スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



混んでる

今日はもう四旬節の第4日曜日で、サンタ・アナのプロセシオン。ここまで来ると、もうかなり本格的な感じ。ペトラが人込みを避けて、サン・ルーカスに昼を食べに行こうというので、出かけたんだが、ウーバーを呼ぼうとしたら、ちょうど来る道に既に花やおが屑で絨毯を作っていて、なかなか来ない。2回くらいキャンセルされて、車が変わった。
やっと来て出かけたんだが、アンティグアに入ってくる道は大混雑。こちらは出ていく方なので、問題なかったが、今日もかなりの人が観光に来てるんだろう。
サン・ルーカスにも、結構人は多かった。また帰りにウーバーを呼ぼうとしたら、なんと近くに空いている車がないらしく、グアテマラシティーの方の車につながり、待ち時間が20分以上と出た。これはちょっとと思い、今度はこちらがキャンセル。
しばらく待ってもう一度やってみたら、今度は12分のところの車につながった。まあ、今日はこんなもんなんだろうと思い、待っていたら、結構早く来てくれた。どうやら今日はかなり混んでいるようだ。まだまだ、グアテマラではウーバーの車は、そこまで多くないんじゃないかと思った。ロサンゼルスでこんなに待たされたことはない。幸い料金は通常とそれほど変わらなかったんだが、これが良くわからない。幸い帰りはもうアンティグアに入る道も混んでいなかった。
今日の日曜定食はメンチカツで25人。
今日は午前中天気が良く暑くなったんだが、午後から曇ってきた。
日中の温度29度、湿度44%。夜22度、57%。
スポンサーサイト




なんだか

今日の夜は久しぶりにサン・マルティンで夕飯。久しぶりなので季節のメニューが変わってるだろうと思って、ちょっと期待して行ったんだが、確かに変わっているが、なんだかいまひとつな感じで、通常メニューを頼んでしまった。
エビを使ったものが多かったんだが、エビのラビオリとかエビ入りのオープンサンドのような物で、なんだかピンとこない。パスタも僕の好きなスパゲッティはなく、ペンネとかで残念。
通常メニューでは、ほとんど鶏肉とベーコンのスパゲティかマッシュルーム入りのハンバーガーを頼む。今日はスパゲッティ。サン・マルティンは、すごくおいしいものがあるわけではないが、メニューが結構種類があり、こういった結構満足できる物が、ちゃんとある点だと思う。
ただ、今日ちょっと違和感があったのが、会計の際に、チップがいきなり計算されて、出てきた点。ここは確かずっと以前はチップが特に書いてなかった。要は客の判断という事だったようだが、そのうち、レシートの下にチップの欄があり、10%と12%が選べるようになった。今日はレシートを持って来た時点で、すでにこのチップの欄に合計金額が手書きで書いてあった。まあアンティグアの大抵のレストランはそういうシステムなので、良いんだが、選ぶようになっているのに、その上に書き込んであると、なんだか「こいつはチップ払わなそうだ。」と思われているようで、ちょっと感じが悪い。
今日は天気が良く、暑い一日。
日中の温度29度、湿度45%。夜22度、59%。

話題

ここ数日コバンというグアテマラの真ん中あたりにある町で、犬の肉を売っている人が捕まったというニュースが結構な話題。何しろその後、どこの町だったか忘れてしまったが、屋台のタコスを食べた人が、固いものが入ってると思ってみたら、犬の犬歯(犬のも犬歯って言うのか良くわからないが)のような物だったというニュースまで出た。
なんと言っても、これらのニュースのタイミングがすごい。何しろ、今週は四旬節の第4週で、これからどんどん行事として盛り上がっていくタイミング。今日もサンタ・アナというアンティグアの近郊の村でベラシオンがあり、特に夜にはかなりの人が集まるはずだ。ベラシオンがある教会の周りにはたくさんの屋台が出て、この時期は屋台でものを食べる機会が通常に比べて格段に高い。何しろ、タコスやら焼き肉やらは、肉と玉ねぎなどを鉄板で炒めたりするし、炭で肉を焼いたりとかなり抗いがたい匂いを出すものだ。
当然、この屋台のタコスや焼き肉などを楽しみにしていた人も多いはずだが、ここでその食べようとしているものが犬の肉じゃないかというちょっとした疑問が頭の中をよぎったとしたら、大抵の人は、かなり手が出にくくなるだろう。
実際今日のニュースでは、タコス屋と焼き肉屋の売り上げが例年に比べかなり落ちていると言っていた。個人的には屋台のピザ屋などの陰謀じゃないかとさえ思うんだが。
今朝も起きた時はそこそこ肌寒かったが、今日は朝から天気が良く、日中はかなり暑くなった。
日中の温度29度、湿度40%。夜21度、57%。

ゲイシャ

ゲイシャという種類のコーヒーをいただいた。パナマに行った方からのお土産なんだが、初めてだったので、早速今朝挽いて飲んでみた。まあ、いつも書くが、僕はここ数年毎朝コーヒーを飲んでいるが、蜂蜜やらミルクを入れて飲むので、あまりコーヒーを語る資格はないと思っている。自分でも、コーヒー好きというより、ミルクが好きなのかもしれないと思う時がある。
いつもはアンティグアの近くのアソテアという農園のコーヒーを飲んでいるんだが、これと比べると、結構酸味があるように思う。恐らく酸味だけでなく、いろんな味があるような気もするんだが、これは複雑すぎてなんといったら良いかよくわからない。アソテアの方が、いつも飲んで飲み慣れているからだと思うんだが、味が単純なように思う。
ただ、コーヒーなんて案外複雑なもので、同じ豆でも挽き方やら炒り方によって、味が変わるもんだろうから、この味が豆そのものの特徴なのか、炒り方のせいなのか、僕には良くわからない。酸味だって、真黒になった豆では、苦みばかり感じで、酸味なんてあるんだかどうか良くわからない。
このアソテアで買った豆で、自分で淹れるのに慣れてしまっているので、アメリカや日本でスターバックスなどのチェーンに行ったりすると、ものすごく苦くてかなり飲み難い。相当の量のミルクやら砂糖が必要になる。
今週の日曜定食はメンチカツの予定。
今日も朝起きた時は雨が降るかと思うような曇り空。午前中はかなり肌寒かった。昼頃から晴れてきて、午後は結構暑い。
日中の温度28度、湿度26%。夜20度、50%。

