スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大丈夫か

先日書いた、銅線から光ファイバーへの変更の件だが、全然連絡が来ない。2,3日で連絡して、日を決めて、技術者が来て変更の工事をするということだったんだが、いつ来るんだろう。
まあ、契約するときは調子が良いのに、契約してしまったら、あとは結構ほっておかれると言うのは、どこでもある事だし、今までも嫌というほど経験している。とはいえ、あんまり慣れるものではない。
銅線から光ファイバーに変わっても、回線の速度は特に変わらないようだし、変わるのはケーブルテレビのチャンネル数が倍くらいになるということと、ハイビジョンと言うのかHDチャンネルが加わるくらい。
まあ、チャンネル数も多いに越したことはないかもしれないが、今だってたくさんあって、その中で主に見るのはほんの片手くらいのチャンネル。増えたからと言って、自分にとってはそんなに変わらない気がする。HDと言われても、そんなに詳細に見えなくたって、特に困らない。セールスマンの説明では、他社への電話料金が安くなると言うので、本当だったら、これはちょっと魅力か。
そういう訳で、特にこちらから電話して早くしろと催促するのも面倒くさい。それで、僕はほっといて置くつもりだったんだが、ペトラが電話しろと言うので、今日の夕方にしてみた。なんだか技術的な問題で遅くなっているらしいが、明日電話して工事の日を決めるという。大丈夫か。
今日も朝と夜は肌寒いが、日中は暑かった。
日中の温度28度、湿度30%。夜20度、58%。

スポンサーサイト

敬虔な人は

四旬節の間は敬虔なカソリック教徒は、肉も食べないし、お祝い事もしないと言うのが昔の決まりだったようだ。そういう意味では、今やそういう敬虔なカソリック教徒というのは絶滅してしまったのかもしれない。
肉を食べてるかどうかは、他人の家庭の食卓を見ることなどないので、良くわからないが、お祝い事はあっちこっちでしているのがわかる。何しろ、アンティグアはグアテマラシティーからほど近い観光地で、近年は首都から遊びに来る人なども多い。ホテルや宴会場などもいくつもあり、そういったところで、アンティグア以外に住んでいる人たちがわざわざ結婚式などを挙げることも多い。
何しろプロセシオンが通っている時でさえ、お祝いの花火の音が聞こえたりする。さすがにこんなことは最近までなかったように思うんだが。先日の日曜日も、隣の家でパーティーをやっていた。隣の家は、神父さんも出しているような敬虔な家だと思っていたんだが、それも時代で変わっていくんだろう。
先日グアテマラの大司教が亡くなった。テレビのニュースで葬式に集まった人たちにインタビューをしていたんだが、一人のおばさんに「大司教が亡くなったことについてどう思いますか?」と聞いたら、「私には関係ないわ。この向かいで働いているから、道を渡ろうと思って待っているだけ。」と答えていた。まあこういう人が増えてるってことだろう。
今日も午前中はかなり天気が良かったが、昼過ぎ一瞬曇った。そのせいか気温はそれほど上がらなかった。
日中の温度26度、湿度30%。夜19度、57%。

国外から来た人のドルの両替について

銀行でドルを受け取ってもらえないという話を書いていたら、観光客はどうしているのかと聞かれた。最近の観光客はドル現金を持ってくる人は少ない。ほとんどがクレジットカードなどでキャッシングをするようだ。
もちろん、そういうのは好きでないという人がいて、ドル現金を持ってくる人はいる。ちょっと面倒だとは思う。ただ、できないわけではないようだ。今回聞いて回った銀行でも、観光客だったら換えるというところがあった。僕も観光客のふりをして換えるという事も考えたが、パスポートを出さないといけないようなので、これは難しそうだ。
ただ、その時もできれば50ドル、もしくは100ドルの紙幣の方が良さそう。いくつかの銀行で20ドル以下は受け取らないと言われた。他にも変えてくれる銀行は多少ある。ただ、そういうところは在住者は口座を持っていなくてはだめで、換金した場合、その分その月のドルの預金可能額から引かれるというようになっている。ただでさえ1月の預金可能額は500ドルとか制限されているので、換金したら預金はできないという事だろう。
唯一全く制限がないという銀行と、時計台の通りにある両替所は、かなりレートが低いので、ちょっと使うのは、考えてしまう。まあ、以前に比べると、旅行の際の所持金の形態はかなり変わってきていると言ことなんだろう。
昨日の晩からちょっと肌寒かった。今朝もそのままの感じで、ヒンヤリしていたんだが、天気が良く日中は暑くなった。
日中の温度26度、湿度48%。夜20度、62%。 


