スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



エビ

ロサンゼルスに行くと、結構エビを食べる。もちろん、ペトラがエビ好きっていうことがあるんだが、なんだかロサンゼルスではエビが安いように思う。少なくとも、グアテマラでは、生の状態では豚肉などに比べエビは多少高いかもしれないが、牛肉だとエビと変わらないか、もっと高かったりする。これが料理になって店で出てくると、例えばアンティグアの中華の焼き飯で牛、豚、鳥肉は55ケツアルなのに、エビは70ケツアルだ。ちなみにエビのアヒージョのようなものは140ケツアル(18ドル強)。
これが、ロサンゼルスでは、エビも他の肉も同じ値段か変わっても1ドル程度のように感じる。生で食材を買う機会がないので、わからないが、最初はちょっと意外だった。さらに、いつも行くシーフードを揚げるか焼くかして売っている店のやや小さめのエビのフライはコールスロー、ポテトフライなどがついて、16ドル程度。量はかなりあり、エビは1ポンドとはいかないが、半ポンド以上はまず使っていると思われる。
さらに今回初めていった店。エビだけでなく、貝やカニ、ロブスターなどを茹でてビニール袋に入れ、ソースをかけて持ってくるだけ(皿もなくスプーンなどもなく、テーブルにワックスペーパーを敷いてあり、そこに殻をまき散らして食べる。)の豪快な店なんだが、ここでエビを頼んだ。メニューには1ポンドと書いてあったと思う。ジャガイモを茹でたものも入っているのでずっしりする。エビは殻付きだがかなり大きく食べでがある。これで12,3ドルだったと思う。混んでいるわけだと思う。
今日は曇る時もあったが、大体晴れていた。その割に気温はあまり上がらなかった。
日中の温度28度、湿度54%。夜23度、61%。
スポンサーサイト