作ってくれたんだが、なかなかやると思った。
今日も天気が良く暑い。
日中の温度28度、湿度42%。夜20度、54%。