見かけによらない

今日トゥクトゥクに乗った。もう四旬節の第2日曜日なので、そこそこ人も多く、こういう日はトゥクトゥクも普段は10ケツアル(約150円)のところ、15だと良い方で、20ケツアルなどと言う。それでも、目的のところまで行ければ良い方で、プロセシオンなどにさえぎられてしまうと、ここで降りてくれって言われることも多い。
トゥクトゥクの運転手と言うと、正直言って、それほど評判の良いイメージはない。まあ、通常10ケツアルなのに、何かあるとすぐ15ケツアル、20ケツアルと高い料金を請求されるし、結構ぶっきらぼうな人も多い。
今日乗った運転手も、見た目はそこら辺のちょっとぐれたような兄ちゃんといった感じで、乗るときにこれはぼられるかなと思ったくらいだ。このトゥクトゥクに乗って走っていたら、角のところで車が来ているわけではないのに、突然止まった。
何事かと思っていたら、「ゆっくり渡れよ。」と角のところにいる自転車を押してフラフラしているおじいさんに声をかけている。おじいさんはそれでも足元がおぼつかず、なかなか渡れない。そうしたら今度は兄ちゃんはトゥクトゥクから降りて、おじいさんを助けて渡らせてあげて、それから、トゥクトゥクに戻ってきて再び発進した。
これはちょっとした驚き。人を見かけで判断してはいけないのはわかっているつもりだが、改めて教えられたような気がした。まあ、降りるときにはしっかり20ケツアルと言っていたが、あれを見たら、それでもぼられたという感じはしないもんだ。
今日の日曜定食は魚のネギソースで27人。
朝のうちはまあまあだったが、午後は曇ってきたりして、なんだかすっきりしない天気。日中の温度26度、湿度43%。夜20度、59%。


電話会社

ここの所銀行の話を書いていたが、そんなことで、銀行回りなどをしていたら、今度は電話会社から電話がかかってきた。最初は不在だったので、なんだか良くわからなかったんだが、翌日朝早めに電話がかかってきたので、話を聞いてみた。
今度、電話の回線を今までの銅線から光ファイバーに変えることになったんだそうだ。それで、現在プロモーションをしていて、今まで2つの回線でケーブルテレビとインターネット、電話を別々に契約していたのが、1つの回線にまとめたら値段も安くなり、インターネットの速度は同じままで、ケーブルテレビのチャンネルが倍くらいに増えて、お得だということだった。今だったらケーブル敷設代はとらないし、なんだかおまけもついてくるということだ。
まあ、値段が上がらないんだったらちょっと興味があると思って、来てもらって、話を聞いた。なんだか良くはわからないんだが、値段はもしかしたらちょっと安くなるかなという程度。なんでも、同じ電話会社への電話代は今までも無料だったし、これからも無料なんだが、別の会社への電話代も半額くらいになるんだと言う。それが本当だったら、ちょっと安くなるかもしれない。
ただ、ちょっと迷ったのは、今までの電話番号は使えなくなるということ。光ファイバーの電話番号は違うように設定されているので、どうしても変えないといけないと言う。今までの番号を残したまま、新しい番号を取るではだめなのかと聞いたら、基本的にダメで、もし無理にやっても、別に料金が発生すると言われてしまった。まだ新しい電話番号はわからないんだが、2週間程度移行期間をくれると言うので、契約してしまった。
今日はなんだか曇ってて雨でも降りそう。ちょっと寒い。
日中の温度25度、湿度54%。夜19度、58%。


どこの銀行も

昨日銀行に行っていくつか口座を開いてきた。まあ、これで何とかなるんじゃないかと思うんだが、どうもすぐには使えないみたいだ。もちろん、銀行に行っていろいろな手続きをすれば、それなりに入金も出金もできるらしいが、かなり面倒臭い上に、いろいろ損をする。
ネットバンキングの手続きもしているんだが、やはり、これで色々やった方が、向こうも店頭での事務手続きが省けるからか、なんだかんだ有利になる様になっている。確かに、まだまだ銀行など慣れてない人が多いからか、素人でもわかるようなとんだ勘違いでクレームをつけている人を良く見かける。
これだから銀行の人も大変だろう。ただ、もうちょっと親切にしてくれてもいいんじゃないかと思う時もある。新しく開いた口座を、今までのネットバンキングの中に表示するようにしたいんだが、このやり方がどうにもわからない。昨日聞いたところでは画面の諸手続きのところに入って、それに従っていけばできると言われたんだが、全然わからない。キーワードとか出てきて、そんなのどうやってわかるのかって感じだ。電話して聞いてやっとできた。
まあこういう不親切なところはどこの国の銀行も同じようなのかもしれない。以前は日本の銀行でもムッとすることが多かった。最近はどうやら妙に腰が低くて逆になんだか薄気味悪いこともあるが。
今日も暑い一日。
昨日書き忘れたが、今週の日曜定食は魚のネギソースの予定。
日中の温度28度、湿度32%。夜20度、52%。