1台のみ

今朝、Skypeでチャットを送ろうとしたら、以前チャットで書いたものが見えず、新しく書いて送ったものも見えなかった。その時は何だろうと思って、ほっておいた。ネットは問題なくつながっている。
その後、午前中は特にSkypeを使うことがなかったので、忘れていたんだが、午後になって、またSkypeを見たら、午前中と同じ状態で、午前中に来た連絡も入っていないようだった。
午後はSkypeの授業もかなりあるので、ちょっと慌てた。幸い、今日は早い授業はない。いろいろ確認したんだが、他のところでは問題なくつながっているようだ。スマホのSkypeも問題なく作動している。
Skypeの授業用のコンピュータを確認したが、こちらも問題なし。僕のアカウントの問題かと思い、2階の寝室のコンピュータを起動してみたが、こちらも問題ない。そうすると、単に僕が事務室で使っているコンピュータのみの問題らしい。
再起動したりいろいろしたんだが、なかなか回復しない。いったんSkypeをログアウトして、もう一度ログインしようとしたらログインできなくなってしまった。仕方がないので、コンピュータを再起動してみたら、普通にログインできて、これで回復。こんなことは初めてだ。いろんなことが起こるものだと感心。
今日は割と天気は良いが、風が強く気温はあまり上がらない。
日中の温度27度、湿度26%。夜21度、45%。

高い

一昨日の晩、アンティグアでもおそらく最も安い部類に入るスーパーのハンバーガーを食べた。それで、昨日の昼、今度は高い方のハンバーガーを食べに行った。以前割と良く行っていて、すごくおいしいと思っていたエピクレのハンバーガー。ただ、もう何年も行っていないように思う。
行ってみると、以前から働いている人たちがちゃんといる。恐らく良い待遇なんだろう。以前ハンバーガーを頼むと大体いつも作ってくれていた料理人の人もいた。ちょっと安心。ところがメニューを見てびっくり。なんとベーコン入りのチーズバーガーが95ケツアル(約1425円)。チップが10%はとられるので、100ケツアルを超えている。まあ、フライドポテトかサラダが付くし、ハンバーガーもでかい。以前は60ケツアルくらいだったと思う。なんという値上がりの仕方か。作るのを見ていたら、以前の人とは違う人が作っていたので、ちょっと嫌な予感。以前、別の人が作るとなんだか物足りなかった。
食べてみてガッカリ。以前はバターの香りと肉の味がしっかりしたと思うんだが、今日のはなんだかかなり酸味の強いソースが結構いっぱいかかっていて、他の味が全然しない。肉は結構な量があるんだが、酸っぱいばっかり。ピクルスが別についている。以前は中に入っていて、アクセントになっていたように思う。ピクルスそのものは結構おいしかったし、サラダも申し訳ではなく、ちゃんとした量。この酸っぱいソースは結構濃度が低く、しかも結構いっぱいかかっているようで、食べる時にポタポタ落ちて食べにくい。(美味しいハンバーガーは食べにくいものが多いような気がするが)これだったらスーパーの方が良いと思った。
今日は天気が良くかなり暑い。
日中の温度29度、湿度26%。夜21度、45%。


スーパーの味

昨日のスーパーのハンバーガーだが、味の方は、まあまあ。値段を考えるとかなり美味しいと言えると思う。もちろん、肉(パティ)は薄い。その上、結構ケチャップやらがかかっていたので、肉の味を感じたかというと、かなり疑問。その分、肉の入ってないところでも、同じような感じで食べられる。
何より気に入ったのは、ホットドックも売っているので、それと兼用なんだと思うが、鉄板の上で炒めておいた玉ねぎを入れてくれるところ。これが入っていると何とも美味しく感じる。正直言えば、これとケチャップと目玉焼きの味しか感じなかったような気がするくらい。普通のハンバーガーを食べたらどんなものかと思わなくもない。ケチャップを少なめにと頼んだら、また違いそう。
恐らく、出来立てをその場で食べたらもっとおいしかったんじゃないかと思う。まあ、これに関しては、そう言うシステムなので、しょうがない。とにかく、いつもスーパーに行くと見るわけだが、食事時などにはかなり混んでいるのが納得できる。
なんと言っても、安くて結構大きいので、ちょっとのお金で結構腹にたまる。昨日は、これだけで夕飯は十分だった。まあ、以前だったら物足りなかったのかもしれないが。
今日は四旬節の第3日曜日なので、昼間ちょっと外出したが、もう結構人が多い。ホコテナンゴの方は、もっとすごかったんだろう。
日曜定食はシュウマイで33人。
今日は天気が良く暑い。
日中の温度30度、湿度20%。夜21度、46%。

