スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



自作窯

先週からちょっとしたきっかけでダニエルに頼んで作っていた、ポータブルのパン焼き窯を今日初めて試運転してみた。カルロタに頼んで、隣のカルロタの実家のパン屋さんから小さなパン生地を貰いそれを伸ばして上にソースとチーズを乗せて超ミニピザを焼いてみた。実験用で小さいものを作ったので、そんな大きな物は入らないし、その少しのためにイーストを買って生地を発酵させたりするのは面倒だったので、パン屋さんから分けてもらった。
この窯はキョウタさんのアドバイスが元になっているんだが、市場で買った土器(陶器?)の鍋を逆さまにしてコマルというトルティーヤを焼く時に使う平べったく丸い土器に乗せて石膏でくっつけたもの。鍋はピザを入れる隙間を切り取ってあり、コマルは真ん中に丸く穴を開けた。材料費は40ケツアル(約5ドル)程度。見た目は小さな教会の鐘のよう。
これを10時の休み時間の前に暖め始めて、休み時間になった所でカルロタが生地を取ってきてくれて、それを延ばし、ソースとチーズと冷蔵庫に残っていたマッシュルームを乗せ鉄板を丸く切ったものの上に乗っけて入れてみた。約2分で出してみたら、少し焼き足りないように思ったのでもう一度入れて、約1分ほどしてまた出した所、生地の下も良い感じで焼けていて、上のチーズも溶けてちょっと端が茶色くなりかけているくらいで思ったよりずっと上手くいった。大成功と言えるだろう。
今日は天気が良く日中も結構暖かかった。
日中の温度26度、湿度49%。夜18度、60%。
スポンサーサイト