銀行もいろいろ

もうここでも何回も書いたが、本当にドルの預金は問題だ。だんだん厳しくなっているんだが、このままではどうしようもないので、今週少しずつ、アンティグアにあるほとんどの銀行を回って聞いて歩いた。
しかし、お陰で、すべての銀行が横並びなのかと思っていたら、そうでもないことが分かった。しかし、かなりの銀行ではドル預金やドル換金は受けていないか、月に500ドルの制限がある。更にその中でも50ドル札以上でないと受けないとか、一度500ドルを預金してしまったら、その後、預金するのにずっと手数料がかかるようになるとか、なんだかんだ規制を設けているところが結構ある。
ただ、そうでない銀行もあって、制限が月3000ドルまでというところもあるようだ。1つ無制限と言うところもあるんだが、ここの銀行は、以前にも行って非常に感じが悪かったので、ちょっと躊躇してしまう。まあ、最後の手段はここかもしれないが。
まわったうちの一つで、別の銀行を勧めてくれたのには、ちょっと驚いた。親族が働いていると言っていたが、そこの銀行だったら海外とのつながりが強いので、ドルの運用に困っていないはずだと言う。要はグアテマラのかなりの銀行がドルの運用に困って受け取らないようにしているってことなんだと、確認してくれたような感じ。親切な人だと感心したが、そんなこと言って良いのかと、こちらが周りを見回してしまった。
今日もやはり暑い。
日中の温度28度、湿44度%。夜20度、59%。

相変わらず

去年の4月に日本から船便で送った荷物がまだ受け取れていない。まあ、今のグアテマラの郵便事情ではほぼ受け取ることはできないのではないかと、ちょっと諦めの気持ちがある。
送った時から、郵便局の混乱は知っていたので、中身は以前日本で使っていたラップトップのコンピュータと、その他、あまりいらない物だが、捨てるわけにもいかないような物だったと思う。
だから着かなくても、良いようなものだが、たまに郵便局の前を通って、開いていたら、入って行って荷物が着いてないかだけ確認するようにしている。何しろ閉まっていることも多い。
今アンティグアの郵便局は男性一人だけでやっているようなので、昼食の時間やらで閉まっているのも仕方ないのかもしれない。その男性はなかなか親切ではある。荷物の番号を知らせてくれたら、中央の局に問い合わせてくれると言う。こちらでネットのトラッキングをしてみても、該当するものはないと出てしまうので、あまり期待はしていないが、一応今度持って行ってみようと思う。
今日も天気が良く、暑い一日。ただ、まだまだ30度にはならないので、まだ過ごしやすい。それに夜は多少涼しいので寝やすいのはありがたい。湿度も一時に比べるとだいぶ上がってきた。
日中の温度28度、湿度42%。夜21度、62%。

食器


[続きを読む]

日当たりか

先にも書いたが、四旬節が始まったばかりだというのに、もうアンティグアのあちこちでハカランダの紫の花が咲いている。満開になっている木もある。かと思えば、まだ全然咲いてない木もあるんだが、これは何が違うんだろうか?
気温という事であれば、こんな小さな町でどこでもそれほど違いはないように思う。日当たりの問題というのもあるだろう。ただ、面白いのは、市場に行く途中通る、コンパニア・デ・ヘススという教会跡の前に4本くらいハカランダが並んでいるんだが、これが真ん中2つは花がほとんどないのに、端の2つは今満開になっている。
並んでいて、日当たりだって、ほとんど変わらないと思う。これはいったいどういう事になっているのかと思う。木にだって個体差はあるんだろうが、こんなに違うものなんだろうか。
中央公園のハカランダは割と遅い。それでも、一部が咲き始めている。まあ中央公園は気がたくさんあるので、日当たりその他に差があっても不思議はない。それに、四旬節からセマナ・サンタ本番のプロセシオンでは中央公園のカテドラルの前を通るのが一つのハイライトになるので、早く咲いてしまうより、お祭りが盛り上がってきたころに咲いてもらいたいと思う。
今日も朝のうちは結構肌寒かったんだが、日中はかなり暑くなった。30度を超えるんじゃないかと思ったほど。でも、夜はまた肌寒い。
日中の温度29度、湿度42%。夜21度、52%。

最初のプロセシオン

今日は四旬節の最初の日曜日。サンタ・カタリーナという、アンティグア郊外の村からプロセシオンが出る。まだ、最初のプロセシオンで人は少ない。プロセシオンを担ぐ人は、紫の衣装を着ているので、すぐわかるんだが、昼頃にちょっと外出した時には、2,3人見かけた程度で、まだまだ少ない。
これが、セマナ・サンタ本番になると、町中に紫の衣装を着た人を見るようになるので、ずいぶんと差がある。まだこの辺りのプロセシオンでは最後の方は担ぐ人が足りなくなって、同じ人が何ブロックも続けて担ぐようになる。担ぐ山車はかなり重いものなので、通常は1ブロックごとに交代する。これを何ブロックも続けたら大変だろう。
2月になってから夜になってもたまに雨が降ったりしていたので、更に雨でも降ったら大変だと思っていたんだが、幸い今日は天気が良く、そういう心配はなさそう。でも、まだまだ、夜になると寒くなるので、更に担ぎに来る人が減るんじゃないかと思う。
大体3週目のホコテナンゴ辺りから、盛大になってきて、4週目のサンタ・アナくらいになると、だいぶ本番気分になってくる。5週目のサン・バルトロは、四旬節のプロセシオンの中でも最大の物の一つだ。
今日の日曜定食は豚肉の生姜焼きで、なんと41人。これはちょっと慌てた。更にその後に、10人以上来てくれたんだが、もうさすがに受けることができなかった。本当に申し訳ないと思う。でも、疲れた。
今日も暑い一日。
日中の温度27度、湿度42%。夜21度、54%。