スーパーのハンバーガー

今日スーパーのボデゴナの入り口で売っているハンバーガーを買ってきて食べた。このハンバーガーは、安くてそれなりにおいしいという評判があるようだ。僕も、ボデゴナが入り口でハンバーガーを売り始めたころに2回くらい食べた記憶がある。ところが、その後、なんだか食べる機会がなくて、もうどんな味だったか記憶にない。
問題は、持ち帰り専門で、そこで食べるところがないこと。アタバルはアンティグアの東側にあり、ボデゴナは西側。さっさと歩いても10分はかかる。これが、なんだか当座飼っている原因だと思う。
今日は気合を入れて買ってから大急ぎで帰ってきて食べた。まあ、大急ぎと言っても、今日は土曜日で通り道の4カジェはかなり人が多く、歩きにくかった。普通のハンバーガーが15ケツアル弱(200円強)だが、僕が買ったのはトリートという目玉焼き入りの物。18ケツアル弱。これはアンティグアで買えるハンバーガーとしては、最安の部類じゃないだろうか?さすがにスーパー直営だけのことはある。パンもハンバーガーとしては大きいものを使っているので、量もある。
ビニール袋に入れてもらって持って帰るんだが、やっぱり帰り着いた時にはパンがかなりしっとりしてるし、ある程度押されているので、パンというより中華まんのような食感になってしまっている。
今日は久しぶりに天気が良く暑い。
日中の温度29度、湿度26%。夜20度、49%。
[続きを読む]

YAKISOBA

先日スーパーでYAKISOBAと書いた四角いパッケージを見つけた。メーカーはマルちゃん。どうも、これを見て、ソース焼きそばかと思ってしまったんだが、良く見てみると、そうではなさそう。
何しろカマロン(エビ)と書いてある。もう日本のカップ焼きそばなんて、記憶のかなたにあるようなものなので、自信はないが、日本のカップ焼きそばは豚肉ではなかったかと思う。他もあるのかと思って探してみたが、すべてエビ。パッケージの写真もどうもソース焼きそばではなさそう。新しい製品なので安売りをしていて、2つで14ケツアル(200円強)程度だったと思う。ちょっと迷ったが手が出てしまった。
しばらく機会がなくほっておいたんだが、昨日の夜食べてみた。なんだかカップラーメンを汁を切って食べてるみたいだった。エビの味はあんまりしない。探してみると、底の方にグリンピースくらいの大きさのエビが数個見えた。その他の具はこれまた探し回らないとわからないレベル。
ちょっと作り方が変わっていて、お湯を入れておいて出来たらお湯を捨てる方式ではなく、水を入れて電子レンジで4分間チンして、その後1分待って食べると書いてある。お湯は捨てないらしい。やってみたら、上の方の真ん中部分は生のままだった。ちょっと難しい。それでも、混ぜ合わせて食べたら、そんなに気にはならなかった。
今日もあまり天気は良くない。なんだか変な感じだ。
日中の温度26度、湿度40%。夜19度、54%。

四旬節なのに

今日はなんだか朝から曇りがちで、肌寒い。この時期にこんな天気はどうも変な感じ。もう四旬節の第3週だと言うのに。先生たちはこの様子じゃ、セマナ・サンタに雨が降るんじゃないかと言っている。まあ、まだそんな先のことはわからないが、今年はセマナ・サンタも遅いし、雨が降っても不思議じゃない感じ。
四旬節も第3週となるとそろそろ盛り上がり始めて、週末には金曜日にホコテナンゴでベラシオンがあり、日曜日はそこからプロセシオンが出る。ホコテナンゴの人達は、地元のお祭りになるので、かなり盛り上がるはず。何しろ今やアンティグアよりホコテナンゴの方が、住んでいる人は多いんじゃないかと思う。
アンティグアも中心の方は、地価が高くなり、以前中心部に住んでいた人の多くは、家を貸したり、売ったりして、ホコテナンゴなどの周辺の町に引っ越している。このため、アンティグアの中心部では商売がたくさんあり、昼間は人が多いが、そこに住んでいる人は実はあまりいない。確かに、家を貸して、周辺の町に住んだら、家賃だけで暮らしていけたりするんだろう。
プロセシオンの経路はたまに変わるので、良くわからないが、ホコテナンゴのプロセシオンはアタバルの前を通らない数少ないプロセシオンの一つ。これ以降は毎週日曜日アタバルの前をプロセシオンが通るはず。
今週の日曜定食はシュウマイの予定。
日中の温度25度、湿度46%。夜19度、52%。

タクシー

「日本でもタクシー代金を事前に確定する。」というニュースを見た。これはありがたいことだと思う。何しろグアテマラではタクシー代は事前交渉制。結構日本人の観光客はこれを嫌がって、タクシーにメーターが付いてないと、文句を言う。まあ、地理や物価に不案内なので、わからないでもない。
でも、こちらに慣れてしまうと日本のメーター制のタクシーは、着くまで料金がわからないので、かなりドキドキする。事前に交渉をして、納得してから乗る方が精神衛生上良いように思う。大体の相場がわからなくても、事前に交渉をして、納得できなければ乗らなければよいだけの話だと思う。
まあ、今はグアテマラでも首都やアンティグアではウーバーが使えるので、もうそういう問題はあまりなくなったはずだが。日本ではウーバーが実質的に使えないので、タクシーに乗るのは、かなりハードルが高かった。
事前に料金が確定することで、乗りやすくなるかもしれないが、渋滞などの可能性を盛り込んで、料金が高めになる様になったりしたら、ちょっと嫌だと思う。ただでさえ、日本のタクシーはかなり高いと思う。何とか日本ももう少し便利にできるようになるとありがたい。確定しなくても、ウーバーの様に、大体の料金がわかるだけでもだいぶ使い良くなると思う。
今日も天気が良く暑い。
日中の温度30度、湿度43%。夜22度、52%

