スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



明日から

明日から今月30日まで2週間お休みをいただいて、ロサンゼルスに行くことになっている。もちろんその間もアタバルは留守番を頼んであるので、通常通り営業をする。ちょうどセマナ・サンタの真っ盛りにと思うが、ペトラも最近は人ごみの中を出歩くのは大変だと言うので、この時期になった。そうしたら、今日はものすごく暑い。何しろ日中の気温が32度。どうやらロサンゼルスは、だいぶ涼しそうなので、避暑という感じ。
留守中のことはいつも通り先生たちにお願いしてある。もう8年くらい留守中はこの体制なので、恐らく問題ないと思う。アンティグアに住んでいる日本人の方々にも、いろいろお願いしてあるので安心だ。
当然PCとスマホを持って行くし、ネットも常に使えるようにしてあるので、何かあれば、メール、Skypeなどで、いつでも連絡が付くようにしている。何かあれば、急ぎの場合はSkypeや担当の先生に行ってもらえればWhatAppなどで連絡してもらえるようになっているし、それ程緊急でなければメールでも連絡が付く。便利な世の中になったものだといつも思う。
今日は日中外出したが、何しろ暑いので、ぐったりしてくる。人が多いので、更に蒸し暑く感じる。こういう時くらいアンティグアへの車の乗り入れを禁止すればいいように思うんだが、なかなかそういうことはしないようだ。しかし、歩道部分は座っている人や、立ち止まっている人が多く、なかなか歩きにくいので、つい車道に降りて歩いてしまう。少なくとも、人通りの多い道くらい車が通れなくするようにできないものかと思う。
日中の温度32度、湿度36%。夜22度、46%。
スポンサーサイト




しゃれた店

昼ご飯にエスツファロハというレストランに行ってみた。以前から行ってみたかったところ。アタバルのすぐ横の角を曲がってすぐのところにある。ただ、アドラというホステルの中にあるので、わかりにくい。更に営業が水曜日から土曜日らしいので、これまたなかなか行く機会がなかった。ここのオーナー・シェフが日曜日に良く食事に来てくれるので、興味があった。
ただ、アンティグアでは相当高級な部類に入る。大体メインの料理は150ケツアルから(約2250円)。サラダと僕は魚(シイラ)、ペトラは豚を選んだ。知り合いなので、今メニューに加えるか検討中という家鴨のレバーのパテを最初に出してくれた。
おいしい。結構な量があって、これだけで結構腹ができてしまう。サラダは割とちょっと。メインの魚はジャガイモを粉状にした物を付けて揚げ焼きのようにしてある。下にほうれん草、わきにトマトなどの焼いたものが付いていて、出てきたときの匂いがものすごくよかった。横についてたちょっと泡状のソース?を付けて食べるとなかなかおいしい。
ペトラの豚肉はかなりの量。ベリー類のソースが付いている。豚肉はすごく柔らかくて、不思議な食感。周りは焼き目が付いているが、焼いてもこうはならないと思うので、不思議。
ちょっと気張ってしゃれた感じの物を食べたい時にはおすすめ。
今日は天気が良く暑いが、風があって夜は涼しい。
日中の温度30度、湿度37%。夜21度、53%。


町中は

今日はラ・メルセー教会のベラシオン。もうこの日曜日は枝の主日でセマナ・サンタが始まる。今日は子供のプロセシオンなどがあるんだが、もうかなりの人がアンティグアに集まっている。
先生たちも特に車やバイクなどで通ってくる人は、道が混んでいて、遠回りしたとか、身動きが取れなくなったとか、こぼしている。それだけの人が集まっているわけだ。何しろ、普通の小学校などは今日から休みになっているらしい。
昼過ぎに用事で外出した時も、帰り道に中央公園のところを通ったら、ちょうど子供のプロセシオンがカテドラルの前を通っていて、足止めを食らった。
しばらく眺めていたんだが、そんなことしていたら、遅くなると思い、プロセシオンが通った方に大きく迂回してやっと通り抜けてきた。まあ今日から来週はどうしてもこういうことになる。その分、アンティグアの商売をしている人たちにとっては、大変な商売の機会になるわけだ。
ただ、レストランの人達は意外と冷静。セマナ・サンタは人は多いけど、大抵の人は食べ物を持って来ていたり、テイクアウトの安いフライドチキンやピザを買って、道端や公園で食べるので、あまり商売にならないと言う人も多い。
昨日は雷が鳴っただけで、結局雨が降らなかった。今日はやっぱり朝から天気が良く、日中はかなり暑くなった。その後、今日は雷も鳴らなず夜もちょっと暑い。
日中の温度30度、湿度35%。夜22度、54%。