肉より高い

グアテマラシティーで買ってきたシメジは、いただいた里芋と一緒に、ひき肉も入れて煮てみた。シメジはいろんな料理に使うが、これといった代表的な料理はないように思う。大根だっていろんな使い方があるが、大根おろしとかふろふき大根とか、煮ものとか、誰もが思いいつくような決定的な料理はないようだ。まあ、日本でも一般的になったのは、割と最近になってからかもしれない。キノコのおいしさは、味もあるが、何とも言えない香りと、食感が良い。
ただ、エリンギもそうなんだが、グアテマラではたいていキノコは肉より高い。まあ簡単に比較はできないが、1パックどう見ても1ポンド(500g弱)ないだろう。1ポンドは豚肉で20ケツアル(約300円)前後。牛肉でも部位によるが、ある程度高いところでも40ケツアルくらいで買えるんではないか。
それが、キノコはエリンギが1パック50ケツアル。シメジは忘れてしまったが、同じくらいだったように思う。
ただ、このシメジは全体が真っ白。そうでないものもあるんだが、1つのパックの中の大抵のキノコはカサまで白いのが不思議。シメジにもいろいろ種類があるので、そういう物もあるのかもしれないが、ちょっと面白い。
今日は朝ちょっと寒かった。朝食の後でも、まだかなり寒かった。市場に買い物に行くころに暖かくなってきて、日中はまた暑い。
日中の温度28度、湿度25%。夜22度、48%。

シメジ

グアテマラシティーに今週行ったので、久しぶりに中国と韓国の食材店に行ってきた。韓国の食材店では、好物のごぼうをいつも買うんだが、残念ながら、今回は品切れ。来週入ると言われたが、来週はもう行く用事がない。
それ以外は大抵手に入ったんだが、これが残念。まあ、こういうところに行くと、ついつい買い物をしてしまう。しょっちゅう行くわけではないので、今買っておかないと、今度いつ買えるかわからないと思うから、ついつい手が出てしまう。
中国の食材店ではもう一つの好物のオクラがあったので、これは3パックほど買ってきた。以前茹でて冷凍しておけば、かなり持つと教えてもらって、1つは昨日食べて、あとは冷凍した。これで当分楽しめる。
あとはやはり中国の食材店で、シメジがあったので、思わず買ってしまった。シメジをグアテマラで見たのは初めて。こういうのも作るようになったのかと感心する。エリンギもあったので、これも買ったから、キノコがいっぱい。韓国食材店で良く買うエノキはなかった。キノコ類も好物だ。
市場に行ってワンタンのおばちゃんに今度韓国食材店に行ってごぼうを売ってたら買ってきてと頼んだんだが、ごぼうのことを韓国語で何というのかわからない。ちゃんと買ってきてくれるものだろうか。
今日は暑かったが、なんといっても湿度が低い。
日中の温度27度、湿度20%。夜21度、48%。

ばからしい

今日、たまたまグアテマラの銀行が発行しているクレジットカードを見たら、なんと去年の8月で期限が切れている。ほとんど使うことがなかったので、全く気が付かなかった。日本に行くときも持って行っていたんだが、何の意味もないものを持って行っていたわけだ。
この銀行には以前は良く行っていたので、大体みんな顔見知りで、行った時に何か必要なことや書類があったりしたら行くと向こうから声をかけてくれたんだが、最近アンティグアにもう一つ店舗を増やし、行員がだいぶ変わってしまって、知ってる人がほとんどいなくなってしまった。それで、新しいカードが来ていても、こちらから聞かないと、気が付かなかったんだと思う。
それはそれで仕方ないんだが、もうカードは廃棄されて、ブロックされていると言う。これも仕方ないが、その後もずっとカードにかける保険は、毎月ずっと請求が来て、払ってるんだから、馬鹿らしい。
もう面倒なので、カードをやめるって言ったら、ここではできないので、本部に電話してくれという。これまた面倒くさい。カードの申請をする時はできるのに、辞める時は電話しないといけないということだ。
今日も朝はちょっと寒かった。四旬節になって寒くなったと思っていたら、日中は天気が良く、かなり暑くなった。
今週の日曜定食は豚肉の生姜焼きの予定。
日中の温度28度、湿度30%。夜20度、45%。

