スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



ラ・フエンテ4

ププサ屋が多いと書いたが、ラ・フエンテの中にもププサ屋がある。ごく小さな店だが、エルサルバドルのおばさんがラ・フエンテの中に入ってすぐ右側に小さなカウンターがあって、その中でやっている。これもまた試してみた。
値段はもうみんなで談合してるんじゃないかというくらいどこも変わらない。1個10ケツアルから15ケツアルだと思う。きれいに作ってある。ここは先日書いたような変わり種のププサはない。実にチーズ、チチャロン、ロロコなどがそれぞれ、または組み合わせで入っている。
チーズとチチャロン、チーズとロロコの組み合わせで頼んだ。付け合わせのキャベツは、もう既に乗っている。トマトソースもかかっている。僕はキャベツが好きなので、どうしても自分で好きに乗せられると、良い感じに思える。キャベツ位そんなに高い物じゃないし、グアテマラの人は、それほど乗せたりしないみたいなので(ペトラなんか全然取らない)、自分で好きに乗せるようにするサービスは悪くないと思うんだが。
きれいに作ってある分、やはりチーズなどは控えめ。はみ出してくるほどの物がやはり僕としては美味しいと思うんだが。まあ、テナント代の高いアンティグアでそんなことやってたら、閉店しちゃうんだろう。一般的なププサとしては全く悪くない。
昨日確か寒波が来るようなことをニュースで言っていたんだが、今日は天気も良くそれほど寒くならない。夜もそれほど寒くない。
日中の温度26度、湿度52%。夜19度、56%。

スポンサーサイト




ラ・フエンテ3

まだラ・フエンテの中の店の話。ペトラの横に小さいワッフルとハンバーガーの店がある。まあハンバーガー好きなので、ここもまた試してみた。小さい店だからか、ハンバーガーの店と言っている割には、選択肢が少なく、注文したのは、ベーコンが入ったもの。
前にも書いたが、ベーコンが入っている時点で、ちょっと躊躇してしまう。ただ、今お気に入りのベンズでは、ベーコンがちょっとだけで、アクセントになって、他の味の邪魔をしていないので、気に入っている。
そういう事もあり、このベーコン入りの物を注文したんだが、そう安くなかったと思う。(値段は忘れてしまったが、700円くらいしたように思う。)ただ、こちらはやはりベーコンの味ばっかりして、僕には向かない。これだったらやっぱりBLTの方が良いように思う。肉の意味が分からない。ちょっと残念。
ただ、ハンバーガーで良い値段を取ろうとすると、こういう方向に走らないといけないと言うのは理解できる。単純な肉とレタス、トマト、玉ねぎくらいだったら、あまり高くはしにくいんだろうし、そもそも他にそんなものを出す店はいっぱいあって、差別化できないんだろう。本当はそれだって、ソースと肉と野菜が良い具合に調和している店は、グアテマラに限らず、そう多くなくて(あくまでも僕の好みからの感想だが)、これは美味しいと言うハンバーガーに出会うのは、意外と難しいものだ。
今日は朝起きた時は少し寒かったが、その後暖かくなり、夜もここ数日に比べると寒くない。
日中の温度26度、湿度45%。夜19度、65%。