混んでいるのか

ここの所、携帯電話の4Gのネットワークへのつながりが悪い。外を歩いていると、気が付かないうちに、表示が3Gになっている。こうなっていると、どうやら基本的につながっていないようだ。理由は良くわからない。もしかしたら、僕の携帯電話は中国製のものなので、こちらの3Gのネットワークのバンドをカバーしてないのかと思ったりする。
こういうのは本当に良くわからない。もう少し統一した規格にしてもらえないものかとつくづく思う。
ただ、ここ数日のつながりの悪さは、恐らく、来週がセマナ・サンタで、アンティグアに人がかなり増えているせいじゃないかと思っている。幸い有線のネットの方は、たまに、ちょっと遅いかなと思うことがなくはないが、普通の使用に問題なく稼働している。
まあ、携帯の方はネットワーク用に使っているのが格安シムなのでやっぱり通常のより冷遇されてるんだろうか。
まあこの格安シムは、今まではほとんど問題なく使えてきているので、なかなか良いサービスだと思う。特に僕のように、動画を見たり、外出先でネットをガンガン使ったりすることがまずない人にとっては、安くて良い。まあ、もう少しいろいろな格安シムが出てきて、選択肢が増えると良いのだが。
今日は朝のうち怪しげな雲もあったが、基本的にはずっと良い天気。雨が降りそうな様子はない。その分日中は暑く、30.5度くらいあった。そう思っていた午後6時ごろになっていきなり雷が鳴り始めた。でも、結局雨は降らなかったようだ。
日中の温度30度、湿度38%。夜23度、57%。

爆竹

今朝朝食の用意をしていたら、外で爆竹の音がして、驚いた。なんでなんだか良くわからないんだが、グアテマラでは誕生日とかに朝早くに爆竹を外でやる習慣がある。爆竹なんて元々が中国からはいったものだと思うので、それ程昔からの習慣ではないはずだ。
まあ、お祝いで爆竹を鳴らすのは、わからなくはないんだが、なにも朝早くにならす必要はないんじゃないかと思う。昔だったら、皆日の出とともに起きたのかもしれないが、今はそんなことない人も多いはずで、もっと寝ていたいのに、これで起きてしまう人もいるだろう。とはいえ未だに一般のグアテマラの人は結構早起き。
そもそも、爆竹を鳴らして、近隣にお祝いだと知らせる必要なんて、あまりないように思う。あれは誕生日の時にならしてもらうと嬉しいんだろうか?
誕生日でなくてもお祝い事では爆竹を鳴らすことが多い。爆竹がなかったときはどうしてたんだろうと思うほど。普通の花火くらいだったら、まだきれいなものがあるので、わからなくはないんだが。
今日も朝から天気が良く、日中はかなり暑い。昼過ぎに外に出かけたら、やっぱり汗だくになる。ところが、またしても夕方に雷がゴロゴロなり始め、雨が降った。本当に雨季の天気という感じ。ただ、今日もそれほど強くは降らず、ショボショボと降って、すぐに止んでしまった。これでは、あまり涼しくはならない。むしろ、地上の熱が上記になって上がってくる感じ。
日中の温度30度、湿度44%。夜21度、60%。

昼のジュース

もう今週の日曜日は枝の主日だ。これが、セマナ・サンタの初日となる。この前四旬節が始まったと思ったら、もうセマナ・サンタになる。いつもの事だが、時間のたつのが早いのに驚く。そう言っていると、今日はまた夕方5時半を過ぎたころから雨。セマナ・サンタにになる前に雨季になったかのような天気。
ここの所、昼ご飯の時に飲む果物のジュースで、ベリー類が気に入っている。やっぱりイチゴは間違いなくおいしい。そのまま食べるには日本の物のように甘くないので、ジュースにして、砂糖を入れて飲むとおいしい。
それ以外にもグアテマラにはブラックベリーもブルーベリーもレッド・ラズベリーもあり、どれもかなり楽しめる。更にベリー類ではないがアセロラも最近好んでジュースにするもので、売っていると大抵買うようにしている。
アセロラはビタミンCが豊富なことで有名だが、中南米原産の果物らしい。ネットなどで見ると、サクランボくらいの大きさなんだが、市場で探していると、スモモくらいの大きさの物もある。ジュースにした味は、ベリー類にちょっと似た感じがする。
これ以外にはグアナバとグアバ。グアバはなかなかないが、グアナバは最近よく見かけるので、これもジュースにするとすごくおいしい。同じバンレイシ属でもチリモヤを見かけてジュースにしたんだが、こちらは今一だった。
日中は天気が良く、昼は暑かった。夕方の雨も一瞬。
日中の温度30度、湿度47%。夜21度、63%。