灰の水曜日

今日は灰の水曜日。いよいよ明日から四旬節。町中にもおでこに入の十字架を付けた人が大勢歩いている。最初そんなこと忘れていて、向こうから歩いてきた人がおでこに何かつけているんで、なんだろうと思ってみていて思い出した。
まあ、昨日書いた、前の大統領が逮捕されたニュースだが、これからの賑やかな時期を刑務所の中で過ごすわけだから、なんだか落差が大きそう。グアテマラの大統領は世界的に見てもかなり高給取りなんだそうだから、それで満足しておけば良さそうなものだが、まあそういう訳にはいかないんだろう。
四旬節になって暑くなるかと思ったら、今日は一転して、なんだか肌寒い天気。昨日の晩にまた小雨が降って、その影響か、朝起きた時は、それほどでもなかったんだが、日中も曇りがちでなんだか気温がいつものように上がらない。
風も強いようだ。昨日はかなり風が強くて、2階のテラスにあるサイプラスの木が倒れたりしていたんだが、今日はそれほどではないとはいえ、曇っていて風が吹くと、ヒンヤリしてくる。
しかも今日はバレンタインデーで、町中のレストランなどは、家族連れでにぎわっているかと思うんだが、どうもそれほどではないように見える。やっぱり寒いと、外に出ようと思わない人も多いのかもしれない。
今日は雨が降っていないようだが、夜はちょっと涼しい。
日中の温度25度、湿度43%。夜20度、56%。

元大統領

今日のニュースは2代前の大統領のアルバロ・コロンが逮捕されたということ。大統領在職中の汚職らしい。トランス・ウルバノと言う、グアテマラシティーのバスに関することと、それ以外にもなんだかあるようだ。前の大統領はすでに捕まっているので、2代続けて捕まったわけだ。
更に、コロン元大統領の政権の時の大臣などを含めて11人が逮捕されたということだ。これ以前につかまった人も本当に数えきれないくらいいて、こんなに捕まって、刑務所にみんな入れるんだろうかと思うほど。
当時の副大統領だけは、名前が出てこなかったので、不思議に思っている人も多いようだ。コロン元大統領の元?奥さんも、その後大統領選に出馬していたんだが、この人の名前も出てきていて、そのうち捕まるんじゃないかという噂だ。
まあ、コロン元大統領は、ちょっと舌足らずなしゃべり方が特徴で、もっさりした感じだが、奥さんの方が、きつい感じで、やり手っぽいイメージがあり、以前にも家族が逮捕されたりしているので、怪しまれているんだと思う。
それにしても、グアテマラの首都のバスであるトランス・ウルバノの汚職で、結構な金額が出てくるのには驚く。こんなにたくさんのお金が動いていて、それが本当にどこかへ行ってしまったんだったら、それは政府に金がないのも仕方ないという感じだ。
今日はちょっと風があり、天気はカンカン照りというほどではない。夜には小雨が降った。
日中の温度27度、湿度35%。夜21度、54%。

避寒?

ここの所なんだか外国人の団体観光客を良く見かける。かなりの人数でぞろぞろ歩いていて、歩道がいっぱいになり、実に歩きにくいことがある。もちろんアンティグアは観光の町なので、以前からそういう団体客は来ていた。しかし、去年の暮くらいから、ずいぶん増えているように思える。
一度ニュースを見ていたら、最近アメリカなどからのクルーズで来る船が増えていると言っていた。そういう団体がアンティグアに来ているのかもしれない。船だったら、それは大人数が乗っているわけで、たくさんの人が来てもおかしくはない。
日本から来るのはさすがにピースボートくらいだろう。一度公園でそれらしき団体の人を見かけたことがあるが、アンティグアの中央公園が日本人でいっぱいで、何とも不思議な感じがしたものだ。
そもそも、通常の観光客では、もはやアンティグアでアジア系の人を見ると、中国か韓国の人だと思うようになった。以前はアジア系の旅行者なんて日本人くらいしかいなかったんだが。
まあ、観光客が多いのは良いことだ。アメリカやヨーロッパは寒いから、暖かいところに来てるんじゃないかと言う人がいる。確かにそうかもしれない。今日など暑くて、午前中市場に買いもに行ったら、汗をかいた。もう今週から四旬節が始まる。アンティグアも暑い時期に入っているという事だろう。
日中の温度28度、湿度32%。夜21度、52%。

机を作りたい。まあ今だって足りてないわけではないんだが、もう少し選択肢があっても良いかと思う。市販の物を買うということも考えないわけではないが、どうもサイズがちょうど良いと言うものがなく、限られた空間を有効に使おうと思うと、やっぱり無駄があるように思う。
もちろんこちらの家は日本に比べると十分な空間があると思うんだが、それでも、あまりキチキチに詰め込むのはやっぱり感じが良くないので、なるべく良い感じで空けておきたい。
それに、市販の木の机は、高級なものは別として、普通に市場で売っているようなものは、釘を使ってあるので、使用しているうちに、その釘が出てきたリ、緩んでグラグラになってくるのでどうも好きではない。
フリアの旦那さんが来た時に作ってもらうつもりなんだが、他の仕事もあるので、なかなか机作りにかかれない。まあ、今は乾季で、雨季になる前に樋の掃除やら排水溝の掃除やら、予めやっておくことがあるので仕方がない。
何しろ、樋の掃除や排水溝の掃除を忘れていて、雨季に入った途端に大雨が降り、樋からは水が滝のように落ちてくるは、排水溝は詰まって下から水が湧いてくるはで、大騒ぎをしたことがある。
今日の日曜定食はアジフライで28人。今日も暑い。
日中の温度28度、湿度47%。夜21度、54%。