焼き畑

アンティグアの近くの丘(山?)で山火事があったと言うニュースを見た。今の時期は雨季の前で、農業をしている人たちが雨季に入った時に、種まきをする準備として、焼畑をして、それがもとで周りが燃えることがある。
そうでなくても、山の中で煙が上がっているので、山火事なんだか単に焼き畑をしているんだか、良くわからないことがある。まあ山の中が燃えていると言う点はどちらも同じなので、予定より大きな範囲が燃えたら山火事になって、予定内だったら焼畑という事なんだろうか?
なんだか良くわからないが、まあカリフォルニアの山火事のような被害が出てことはない。アンティグアの人達も、周りの丘を見て、煙が出ていても、それをあまり心配するような人はないようだ。
今日もアタバルの2階から周りを見ると、確かにニュースで言っていた方角で煙が出ている。煙の量は大したことがなかったので、もう消えかけているような感じだが、少なくとも山火事と言うほどの感じではなかった。焼畑も、このように問題が多いので、規制されているはずなんだが、昔からの習慣はなかなか変わらないのかもしれない。
今日も午前中なんだか曇りがちの天気で、今ひとつ肌寒い。今日はそんなに熱くならないだろうと思っていたが、そのうち晴れてきて、昼過ぎはかなり暑かった。それで、温度計を見ると、やはり30度。
日中の温度30度、湿度39%。夜21度、49%。

アンティグアから

アンティグアの人のことをパンサ・ベルデ(緑のお腹)と言うんだが、これはアボガドをたくさん食べるからという話だ。確かに僕の周囲の人はアボガド好き。このアボガドは、かなりたくさんの種類がある。アンティグアの市場に行くと、いろんな形の物を見かける。だが、現在世界で生産されているアボガドのかなりの割合をハス種が占めているらしい。日本では、メキシコから輸入されるらしいが、ほぼすべてハス種
昨日テレビのニュースで、アンティグアのカサ・ポペノでアボガド・フェスティバルと言うのをやったというニュースがあった。ハス種はアメリカのカリフォルニアから広がった物らしいが、この元はアンティグアから持って行ったアボガドなんだそうだ。
調べてみると、ユナイテッド・フルーツ・カンパニーの仕事でグアテマラに来たウイルソン・ポペノ(アタバルの傍にある、カサ・ポペノは彼の家)がグアテマラでアボガドの研究をして、たくさんの種類を持ち帰り、その中でも最もおいしいアンティグアのアボガドをもとに、このハス種が作られたと言う。このことから、アンティグアの中央公園には、カリフォルニア・アボガド・ソサエティーから贈られた感謝のプレートが設置されている。
確かにこれは見たことがあるが、特に気にして読んだことがなかったので、ちょっと驚き。このハス種のアボガドは、今やグアテマラではアグアカテ・メヒカーノ(メキシコのアボガド)と一般に呼ばれているのはちょっと皮肉な感じ。
今日は天気が良く暑いが、昼頃から雲も少しあり、30度にはならなかった。
日中の温度29度、湿度33%。夜21度、50%。

エビ

今日の昼エル・プエルト(だったと思う)という去年の12月にオープンしたレストランに行ってみた。この前はピンチェとかいう、バーとタコス屋のような店だった。そこそこ流行っているように見えたんだが、そうでもなかったのか、割とすぐに閉店してしまった。その後に、この店ができた。名前の通り、エビやら海産物を中心としたメニュー。アンティグアには意外にこういう店が少ないように思う。
3人で行って、エビのセビッチェとエビのアヒージョ、魚のアヒージョとフリホーレスをを頼んだ。セビッチェは中と大があり、中を頼んだんだが、確か40ケツアル(約600円)。大は70ケツアルだったように思う。他の人が頼んでいるのを見たら確かに倍くらいある。エビは半ポンドが80ケツアルで、1ポンドが150ケツアル。そこそこ大きいエビなので、半ポンドで4から6匹くらい。魚はメロというハタの種類。これは確か55ケツアルだったと思う。まあまあ良い値付けだと思う。
セビッチェはトマトが多いようにも思うが、結構おいしい。エビはアヒージョというイメージとはちょっと違い、ニンニクオイルをつけて焼いたような感じ。魚も同じような感じ。エビは味は悪くないが、ちょっと火が通り過ぎていて固い。魚はさっぱりしていて、なかなかおいしいが、ちょっと物足りない感じ。
店に入った時には8人くらいのグループ一組だけだったが、帰る時には結構いっぱいになっていた。ただ、まだ慣れていないのか、なんだか手際が悪く、ちょっと時間がかかる。今日の日曜定食はチキン南蛮で30人。
日中の温度29度、湿度32%。夜20度、49%。

ピンと来ない

トリップアドバイザーというサイトがある。これにレストランやらの評価を書くようになっていて、これのランキングなどが出ている。ただ、正直言ってあまり信用ならないような気がしてならない。なにしろ、以前にもこれを見てグアテマラシティーのレストランに行ってみたんだが、まあ、それなりに良かったが、評価されているほどのことは、少なくとも僕には全くわからなかった。
今日の夜、もう1年近く行っていなかったレストランでサンドイッチを食べた。以前はチョコチョコ行っていたので、知っている店の人が、「久しぶりだね。」などと声をかけてくれたりして、まあ良い感じだった。サンドイッチも以前より少し小さくなったような気がしなくはないが、おいしかった。
食べ終わって、会計をしたところ、件の店員の男の子が、レシートに名前を書いて持ってきて、トリップアドバイザーに彼の名前を入れて投稿をしてくれと言う。何だろうと思ったら、このサイトに最も名前が載った店員が、セマナ・サンタの時の交代勤務の際に、自分の休みたい日を選べるようになるんだそうだ。
ここのオーナーはやり手だといつも感心するんだが、これも、なかなか考えたものだ。ただ、似たようなことをやっている店は多いんだろう。だから、第1位になっても、なんかピンとこない店が多いんじゃないかと思ってしまった。
今日は風があり、ちょっと雲も多く、少し涼しかった。
日中の温度28度、湿度31%。夜21度、50%。