プロセシオンを担ぐには

やはり昨日のプロセシオンを見に来た人の数はすごかったらしい。何しろ、町中を歩くのも結構大変だった。昼を食べに出かけたんだが、12時ちょっと前に出て、人が多そうな4カジェを避けて、5カジェ側に行ったんだが、もうすごい人。
アタバルの前をプロセシオンが通ったのは、恐らく1時半前後だろう。通る時と、その直後は、大変そうなので、それを避けようと思ったんだが、2時過ぎに帰ってきて、ちょうど良かった感じ。
ペトラはネットで今プロセシオンがどこを通ってるか調べられないのかというが、さすがにそういうのはまだないと思う。まあ悪くないアイデアだとは思う。伝統的手段として一番有効なのは、紫の服を着ている人に、今プロセシオンはどの辺かと聞くことだろう。
紫の服を着ている人はプロセシオンを担ぐためについて歩いていることが多いので、「さっきこの辺だったから、今はここくらいだろう。」といった感じで、結構正確な情報を教えてくれる。
この紫の服は、男性がプロセシオンを担ぐときの決まりの服で、これを着ていないと担がせてもらえない。もちろん、人が集まらないところのはそんなこと言っていられないので、最後の方などそこら辺の人が助けているが、昨日の様に人がたくさん集まるところは、更に服装規定があるらしく、昨日の物などその紫の服の下にちゃんとしたズボンをはいていないといけないらしく、チェックされて、担がせてもらえなかった人もいるらしい。
今日も天気が良く暑い。
日中の温度29度、湿度45%。夜22度、56%。

個性派

昨日の晩、またハンバーガーを食べた。トレ・フラテリに行って、パスタを食べるつもりで歩いていたら、その向かいに小さな店があるのを見て、そちらに入ってしまった。その店は一瞬床屋かと思うような作りだが、結構小綺麗にしている。
アルダとかいう名前だったと思う。誰かの名前かと思っていたが、ウクライナ語だかハンガリー語だかでようこそといったような意味だそうだ。ずいぶん変わった店名。メニューはサンドイッチ(鳥、牛、腸詰、野菜、ミックス)とタコス(サンドイッチと同じような感じ)とハンバーガー(鳥、牛)と飲み物のみ。なかなかすっきりしたメニュー。
僕は牛のハンバーガー。ペトラは鳥のハンバーガー。更に腸詰のサンドイッチを頼んだ。ハンバーガーは25ケツアル(約375円)。フライドポテトが付いてくる。変わっているのは店名だけでなく、料理もかなり個性的。まず、ポテトだが、脂っこくなくてどうやって作ってるのかとちょっと不思議。ただ、塩だけでなく恐らくオレガノだと思うが、思いっきりかかっていて、オレガノの味と香りがすごい。
ハンバーガーもチーズが乗っているが、レタス(サニーレタス)がかなり入っているし、マヨネーズベースのソースがかかっているんだが、これはタコスと兼用なんだと思うが、恐らくコリアンダーが入っている。なんといってもパンが独特。普通のパン屋で売っているハンバーガー用のパンではない。ちょっとポソポソしていて僕は好みでないが、ペトラはおいしいという。あまり不思議だったので、聞いてみたら、近くのパン屋で特注しているという。なかなか凝ったことをするものだ。玉ねぎやトマトなどは感じられない。これらの総合的な効果で全体的な味は、まずい訳ではないが、我々がハンバーガーと言った時に思う味とはかなり違っている。どれもやや塩味が弱い。3品と炭酸水を頼んで81ケツアル。ちょっと変わったハンバーガーを食べたい時に行ってみると良いかもしれない。
日中の温度30度、湿度44%。夜22度、64%。