藁半紙と白い紙

アタバルの授業では藁半紙を使う。基本的にマンツーマンの授業なので、黒板に書く代わりに、藁半紙を使うようになっている。このため、藁半紙は500枚入ったパッケージの物を1ダースくらいまとめ買いするんだが、これは再生紙だからか、結構値段が変わる。
やっと最近は買うところが決まってきて、大体前はこの値段だったと言うと、その値段で売ってくれるようになったので、あっちこっち値段を聞いて歩き回らなくて済むようになった。
藁半紙以外に、通常の白い紙も使う。こちらはそんなにたくさん使う訳ではないので、500枚入りの物を買ったら、1年以上持つ。一昨年くらいに開けたパッケージが、今週終わった。
グアテマラでは1月に学校の新学期が始まり、学齢期の子供のいる家庭は一斉にその年に必要な文法具を買う。1月は文法具屋の書き入れ時だ。今頃の時期は、それが終わって、通常通りに戻っている。去年この位の時期にスーパーで売れ残ったものを値引きして売っていたのを見て、白い紙を1パック買っておいた。ちょうど今それを使っている。今年も同じように安売りしないものだろうか。
ニュースでは何回か寒波が来ると言うのを聞いたんだが、幸い寒くはならない。確かに今日も朝起きた時はちょっと冷えていたが、日中は天気が良くて、市場で買い物をしていたら汗をかいた。
日中の温度27度、湿度40%。夜20度、55%。

オリンピック

なんだか冬のオリンピックが始まっているらしい。なんとなく聞いてはいたが、やっぱりグアテマラにいると、全然ピンと来ない。とはいえ、グアテマラは残念ながら、サッカーのワールドカップにも縁がない。オリンピックもまだ夏のオリンピックは、ここ近年、競歩で銀メダルを取ったりしたので、やっと、少し話題になるようになってきた。それでも、グアテマラに比べると、日本などでの盛り上がりは異常に感じるほど。
ただ、冬のオリンピックは、全く話にならない。何しろ、雪が降ったりする国ではないので、そもそも、その手の競技をする人がいない。当然、グアテマラから出場する人なんていないと思う。
ニュースでもほとんど取り上げられていない。なんだか良くわからなかったが、ケーブルテレビのアメリカのチャンネルかなんかで一瞬開会式らしいニュースを見かけた程度。よっぽどテレビのニュースを熱心に見てる人じゃなければ、今、オリンピックをやってるなんて知らないだろう。
どうやら今年はサッカーのワールドカップもあるらしく、そちらの方がずっと話題になっている。観戦に行く人がいるらしい。自国が出ていないのに、いったいどこの国を応援に行くんだろうか。
ニュースで寒波が来ると言っていたが、幸い今日も天気は良く暑い一日。昨日の晩、雨が降ったのは寒波の影響だろうか。まあ寒波もこれくらいだったら良い感じだ。
日中の温度28度、湿度30%。夜21度、52%。


もうすぐカーニバル

もう来週の水曜日は灰の水曜日で、四旬節が始まる。ちょっと前にクリスマスと思っていたら、もう四旬節。あっという間だ。今年は少し早い。そのせいか、なんだか未だに街中はそういう気分になっていないような気がする。
とはいえ、四旬節が始まったら、だんだんお祭り気分になっていくんだろう。市場で買い物をしていても、ピカピカと言う灰の水曜日の前のカーニバルで使う、卵の殻に詰める色とりどりの紙の切れ端をたくさん売っている。グアテマラではこれをカーニバルの時に他人の頭にぶつけたりして割って騒ぐ習慣がある。
これをやるとあと掃除が大変。割られた方は、結構服の中に入ったりして、チクチクして気持ちが悪い。それでも、子供などは結構これを楽しみにしているようだ。アンティグアではカーニバルでは、行進とかもないし、行事としてはこれくらい。
グアテマラでは踊ったり行進したりするのは、マサテナンゴくらいじゃないだろうか。もちろんブラジルのカーニバルと比べるべくもないが、それでも、そこそこ人が集まるらしい。テレビのニュースでも毎年見られる。
なかなか魚が手に入らなくて、ずっと肉や鳥だったが、今週はアジが手に入ったので、今週の日曜定食はアジフライの予定。
今日も天気が良く暑い一日だったんだが、夜になって、雨が降り始めた。一瞬で止むかと思ったが、一瞬ではなくもう少しだけ長く降った。
日中の温度26度、湿度44%。夜21度、50%。