格差拡大

今日はサンタ・イネスのベラシオン。もう第2金曜日だ。まだ、サンタ・イネス位だと、それ程大規模ではないが、次はホコテナンゴで、もうだいぶ大きくなる。やっぱり、サンタ・イネスはどう見ても村だが、ホコテナンゴは完全に町という感じ。人口が違うと思う。当然ホコテナンゴの人たちは、自分の町のベラシオン、プロセシオンなので、気合が入るし、アンティグア内の小さな教会よりは信者も多いだろう。
20年も前は、まだ、今ほどの人が集まるものではなかったが、人がたくさん来るようになるにつれ、人気度で、集客の差が広がってきているように思う。不思議なのは、アンティグアにあるサン・フランシスコ教会などは、教会としては大きいし、ミサにも結構人が来ているようなのに、セマナ・サンタの行事となると、今ひとつで、周りの村の教会の方が、人を集めている。
以前は先述の様に、それほど差が目立たがなかったが、今のようにものすごい人が来るようになると、集まるところはものすごいが、このサン・フランシスコ教会のように、集客力が今一のところとの差が目立つようになってしまったように思う。
サン・フランシスコ教会はアタバルからも近いので、頑張ってほしいと思うんだが。いったんついたイメージを変えるのは並大抵のことではないと思う。
今日は天気が良く、朝もここ数日よりは暖かかったように思う。日中は湿度も高く、気温以上に暑く感じた。
日中の温度30度、湿度44%。夜22度、57%。

市場やスーパーに行くときに、中央公園を通っていくんだが、この時に、大抵フエゴ火山を見るようにしている。このフエゴ火山は先日結構大きな噴火で、麓の人たちがなくなっているところ。
アンティグアから見えるんだが、遠いので噴火をしてもあまり影響はない。強いて言えば、火山灰の細かいのが飛んできて、洗濯物に付いたりするくらいか。それでも、あの噴火からなんとなくこの火山を見る習慣が付いた。
活火山なので、結構噴火して煙を噴き上げていることが多い。よくまあこれだけ噴き出すものがあるんだと思うほど。時には雲で見えないこともあるが、最近はカラッと晴れている日が多いので、良く見える。
噴火する音も時々聞こえる。アタバルの1階にいるとほとんど聞こえないが、2階に行くと聞こえることがある。後は周りが静かになった夜遅い時間に聞こえる。こういう音を聞いていると、確かに地球は生きて動いているんだという感じがする。まあ、麓に今はあまり人がいないはずだが、近くの人はそれどころじゃないのかもしれない。
午前中市場に買い物に行き、いろいろ見てきたんだが、今週の日曜定食はチキン南蛮のにする予定。
今日はやはり朝のうちちょっとひんやりしていたが、天気が良く、日中は気温が高い。それでも、夜になると涼しくなるのは助かる。
日中の温度30度、湿度41%。夜22度、59%。

アンティグア違い

アンティグアという町の名前は、正確に言うとサンティアゴ・デ・ロス・カバジェロス・デ・グアテマラというんだが、今はアンティグアという事になっている。これとは別にアンティグア・バーブーダというカリブ海に浮かぶ島があって、こちらは国の名前。
今朝、6時を少し過ぎたころに、呼び鈴が鳴った。こんな時間に何だろうと思ったら、今日から始める生徒さん。肩で息をしている。こんな時間に大急ぎで来るなんて一大事かと思って出ていくと、「遅くなってすみません。」と言われた。こちらは訳が分からずキョトンとしてしまった。
話してみると着いたばかりで、スマホの時計の合わせ方を間違って、8時の始業時間を過ぎていると思っているらしい。説明をして、まだ早いと納得してもらったんだが、その後考えていたら、どうやらスマホの時計アプリを見てアンティグアとあったので、カリブ海の島の方のアンティグア・バーブーダの時間に合わせていたようだ。確かにアンティグア・バーブーダの時間を調べてみるとグアテマラより2時間進んでいる。
まだ、朝早いので、大抵の店は閉まっているし、道路も静まり返っているんだが、来たばっかりだと、こんなもんだと思うのだろう。走ってきて、大変だったろう。
今日も朝のうちはやや肌寒かった。それでも、ここ数日のように曇ってはいなかったので、すぐに暖かくなり、日中はやはり暑い。午後の授業が始まった時には、また気温は30度。今日も水を撒いた。その後夕方から涼しくなってきて、夜はまたちょっと肌寒い。寝るのには良い感じ。
日中の温度30度、湿度42%。夜21度、57%。

偽物

アンティグアで宝くじを売っていた全盲の人が捕まったという。どうやらこの宝くじそのものが偽物だったらしい。しかも、全盲というのも嘘だったという話だ。先日の消防隊員と名乗って、寄付を募っていた人達が属する消防隊が、実は車すらちゃんと持っていない怪しげな物だったというのを思い出した。
こちらの消防隊の人達は未だに寄付を募っている。まあ、完全に否定することはできないというのがあるらしい。一応消防隊としての許可は(こちらもかなり灰色な感じだが)、持っているらしい。しかし、知り合いの話では、車を持っていないので、当然火事や緊急の事態が起こっても、彼らが出ていくことはなく、隊長はこれで生活をしているという。
まあ、いろいろなことを考えるものだと感心するが、これがニュースになって、寄付が集まらなくなったのか、最近は立て続けに呼び鈴を鳴らして、寄付をしてくれと言ってきた。当然知らん顔をしたんだが、先日も道を歩いている外国人を呼び止めて、何らかの寄付をしてもらっているところを見た。隊長は、何人も使って、そこからの上りで暮らしていけるのかもしれないが、下っ端の人達は、これで生活ができるのかちょっと不思議。
一応アタバルにいつも来る消防隊の人がんだが、こちらはちゃんと働いていて、僕も以前に一度お世話になったことがある。しかし、ああいうニュースが出ると、こういう人たちにも影響があるんだろうと思う。
今日は午前中曇りがちで、ちょっと肌寒いくらいだったが、昼前から晴れてきて、午後は結構暑い。
日中の温度28度、湿度34%。夜21度、49%。

