スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



使ってみた

昨日書いたモコという果物?を使ってみた。買ってきてから、何に使うか考えていたんだが、特に思いつかず、冷蔵庫の中を見ると、ちょっと色が変わってきていたので、慌てて使うことにした。
味的には特に特徴はないし、薄味なので、この味を生かして料理というのは難しそう。やっぱり利用するには、このヌルヌルだと思う。それで、南蛮漬けのような物を作って、これにこのモコの中身を加えて、ヌルヌルさせてみた。
ただ、良くわからないので、1ケツアル(約15円)分しか買ってこなかったので、量は一握り。この中のヌルヌルの物だけを使うとなると、ごくわずかな量になりそう。最初は半分に切って、ヌルヌルを絞り出してみた。これは意外と難しい。何しろかなり粘度があり、手にくっついたりして、なかなか落ちて行かない。結局枝についている方を少しだけ切って絞り出すのが、一番効果的な感じだった。それでも、量的には大したことはない。手に付く方が多いんじゃないかと思うほど。
それでも、野菜と南蛮酢と合わせて混ぜてみると、見事にヌルヌルする。相当にこのヌルヌル度は高いようだ。味は南蛮酢と合わせているので、特にわからないが、このヌルヌルさせる材料としてはかなり有効だと思った。
今週の日曜定食は豚肉の生姜焼きの予定。
今日も朝から曇っていて、午前中に小雨が降った。午後も曇りがちだが
日中の温度24度、湿度54%。夜19度、73%。
スポンサーサイト