名前が違う

銀行でのドルが受け取ってくれない問題は、相変わらず深刻。今まで毎月1500ドル受け取ってくれていた銀行が、もう月500ドルしか受け取らないことになって、さすがに困る。そこで、また別の月1000ドルまで受け取ってくれる銀行にペトラの名義でドルの口座を開いて、何とか今まで通りの額のドルを毎月入れられるようになった。それにしても、面倒くさい。
このペトラの口座は、知っている人が店長をやっている銀行で開いたんだが、開く段階で渡した書類でアタバルのパテントの名前と税務署に登録している名前が違っていることを指摘された。
パテントはエスクエラ・デ・エスパニョール・アタバルで、税務署の方はセントロ・リングイスティコ・アタバルになっている。一体どうしてこんなことになったのか。そもそも、最初にパテントを取るときにエスクエラ・デ・エスパニョールとしたのがわからない。最初っからセントロ・リングイスティコだったはずなんだが。
税理士のところに行って相談したら、税務署の方を変えるのは簡単だが、パテントを変えるのは大変で、時間も金もかかると言う。変更をするくらいだったら、新しくパテントを取る方が簡単で安く済むと言う。どうも慣れていなくて気分が良くないんだが、税の申告はエスクエラ・デ・エスパニョール・アタバルにするしかなさそうだ。
今日も暑い一日。
日中の温度28度、湿度33%。夜21度、51%。


ライオン

今日のサーカスのライオンの世話をしている50代の男性が餌をやろうとして、両腕を喰いちぎられると言うニュースを見た。正直言うと僕はあまりに生々しかったので、途中でチャンネルを変えてしまって、内容はあとで先生たちから聞いたんだが、何とも悲惨なニュース。命が助かったのが唯一の救いか。
ところが、このライオン、1週間も餌をもらってなかったらしい。まあ野生のライオンだってしばらく餌にありつけないことはあるかもしれないが、1週間食べてなければ、腹が減るし、イライラしてるだろう。これまた悲惨な話だ。
そもそも、グアテマラのサーカスでこういう野生動物を使うことは禁止されたんだと言う。禁止だけして、その後の動物の運命には無頓着だったということじゃないかと思う。最近サーカスなんてあまり見なくなったが、以前はアンティグアの守護聖人のお祭りの前後など、必ずサーカスが市場の裏で興行していたものだ。演じている人たちは、継ぎはぎの衣装を着てたりして、見てると悲しくなると言う感じのものが多い。そもそも、それほど人気のあるものではなかったと思う。
このライオンがいたところには他にもたくさんの動物がいたと言う。これらの動物だってきっとちゃんとした世話はしてもらっていないんじゃないかと思う。動物愛護団体の人などが何とかしないもんなんだろうか。
風があってやっぱり夜は少し寒い。
日中の温度26度、湿度29%。夜21度、48%。

干しプラム

今日も暑い一日。それでも、朝起きた時は結構ヒンヤリしているので、まだまだ本格的な暑さではないようだ。ただ、日差しが強く、日が昇ってくると割とすぐに暖まってくるので、ありがたい。
今日は市場で買い物。トマトが安くなってきている。プラムの干したものを探していたんだが、なんだか市場で売っているものは種が入っている。ブドウとは違って大きなものなので、種を出すのは大して面倒ではないんだが、やっぱり種が抜いたものの方が、食べやすい。
スーパーで探してみたら、種を抜いてあるものは結構高い。種があるものは1ポンド(500g弱)で約10ケツアル(約150円)なんだが、種が抜いてあるものは150gで15ケツアルだ。まあ案外種が重そうなので、どっちが得なんだかはっきりはわからないが、食べやすさを考えたら種がないものの方が良いかと思う。特に料理に入れたりすると、種があると気づかずに噛んでしまったりしてたちが悪い。僕はあまり料理に果物を入れるのはあまり好まないので使わないが、ペトラがたまにプラム入りの鳥の煮込みみたいなのを作る。
結局干しブドウを買ったオーガニック食材店の大きな袋入りのが一番安そう。ただ、32オンスって書いてあるのに、1.02㎏と書いてあるのはどういうことだろうと思って、ちょっと買うのを躊躇した。
夜も結構暖かい。
日中の温度27度、湿度28%。夜21度、45%。

早い

今日はすごく暑い。日中の温度が28度というのは久しぶりな気がする。いよいよ、寒い季節は終わったんじゃないかと期待させてくれる。何しろ天気予報では、2月いっぱいは寒いようなことを言っていたので、まだまだかと思っていたんだが、こう暑くなってくると、少なくとも年末年始の寒さにはもう戻らないんじゃないかという気持ちになる。それにしても、今年は暖かくなり始めたら、途中のそこそこ暖かい日があまりなく、急に暑くなった感じ。
何しろハカランダの花ももうかなり咲いている。やっぱり植物は季節の変わり目に敏感なのかもしれない。しかも、昨日から2階の部屋でも、1階の台所でも蜂が入ってきて、飛び回っていた。
これも、寒い間は来なくなって、まあ、こちらの方は来ない方がありがたいんだが、しばらく、蜂を追っかけまわすのはしなくてすんでいた。まあ寒くなくなって良いことばかりではないのは仕方ない。蚊も出てきた。今までは夜寝る時に、蚊の忌避剤の電源を入れずにすんでいたんだが、最近は入れている。これがないと、夜中に足を刺されて、痒くて目が覚めるのが不愉快。まあ、布団から足を出して寝るのも、それだけ暖かくなったということだ。
今日の日曜定食はマーボー豆腐で25人分売れた。
夜になってもやや暖かい。
日中の温度28度、湿度48%。夜20度、59%。