暑い日は

今日も暑い一日。やっぱり四旬節になった感じがする。今日の午後は30度に達していたので、屋根に水を撒いた。これで1度下がる。たった1度だが、それでも、やらないよりはだいぶましだと思う。
まあ、屋根の材質にもよるんだろう。これが、屋根もコンクリートでできれば、だいぶ涼しいんじゃないかと思うんだが、アンティグアは世界遺産の町で、コンクリートを屋根に使ってはいけないことになっている。このため、道路に近いところはコンクリートを使っていなくて、瓦に似せた屋根になっている。これが太陽に熱せられると、かなり暑くなり、手を上にあげると熱気を感じる。
ここに水を撒くと、すっと温度が下がるのは、当然と言えば当然。何しろ、水を撒いて、ちょっと一服して温度計を見ると、ちゃんと1度下がっている。エアコンをつけるというのは建物の構造的に難しいというか、付けてもこの構造ではほぼ無駄になりそうなので、この水を撒くのが一番簡単で効果的な気がする。
夜になって風が少しあるので、涼しくなった。気温は高かったが、湿度が低いので、そういう点では昼間も日陰を歩いている分には、気温ほどの厚さは感じなかったように思う。いつもと同じくらい昼過ぎに歩いたんだが、汗はそれほどかかなかった。
それよりも、こう暑くなってくると、蚊が出てくるのが厄介。まだ雨季ではないので、かなりましな方だが、カナブンは最近夜になると良く飛んでくる。
日中の温度30度、湿度25%。夜22度、47%。

最後に

今日ウーバーでサン・ルーカスまで行ったんだが、帰りに、やはりウーバーで帰ってこようとしたら、来た運転手が、突然「ウーバーのサービスをキャンセルして、普通のサービスとして、アンティグアに行く。」と言った。
最初は何のことだかわからなかった。そうしたらウーバーでは売り上げの3割を会社に納めないといけないので、その分を浮かせたいという事らしい。何しろ最初に良くわからないうちに、キャンセルされてしまったので、料金はどうなるのか?と聞くと、ウーバーと同じで良いという。運転手の側からキャンセルをしたので、キャンセル料はかからないという。
初めてそんなことを言われて、なんだか良くわからないうちに、そうなってしまったんだが、乗ってから考えてみたら、結構ひどいやり方だと思う。確かに3割取られるのは大変なんだろうが、そのシステムを利用してるんだから、それはしょうがないように思う。こんなことばっかりやる人が出てきたら、ウーバーも大変だろう。
結局、帰ってから見たら、どうやらキャンセル料も取られているようだ。なんだか良くわからないが、今度からはキャンセル料も取られるし、嫌だと断ることにしようと思う。昼に美味しい地鶏のスープを食べて気分が良かったんだが、最後に気分が悪い感じ。
今日も天気が良く暑い。
日曜定食はジャージャー麺で28人。
日中の温度30度、湿度45%。夜21度、51%。

鳥の糞

いつも通り、夜ご飯を食べに出かけた。今日は何しろすごく暑かったので、ちょっと早めに出て、公園で座って涼を取っていた。そうしたらいきなり上から何か落ちてきて、右胸の辺りに当たった。虫だと思って、見たら、なんと鳥の糞。確かに、このベンチの辺りは、鳥の糞が沢山落ちていて、座ろうか一瞬躊躇したくらい。
すぐに、ティッシュペーパーで拭いたんだが、ペトラは「牛が空を飛べなくて良かった。」と言って笑っている。横に座っていた人も、「ゴール。」と言って喜んでいる。まあ、確かに牛が空を飛べて、木にとまって糞が落ちてきたら、ティッシュペーパーくらいじゃどうしようもないだろう。公園のベンチに座るときは、あまり糞が落ちてないようなところを選んだ方が良さそうだ。
以前は鳥がそんなにいなかったので、こういう問題は考えなくて良かった。ここ数年ハトをはじめ、インコやらいろんな鳥がものすごく増えたので、うかうか座ってると、こういう目に合う。何しろハトなど、普通に公園を歩いていても、糞図蹴るんじゃないかと不安に思うほどたくさんいる。まあ、服の上だったのが幸い。糞の害は人間よりも、カテドラルなど、公園に面したところの建物が大変だと思う。
今朝起きた時は少しヒンヤリしていたが、日中は天気が良く猛烈に暑い。昨日の天気予報は当たったようだ。何しろ市場で買い物をしていても、汗が噴き出してくるほど。今年初めて30度になったんじゃないだろうか。
日中の温度30度、湿度41%。夜21度、52%。

最初の金曜日

今日車やバイクで来る先生たちは比較的早く到着。何だろうと思っていたら、今日は四旬節の最初の金曜日で学校が休みになるらしい。それで、道が空いていて、さっさと来られたという事だ。
グアテマラシティーほどではないが、アンティグアもそんな道路が混むことがあるなんて、なんだかすごいことだと思う。まあ、信号という物がないので、そういう意味でも混乱があるのかもしれない。もちろん、学校があるときなど混む道の四つ角には警官がいて、交通整理をしているんだが、市場の前で立って交通整理をしている警官も、時にはその辺の人と話し込んでいて、仕事がほっぽらかしになっていることがある。機械のように律義にやることはない。
僕がこちらに住み始めたころは、当然、そんなものはなく、だれもがアンティグアで信号が必要だなんて思っていなかったはずだ。住んでいて、車を持っていない者としては、もっと車の乗り入れを規制して、景観を守るようにした方が良いんじゃないかと思うんだが、今の世の中でそういう事をするのはなかなか難しいのかもしれない。
今日はサンタ・カタリーナというアンティグアから3キロくらい離れた村でベラシオンがあるはず。逆に夜の方がベラシオンに行く車が出るんじゃないかと思う。
天気予報では明日から暑くなると言っていた。まあ今日も風があったので、体感気温はそれほどでもなかったが、外を歩いたりするとかなり汗をかく。
日中の温度28度、湿度38%。夜21度、52%。