ラ・フエンテ2

昨日書いたペトラと同じラ・フエンテの中に27&アデントロとかいう名前のレストランがある。この店は以前アタバルのすぐそばにあったので、一度行って見ようと思いながら、あまり客が入っている様子はなく、中が良く見えないこともあり、ちょっと入りにくくて躊躇しているうちに、閉まっていた。
すぐそばだったので、良く前を通って、オーナーらしい人を見かけて、一応挨拶くらいはするようになっていた。それが、ラ・フエンテの中に移っているのを見て、こちらにも行って見た。
どうやらオーナー夫婦の奥さんの方がコロンビアの人らしい。コロンビア料理っぽい物がメニューにある。なかなかしゃれていて、注文すると突き出しのような感じで、芽キャベツを焼いたものに、トマトベースのソースをかけたものが出てくるんだが、これがなかなか行ける。
オーナー夫婦の愛想がいいので、ペトラが気に入って2,3回行って、色々食べてみたんだが、どれも、ちゃんと作ってある風で、それなりに美味しい。ただ、それほど安いわけではないし(大体メインの料理の値段は1000円を超えてるように思った)、一番記憶に残っているのは突き出しの芽キャベツで、ぜひここの店でこれを食べたいと思わせる物がないのが残念。
アンティグアからも見えるアカテナンゴという火山の頂上付近が凍って白くなっている。いる。アタバルからも見えて、ちょっときれいだが、その分今日は肌寒い。
今週の日曜定食はお休みさせていただきます。
日中の温度26度、湿度43%。夜18度、59%。


ペトラ

ペトラというのは、スペイン語圏ではちょっと変わった名前。ただ、ペトラ遺跡というのがあるように、世界的にみると、そう変わった名前ではないのかもしれない。
アンティグアにもペトラというレストランがある。アラブ料理のレストランだ。以前は4カジェのドニャ・ルイサの向かいくらいにあったんだが、今はその反対側のラ・フエンテの中に移動している。
ここも最近比較的良く行く店。フムスがおいしい。フムスはガルバンソをすり潰したものだが、ゴマなども入っていて、なかなかおいしい。ここのフムスは何も入っていないシンプルなものが30ケツアル(約450円)くらいで、そんなに量がないので、ちょっと軽く食べるのには適している。先日マッシュルーム入りのを食べたら、こちらはもっとおいしかった。
他にもナスをつぶしてペースト状にしたものなどもあり、これはこれでなかなか行ける。肉の入ったものは、そんなに安くないが、夕飯は軽く済ませることにしているので、ここは夕飯に良く行く店。
今日はまた朝から曇りがちで、なんだか肌寒い。ここ数日と同じで、日中は日が照って来て、暖かくなったが、それでも風がだいぶあり、その風が結構冷たい。外出するときに、何を着ていくかちょっと考える感じ。夕方になって、また冷えてきた。なんだか遠くで雷の音がするが、ここ数日アンティグアでは雨が降っていないが、他の所では結構降ったりしているらしい。
日中の温度25度、湿度44%。夜18度、51%。

残念

昨日ププサ屋の事を書いたが、もうなくなってしまったが、スーパーの向かいにあったププサ屋が、今のところ、アンティグアで食べたププサでは一番のように思う。もちろん、逃がした魚は大きいというのと同じで、なくなってしまった店が良かったというのは、あまり意味がないと思うが、あれだけチーズなどの中身が惜しみなく入っているププサはその後食べていない。
もう一つフエンテという、以前はいろいろな店が集合したところだったんだが、最近はレストランがほとんどになって、フードコートのようになっているところにできているププサ屋にも行った。ここの物も美味しいのは美味しい。
少なくとも、付け合わせのキャベツなどは、こちらの方が美味しいと言って良いと思う。ただ、肝心のププサが溶けたチーズで、食べにくいほどの事はない。ちゃんとトルティーヤの形を残していて、その中に大人しくチーズが入っている感じだ。
もちろん、好みの問題があるので、何とも言えないが、僕はチーズが好きなので、いっぱい入っている方がやはりおいしく感じるのは仕方がないだろう。あの店がなくなってしまったのは実に残念。
去年の暮れだったと思うが、日曜定食は毎月第3日曜日に休みにすると書いたが、やはり、第3日曜日はわかりにくいので、毎月最終日曜日は休みということにした。それで、今週の日曜日は豚肉の生姜焼きの予定。
今日も天気は悪くないが、肌寒い。
日中の温度25度、湿度48%。夜19度、52%。