渋滞

昨日、今週の日曜日は100万人くらいの観光客が内外から来ると予想されていると書いたが、あながち大げさでもないようだ。何しろ、今日市場の中は確かに人が多かったが、まあ月末など多い時はこんなもんだという感じだった。ところが、市場からの帰り、荷物が多いのでトゥクトゥクで帰って来るんだが、これが、道が渋滞していて、歩いた方が早いんじゃないかと思うくらい。
土曜日はいつも混むので、特に混雑していそうな市場の前の道を避けて、2カジェの方に出て、2カジェを通って帰って来るんだが、それでも、ノロノロしてなかなか進まない。恐らく観光できた人とかは、さっさと道を走るより、周りを見ながらゆっくり走るんだろう。更に道端に駐車しようと言う人が、空いた場所を求めて、これまたノロノロ走るので、全然進まない。
2カジェの辺りはちょっと中心から外れているため、駐車をする車が多かったように思う。そういう意味では、あまり駐車する場所がない6カジェをいつも通り通った方が早かったかもしれない。
トゥクトゥクの運転手も、客は多いんだけど、移動に時間がかかるので、思ったように稼げないとボヤいていた。
昨日は夜11時ごろから雨が降り始め、その後降ったり止んだりで、結構強く降る時もあったようだ。今日は朝から天気が良く暑いが、また夜になって雨が降りそうな感じ。
日中の温度29度、湿度46%。夜21度、64%。

たくさんの人が

今日はサン・バルトロのベラシオン。日曜日はここからプロセシオンが出るんだが、これは四旬節の中では最大の物だと思う。グアテマラのテレビ局も、中継をしに来るという事で、宣伝をしている。
なんでも100万人以上の観光客がアンティグアに来ることが予想されているんだそうだ。住んでいる人が5万人程度の町なので、ものすごい数の人が来ることになる。プロセシオンの担ぎ手だけで、20ブロックくらいの長さになるんだそうだ。
これだけの担ぎ手が出ると、当然一人一回担がせるためだけに、経路を延長しないといけなくなる。担ぎ手はお金を払って担ぐんだから当然1回は担がせてもらわないと納得しないだろう。
人気のないプロセシオンなどでは、何回も担がなくては行けなくて、最後の方はもう担ごうという人がいなくて、ずっとそのプロセシオンを組織しているグループの人たちが担いでいるというのに、ずいぶんな違い。
確かに、今日昼過ぎに外出した時にも、もはや通常よりかなり多い人が町中を歩いている。明日は市場も相当混雑するだろうと先生たちは言っている。四旬節の行事を見にアンティグアに来た人たちが市場に行くというのはあまりないように思うが、当然アンティグアに住んでいる人たちは親戚などが大挙してやってきたりするわけで、やっぱり買い物に来る人は多そうだ。
今日は朝から良い天気だったが、夕方はまた少し曇った。
日中の温度28度、湿度50%。夜21度、62%。


夕方から雨

今日は雨が降った。まあ、ここ数日雨が降りそうな雲の多い天気だったんだが、まだセマナ・サンタ前だし、今日も降らないと思っていた。そうしたら、今日は夕方4時ごろから雨。どうやらその前からパラパラときていたらしい。
ちょっと雨季には早いように思う。確か月曜日のニュースでは暑くなると言っていたように思うんだが、見間違いだったか。先生たちと話をしていたら、寒波が来ると言っていたというので、そちらの方が正しいんだろう。
曇っているおかげで、気温はそれほど上がらない。なんと言ってもこの時期に暑くないのはなんだか変な感じ。ペトラも鳥が雨を呼んで鳴いているというし、他にも朝、雨季の頃に鳴くような鳥がもう既に鳴き始めたという話も聞いた。確かに今年はセマナ・サンタ自体がちょっと遅めなので、セマナ・サンタに雨が降ってもおかしくないんだが、それにしてもまだ4月になったばかり、ちょっと早いように思う。
市場に行くと、まだキャベツが高い。雨が降らなくてキャベツが不作なんだという。この雨で、農業には恵みになってもらいたいものだ。
明日はサン・バルトロのベラシオン。もう第5週なので、この日曜日のプロセシオンは、四旬節では最大の物になる。相当人が集まると思うんだが、先生たちはもう町中の人出が増えているという。
今週の日曜定食はチンジャオロースの予定。
日中の温度27度、湿度55%。夜20度、64%。