復活

今朝の天気予報では明日まで寒波の影響があると言っていた。確かに朝起きた時には、ちょっと寒かった。午前中も風が強く、結構肌寒い。それでも、午前中市場に買い物に行くころにはだいぶ暖かくなってきて、午後は逆にかなり暑い。温度計を見ると気温も高くなっている。まあ、これ位だったら、寒いより良いように思うが、なんだか変な天気だ。
今週の日曜定食はジャージャー麺にする予定。ずっと以前に何回かやったことがあるが、その後やるのをやめていた。特に理由があったわけではないんだが、麺だとご飯を付けるわけにいかないので、なんとなくやりにくくて、やめていた。それでも、以前から良く食べに来る人に、またやらないのか?と聞かれて、それからいろいろ考えていた。
麺の値段などを調べていたんだが、まあまあこれなら良さそうというのが見つかったので、この際やってみることにした。しかし、付け合わせが難しい。ご飯を付けないと、あまり腹にたまらないんじゃないかという気がするので、それを何とかして、だからと言って、麺はやっぱり高くつくので、そちらでもなんとかなる様に考えた。
結局根菜を煮たものを付け合わせにすることにした。それと、ジャージャー麺は汁気がないので、スープはいつも通りにつける。これで何とかなると思うんだが、まあ、実際に日曜日になってやってみないとわからないので、ちょっと緊張する。
夜になって風があるので、外にいるとちょっと肌寒いが、部屋の中にいたら寒いことはない。天気予報では、明日もまだ寒波の影響があると言っていた。
日中の温度29度、湿度31%。夜21度、52%。

灰の水曜日

今日は灰の水曜日。街を歩いていたら、行きかう人が結構この灰の水曜日のミサに行ったらしく、おでこに灰で書いた十字架を付けている。しかし、いい大人でも午前中から付けてる人もかなりいるんだが、そう言う人はいつミサに行ってるのかと思う。
カソリックの学校が多いので、そう言う学校に通っている子供は学校でミサに行っておでこに十字架を付けてもらうんだろうが、大人は仕事がよっぽど時間の自由が利く仕事でないと、そんな午前中からミサなんて行っていられないと思うんだが。
先週の土曜日の先走ったプロセシオンは別として、これで今日から正式に四旬節。40日間続くお祭りだから、かなり長い。アンティグアで観光客向けの商売をしている人にとっては、最大のかき入れ時となる。普段は商売をしてない家も、門を開いて、焼き肉やジュースなどを売るところが多い。
商売をしないところでも、各教会の信徒グループに属している人も多く、そういうところは、プロセシオンやその前にやるベラシオンの資金集めに各家庭を訪問したり、その準備で忙しくなる。
お祭り自体はキリストの受難を再現するものなので、日本のお祭りの感じとはちょっと違う。何しろこの四旬節の期間は敬虔な人は肉を食べないほどだ。パーティーをしたり、お祝い事もしないと言う人は今も結構いる。まあ、ちょっと日本人が想像するお祭りとは違う感じがある。
今日も風が強く、気温がちょっと上がらない。やっぱり寒波が来ているらしい。
日中の温度26度、湿度41%。夜20度、50%。

卵の殻

昨日は雨が降って変な感じだったが、今朝も朝起きた時はちょっと曇り勝ち。そんなに寒くはなかったが、その後もすっきり晴れてこなくて、雲が多い。それで、気温も今一つ上がらず、過ごしやすいと言えば、過ごしやすい。午後から晴れてきたが、風が強くて、結局それほど暑くはならなかった。
今日はカーニバル。アンティグアでは特に行事はないんだが、子供などは卵の殻に紙きれを詰めた物を頭で割って遊んだりする。これをやられると、紙切れだらけになって、服の中に入るとチクチクしたりするので、ちょっと気持ちが悪い。
もうだいぶ前から市場ではこのために、卵の殻や中に入れる紙切れ、もう既に卵の殻の中に紙切れを入れたものなどをたくさん売っている。街を歩いていたら、喫茶店で、コーヒーを注文したら、この卵の殻に紙切れを詰めた物を一個プレゼントというサービスをやっていた。まあいろいろ考えるものだ。
今日市場に買い物に行くと、うっかりしていると、この卵の殻を割られると言って、ペトラなどは市場に行きたがらない。まあ火曜日だから特に市場に行く用事がないので良いんだが。まあ、卵の殻も今日売れなかったらあと1年取っておかないといけなくなるので、あまりそうだったら使ってしまった方が良いという気になるのかもしれない。
結局雨は降らなかったものの、風が強く、夜になって、ここ数日より少し肌寒い。やっと3月らしい天気になっていたのに、またちょっと後戻りした感じ。
日中の温度26度、湿度40%。夜20度、54%。