オートバイでお参り

今日は火山も静かで、天気もカンカン照りではないものの、そこそこ良い天気で、穏やかな一日。ここ数日に比べるとちょっと温度が低いかもしれないが、まあこのくらいが過ごしやすい。
カラバナ・デ・ソロと言うのがある。どういう起源なのか良くわからないが、オートバイに乗って大勢の人がグアテマラシティーの中央公園からエスキプーラスまで行ってお参りをして帰ってくる行事らしい。
かなり以前からやっていたようだが、ここ数年テレビのニュースでかなり取り上げられるようになり、参加者も増えて有名になってきたようだ。前の逮捕された大統領など、なんだか高級なオートバイに乗って参加したりしていた。
ところが、有名になって参加者が増えると良いことばっかりではないらしく、変な人も増えてきているみたいだ。大勢で沿道のレストランなどに入って酒を飲んだりして大騒ぎして顰蹙を買ったりしている。事故で亡くなった人も結構いるらしい。
こういうのを組織するのはなかなか難しいんだと思う。組織的なことが苦手なグアテマラの人がやってるわけだから、更に大変だろう。小さなグループでひっそりとやっていれば良かったのにと、ちょっと同情してしまう。まああまり事故が起きないと良いんだが、知っている人の息子も、これに行って、事故で亡くなっている。
夜は風が出て、外に出るとちょっと肌寒い。
日中の温度24度、湿度53%。夜19度、58%。

好物が

青森県でイワシの大量死というニュースがあった。イワシ好きには悲しいニュースだ。何しろ、日本に行った時には、必ず1回はイワシを探して焼いて食べることにしているくらいだ。
サンマも美味しいと思うが、どちらかと言うとイワシが好きだ。残念ながら、グアテマラではイワシが手に入らない。何度も書いているが、手に入れようと思って探してはいる。ただ、取れないのか、それとも取れても、ほかの魚を釣る餌などにされて、出回ってこないのか、なぜだか手に入らない。
原因は海水の温度が下がって泳げなくなったためではないかと書いてある。これも気候の以上の影響だろうか。まあ今年は世界的に寒かったようだ。グアテマラも寒かったが、ここの所暖かくなってきて、今日などは暑いくらい。
しかし、寒かった割には、もうあちこちでハカランダの花が咲いている。これは、ここ数年早く咲くようになったように思う。毎年、この時期に早くに咲き始めたと書いているような気がする。今日も紫色のTシャツを着ていたら、先生たちからもうセマナ・サンタのつもりかとからかわれたが、このハカランダの花の紫も、セマナ・サンタの風物詩だと思う。
本当に今日は天気が良く、日中はかなり暑い。先生たちはやっとモコモコの重ね着の服を着ないで済むようになったと言って喜んでいる。
日中の温度27度、湿度38%。夜20度、54%。

噴火

今日の朝、パンを買いに外に出た時にも、まだ真ん丸の月が見えた。月食は見逃したが、なかなかきれいな月だったことは間違いない。月は良いんだが、今朝はそれ以外にドーンドーンというかなりの音が聞こえた。テラスに出て見ると、フエゴ火山が噴火している。今までも、毎日のように噴火する音は聞こえていたんだが、今日のは一段とすごい。噴煙の上がり方もすごいし、赤いマグマが良く見える。
午前中に市場に行った時も、また灰色の噴煙がフエゴ火山の山頂付近を覆っているのが、公園の辺りから良く見えた。これはまた火山灰が降るんじゃないかとペトラが言っていたが、今のところ風向きのせいか、特にテラスを見ても黒くなっているようには見えない。昨日書いた洪水だが、どうやら大西洋側のイサバル県だけのことではないみたいだ。もう少し内陸の方も洪水になっているようだし、それとは全く反対側の太平洋側のサン・マルコス県でも洪水になっているとニュースで言っていた。東京でもまた雪が降っているようだし、本当にここの所、変な天気が続いている。
今週の日曜定食はマーボー豆腐の予定。豆腐はまた柔らかく作ってくれるように、頼んでおいた。
今日は天気が良い一日で、日中はかなり暑くなった。まあ2月になったので、これくらいになって通常通りという感じか。それにしても、久しぶりに暑い感じ。夕方からだいぶ涼しくなったが、夜はそれほど寒くない。
日中の温度26度、湿度38%。夜21度、53%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。