候補者

もう4月。今年は選挙の年で、確か早く選挙をするという事で6月になったはず。という事はもうあと2か月だ。選挙は大統領選挙のみではなく、国会議員も選ぶし、各市町村長も選ぶ。
要するに選挙をすべてまとめてやってしまうという事だ。恐らく、それぞれに選挙をしてたら、どんどん投票率が下がりそうだし、準備する方も大変。当然経費もそれぞれにかかるので、そう言ったものをまとめてやった方が効率がいいという事なんだと思う。
それは良いんだが、その中で一番の大物と言える大統領選挙の候補者が、まだちゃんと決まっていないように見える。
なんだか候補になる資格の問題があったりするので、申請しても受け付けてもらえるかどうかがわかってなかったりして、実にややこしい。少なくとも僕の周りにいる人で、ちゃんと候補者を把握している人なんて、一人もいないと思う。
大統領選挙ですらそうなんだから、国会議員なんて、全く話題になってないし、市町村長だって、アンティグアではずいぶん大勢の人が立候補しているというのは聞くが、はっきり言って知らないような人も多く、なんだか良くわからない。これでは、まじめに投票に行く人がどれだけいるかかなり怪しい感じだ。
今日は朝からニュースで暑くなる暑くなると言っていたのに、午前中こそまあまあの天気だったが、昼頃から曇って来て、なんだか変な天気。
日中の温度26度、湿度53%。夜20度、64%。

発音

この記事、ちょっと長いが、言語に関係することだけに、面白く読んだ。時代と場所によって発音がこれだけ変わっていくとは思わなかった。ある程度の変化があるのは承知していたが、多少なりとも意識的に変わっていくものとは知らなかった。
こういうどういった発音がカッコいいとか、豊かに聞こえるとか、そう言う問題はテレビやインターネットが普及した今だったら、なんとなく全般的な傾向がすぐに行きわたりそうだが、そうでない昔は、一体どういう形でその地域なり国なりの統一した意識が形成されていくのか不思議な気がする。
そう言う点ではスペイン語はちょっと外れている部分があるんじゃないかとすら思う。隣の国同士があまり仲が良くないのは、世界中どこでも共通の問題だと思うが、メキシコでグアテマラ訛りのスペイン語を使っていると、田舎臭いと馬鹿にされることがある。まあそれはグアテマラも同じで、グアテマラでは一般的に単語のすべてをきちんと発音するんだが、エルサルバドルやホンジュラスの方では語尾の子音を発音しない。このため、グアテマラでは語尾の子音を消すのは田舎臭いと思われている。
だったら、グアテマラの人がメキシコ風の発音になるかというと、メキシコとあまり仲が良くないので、そうはならない。グアテマラのエルサルバドルなどに近い地方の人が、語尾の子音を発音するようにするかというと、グアテマラから南の国は語尾の子音を発音しない国が多いので、そちらの方がカッコいいと思っているのか、これまたそうはならない。
今日も天気が良く暑い。
日中の温度30度、湿度23%。夜23度、44%。

昔の習慣

やはり、四旬節になると魚が少なくなる。元々熱心なカソリックの教徒の人は、この時期肉を食べなかったらしい。らしいというのは、そもそも、僕の周りで今までそういう人を見たことがなかった。
ただ、肉がだめなのに、魚は良いというのは良くわからないが、この時期魚を食べる習慣は残っているらしい。ただ、グアテマラの人達は、やっぱり多くが山の中に住んでいるだけあって、結構魚が好きでない人が多い。エビだったら食べると言う人は、周囲に良くいる。そのため、以前ほどではないんだろうが、海産物の需要がこの時期増えるらしい。カソリックの行事で国全体のことなので、エビや魚が品薄になるんだろう。
まあ、基本的にはそういった習慣は失われてきているんだと思う。何しろ、熱心な信者の人は、昔は四旬節の時期はパーティーやらお祝い事はしない物だったという。しかし、今は結構毎週のように教会に行くような熱心な知り合いも、先日週末にパーティーをやっていたし、アタバルの周りのレストランなどでも貸切で花火をバンバン上げてパーティーをやっている。
今日はもう4月。もうすぐセマナ・サンタで、それが終わったらもう4月も後半。何とも早く時間がたつものだ。今日も朝から天気が良く、起きた時はまだちょっと肌寒かったが、その後すぐに暖かくなってきた。日中はカンカン照りで暑い。やっぱりこの時期はこうでないと気分が出ない。
日中の温度30度、湿度44%。夜22度、54%。