スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



聖金曜日

聖金曜日の今日はセマナ・サンタの期間中でも最も人出が多く、盛り上がる日だ。ただ、盛り上がると言っても要するにキリストが十字架にかかったのを記念する行事なので、普通のお祭りのように明るく騒ぐと言うイメージとは違う。町中に葬送行進曲が鳴り響くお祭りって言うのも珍しいかもしれない。
今日も天気はそんなに悪くなかったが、晴れたり曇ったりで、暑くはならなかった。やはりそのせいか人では例年に比べわずかに少ないような気もする。
聖金曜日は朝3時のメルセー教会から出発する、ローマ兵がキリストの処刑の宣告を告げて回る行事から始まり、朝6時に最初のメルセー教会のプロセッシオンが出発。これはカルバリオ(ゴルゴタの丘)に向かうキリストの様子を再現している。これには町のあちこちで手の込んだ花やおが屑に色をつけたもので絨毯を作るので、我々も朝食の後、見て回った。
その後夕方にキリストが十字架にかかる場面を再現する催しがエスクエラ・デ・クリストとカテドラルであり、その後サン・フェリーペとエスクエラ・デ・クリストからプロセッシオンが出る。これは棺(ガラスで出来てる)には言ったキリスト像が乗っていて、担ぐ人もそれ以前のプロセッシオンは紫の服を着ているが、亡くなった後のこの2つのプロセッシオンでは黒い服を着ている。
アタバルの前はまず5時過ぎにエスクエラ・デ・キリストが通った。女性はマリア像を担ぐのだが、これも皆黒い喪服を着て担ぐのが慣わし。最後にサンフェリーぺが通ったのは夜中1時を回っていた。今年の話題はこのサンフェリーぺのプロセッシオンが100人担ぎになったことだ。アンティグアは道が細いところがあるので80人担ぎの長さが限度で、これ以上になると曲がれないところが出る、と言われていたのだが、ルートを検討して道が細いところを避けついに100人担ぎにしたらしい。まあそれだけ人気があって担ぎたい人が多いからだろう。5000人を超える人がお金を払い担ぎに集まるのだからすごい。
これが終わり、ひとまずセマナ・サンタも山場を越えた。
日中の温度22度、湿度42%。夜18度、59%。夜は18度以上に寒く感じた。
スポンサーサイト