儚いププサ屋

去年の10月頃にペトラとスーパーに行ったときに、5カジェ側の向かいにププサ屋ができていることに気が付いた。試しに入ってみると、エルサルバドル人の夫婦がやっている店で、数か月前にできたらしい。ププサはエルサルバドルの料理なんだが、ププサだけでなく、昼の定食のようなものも出しているようだ。
ププサはさすがにおいしい。アンティグアでも、最近ププサを出す店が増えて、エルサルバドルの人がやっている店も結構あるんだが、それらと比べても、かなり行けていると思う。値段もププサ1個が10ケツアルから15ケツアル(約150円から225円)で、アンティグアでは平均的なププサの値段。
その後、2回くらいププサを食べに行った。チーズやロロコ(蔓性の植物の蕾)やチチャロンが入っているのを頼むんだが、中身もケチ臭くなく入っていて、チーズの物など、溶けたチーズがいっぱいでトロトロして、持ち上げると崩れて来て食べにくいほど。
欠点は付け合わせのキャベツがオレガノが入り過ぎていて、ちょっと苦みを感じる点くらいか。僕はキャベツ好きなので、キャベツをいっぱい乗っけて食べるのが好きなんだが、これだと、いっぱい乗っけるとオレガノの味が強くなりすぎて食べにくい。
ところが、先月スーパーに行く時に見たらなんと閉まっている。その翌週くらいには、もう雑貨屋になってしまっていた。何とも儚いものだ。残念。
今日も天気は良いが、肌寒い。
日中の温度24度、湿度44%。夜18度、57%。

最近のお気に入り

2ヶ月くらい前にアタバルのそばにできた店で、ベンズ・バーガーというのがある。唯一チキン・ラップがある以外は、ハンバーガーだけの小さな店なんだが、これが最近のお気に入り。
最初は肉のパティとトマト、玉ねぎ、レタスのシンプルなハンバーガーと飲み物(大抵はハイビスカスティー)とイモフライのコンボ1が20ケツアル(約300円)だった。フライのイモだけは、市販の物を使っているが、それ以外はソースもパティもパンも自家製。
このソースが、肉の邪魔をしない味で、おいしい。当初の一番高いコンボ3のスペシャルバーガーは1にチーズ、ベーコン、マッシュルームが入って30ケツアルだった。これは、ベーコンも少しなので、アクセント程度で他の物の味を邪魔しないし、チーズも味の濃いものではないので、気にならない。僕はこれが大変気に入っている。
ただ、先週から更にパティ2枚入りの物とそれとは別にスーパースペシャルだったと思うが、パティが2枚になり、コンボ3に更に目玉焼きが入ったものができ。チキンバーガーもできて、メニューが倍くらいになった。値段もそれぞれ5ケツアルずつ値上がり。まあ、いくら小さな店と言っても、20ケツアルでは大変なんだろう。
こぎれいで、安くておいしいので、かなり流行っている。週末の夜など、座るところがないので、テイクアウトして、家で食べたことも何回かある。近いのでそういう点は問題ない。なかなか良い店なので、頑張ってもらいたい。
今日も天気は良いが、風が強く肌寒い。
今週の日曜定食はチンジャオロースの予定。
日中の温度24度、湿度44%。夜18度、56%。

マッシュルーム入りのハンバーガー

昨日書いたようになんだか次々と、僕好みのハンバーガーを出す店がなくなっていくんだが、一体どういうことなのかと思う。僕の好みが変だからはやらないのかとも考えたりした。
もちろん、ハンバーガーを出す店なんて、アンティグアには山とあるので、他にもどっかおいしいところがあるに違いないと思う。それで、割とハンバーガーのある店に入ったら、大抵食べていると思うんだが、当然まだまだ食べていないところはいっぱいある。
今のところ好みの店としてはサン・マルティンのマッシュルームが入ったハンバーガーが好きだ。サン・マルティンは、雰囲気は良いんだが、食べ物自体は、割と普通。ヘンなまずい物はないが、これはすごくおいしいというものではないように思う。まあ、チェーン店なので、そういう一般的な外さないものにしているんだろうが、メニュー自体も普通だし、味も普通。このため、ここで季節のメニューに興味があるものがなければ、スパゲッティかこのマッシュルーム入りのハンバーガーを食べることにしている。
スパゲッティは麺類(ペトラが麺類があまり好きではないので、家ではあまり食べない)が食べたいときに頼むので、外してもそれほど気にならない。マッシュルーム入りハンバーガーはチーズが入っているんだが、味がニュートラルなチーズなので、気にならないし、マッシュルームも、それほど邪魔をするものではなく、マッシュルームが汁気を含むので、ジューシーな感じになっておいしい。
今日は起きた時はそうでもなかったんだが、あまり日が照ってこなくて風があるので、午前中はかなり寒かった。昼からもあまり暖かくならない。寒波が来るらしい。
日中の温度22度、湿度54%。夜18度、56%。