先走り

明日はカーニバル。まあアンティグアではカーニバルはほとんど祝わない。明後日が灰の水曜日なんだか、ここから四旬節が始まる。ところが、先週の金曜日の晩にプロセシオンが通ったと書いたが、ペトラはこういう行事はあまり知らないので、なんだかわからなかったんだが、今日先生たちに聞いてみた。
まあ、説明を聞いても、なんだか良くわからなかったんだが、今年は特別、各教会のプロセシオンを出す信徒のグループが集まって、このプロセシオンを出したという。更に、あれはプロセシオンではなく、ビア・クルスだという。本当にこういうのは、全然理解できない。どうやらプロセシオンというのは山車があって、それを担いで歩くものだが、ビア・クルスは、そういうものはなくて、信者の人が歩くだけのようだ。とすれば、金曜日のは、山車があって担いでいたので、プロセシオンだったと思うんだが。もしかしたら、違う行事があったのかもしれない。
まあ、なんだか良くわからないんだが、やっぱり今年は四旬節が始まるのが遅いので、待ちきれずにやったんじゃないかという僕の説はそれほど間違ってなかったんじゃないかという感じ。
早すぎると言えば、今日、午後6時を過ぎたころから雷が鳴り始めて、わりと一瞬だったが、そこそこ強い雨が降った。雨季の天気のようだ。雨季は4月の終わりくらいだと思うんだが。
日中の温度29度、湿度47%。夜22度、60%。

まだ始まっていないはず

いよいよ今週の水曜日は灰の水曜日。四旬節が始まる。ところが、金曜日の晩に、なんだかプロセシオンの音楽が聞こえて来て、どこかで録音したものを流しているのかと思っていたら、なんと本当にプロセシオンが通った。
これはビックリ。こんなことは以前はなかったように思う。もしかしたら気が付かなかっただけかもしれないが、灰の水曜日以前にプロセシオンなんて、全く記憶にない。今年は四旬節が始まるのが遅いので、待ちきれなかったのかなんだかわからないが、一体どういう事だろう。
以前、向かいに住んでいた人が、セマナ・サンタと四旬節の行事が好きで、年がら年中このプロセシオンの時に流す、葬送行進曲の類の音楽をテープで聞いていたのを思い出した。お祭り好きといえば、それまでなのかもしれないが、このお祭りはいわゆるイエス・キリストが十字架にかけられたのを記念するものなので、明るい賑やかなものではない。だから、周りの人はみんな、こんな時期にこんな曲をかけるのはやめておいてくれって言っていたらしいが、それでもたまに聞こえて来ていた。
まあ、アンティグアでは最大のお祭りで、ある種アンティグアを象徴するような行事なので、思い入れがあるのはわからないでもない。
今日の日曜定食は豚肉の生姜焼きで40人。
今日も天気が良く暑い一日。
日中の温度28度、湿度50%。夜21度、61%。

パイナップル入りハンバーガー

今日の夜はまたア・マノというところにハンバーガーを食べに行った。ここは、もうだいぶ前から時々行っている。ここのハンバーガーは結構好きだ。以前はフレンド・サンドイッチのハンバーガーの方がおいしいと思っていたんだが、パティを変えてから、だいぶ好みの度合いが下がってしまったので、今はア・マノの方が好み。
アンティグアでは、値段を考えなければ、エピクレのハンバーガーとサン・マルティンの名前は忘れちゃったが、マッシュルームの入ったハンバーガー(ここは他のを食べたこともあるが、あまりピンとこなかった。)と、このア・マノのハンバーガーが好み。
もちろん、ハンバーガーなんて大抵のレストランで出しているので、もっとおいしいところがないわけではないだろうが、今のところ僕の中ではこの3つ。ただ、他の2つの店は、ハンバーガーにしては、かなり良い値段がするので、値段と質を考えたら、ここが一番。他にもおいしいところがあったら教えてほしい。
今日も普通のハンバーガーを頼むつもりだったが、お兄ちゃんが、最初カレーバーガーと聞こえたので、多分キャリーバーガーと言ったんだと思うが、そういうのがあるというので、それを食べてみた。なんと焼いたパイナップルが入ってるんだが、これも意外に肉の味を邪魔せずにおいしかった。ロサンゼルス育ちのお兄ちゃんが作ってくれたんだが、なかなかやると思った。
今日も天気が良く暑い。
日中の温度28度、湿度42%。夜20度、54%。

出窓に注意

先日歩いていたら、白人の年配の女性が道端に座っていて、その連れと思われる人が顔を覗き込んでいて、しばらくしたら、今度は市の警官が来て、話しかけていた。何だろうと思って見ていたんだが、近づいてみたら、女性は頭を押さえていて、そのうち救急車も来た。どうやら歩いていて出窓の角に頭をぶつけたらしい。しかし、よっぽど急いで歩いていたのか、何か振り向いたりした拍子にぶつけたのかだと思っていた。
それから2,3週間後だと思う。今度はいきなり前を歩いていた、これも女性だったが、急にしゃがみこんだ。ペトラと一緒に歩いていたんだが、ペトラに言わせると、女性がやはり通りに出ている窓の角に頭をぶつけたんだという。僕は気が付かなかったので、聞こえなかったように思うが、かなりの音がしたと言っていた。この女性は別に急いでいる風もなく、普通に歩いていたぶつかった。やはりしゃがみこんで頭から出血しているようだった。
道を歩いていると、時々ペトラに窓に気をつけろと言われるんだが、幸い僕はまだこういう目にあったことがない。今まで、ぶつけた人は見たことが上記以前に2人くらいいるが、そんなにひどいけがをしたような人は見たことがなく、笑って頭をさすって歩き続けるくらいの程度だった。それが、今年に入っていきなり立て続けに2人も怪我をしたのを見て、かなり驚いた。やっぱり道を歩くときは出窓に気を付けた方が良いらしい。
今日は朝それほど寒くなく、日中はかなり暑い。夕方曇って来て雨が降りそうだった。グアテマラシティーでは降ったという。
日中の温度28度、湿度48%。夜21度、58%。