場所は気に入った

今日の昼ご飯はブルーと言うところに行って食べた。ここは先月初めに開店した、新しい店。ちょうどオープニングの時に、知り合いに行ってみろと言われたんだが、その時は、ちょっと別のところに行って、今度行こうと思っていたところ。
ブルーと言うのは、場所の名前で、中にはバー、地ビールの店、ワインの店などがあり、食事を出すのはアペティトと言う名前。敷地の中にはプールとジャクジーがあり、これは別に80ケツアル(約1200円)払えば利用できると言う。
広々として、実に気分が良い。以前はセレーノと言う結構高級なレストランだったんだが、そこにかなりお金を使って改装した感じ。以前もあったテラス席もある。システムがわからずウロウロしていたら、知り合いのウエーターの人がいて、いろいろ説明してくれて助かった。
メニューがなかなか凝っている。サーモンやらマグロを使ったものが多い。こういうのがアンティグアでは最近流行っている感じ。ただ、ペトラが食べるようなものがあまりなく、ピザ(普通サイズで、90ケツアルくらいだったと思う)を注文。僕はアルゼンチンのチョリソが入ったスパゲッティ(79ケツアル)。
ビックリしたのはスパゲッティが丼のような深い皿に入って出てきたこと。実に食べにくい。しかもソースが底に溜ってバランスが悪い。ピザは生地がなんだか固い。焼いてパリッとしているんではなく、生地そのものが固い感じ。顎が疲れた。最近の流行を追うのは結構だが、基本的なところにもうちょっと気を配ってもらいたいと思った。
今日の日曜定食はジャガイモのコロッケで31人。
割と天気が良い一日で午後から降りそうで降らなかったんだが、夜10時を過ぎて降ってきた。
日中の温度28度、湿度55%。夜19度、75%。


ププサ

今日は夕飯にププサを食べた。ププサはグアテマラのお隣の国エルサルバドルの代表的な料理。とはいえ、グアテマラでも結構エルサルバドルの人がいて、ププサを食べさせる店は、アンティグアにもいくつかある。
今日はボデゴナというスーパーの5カジェ側の入り口の向かいにある、比較的新しくできた店。確か先月15日の時に入ってみようと思い行ったんだが、残念ながら閉まっていた。ププサだけでなく、カルネ・ギサーダ(牛肉の煮込み)と言った普通の料理も出すようだ。今日は幸い開いていたんだが、入ってみると、ププサしかもうないと言われてしまった。正直言って今日は僕はププサの気分ではなく、ハンバーガーだったんだが、もうないと言われては仕方がない。
ペトラはフリホーレスとチチャロンのププサとロロコのププサ。僕はチチャロンとチーズのププサとやはりロロコのププサ。大体1個10ケツアルから13ケツアル(約150円~195円)くらいのようだ。
あまり気乗りしないで食べたんだが、なんとかなり美味しかった。今までププサと言うと、なんとなくくどいと言うか、キャベツの酢漬けのような物をたくさん乗せて食べていたんだが、今日の物は、そのまま食べても美味しい。チーズがたくさん入っているせいかもしれない。アンティグアでププサを食べるんだったら、ここが良いと思う。
今日は比較的天気が良かったんだが、夜になって雨。
日中の温度28度、湿度70%。夜18度、75%。