スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



サーモンと鮭

昼ご飯を食べに出かけて、サーモンを食べた。サーモンと書くとなんだが、鮭と書いた方がやっぱりしっくりする。ただ、ネットを見ていたら、サーモンと鮭は違うと書いてあった。いろいろ種類があって、それぞれ違うんだそうだ。
まあとにかく、グアテマラでサーモンを食べたことはなかった(?少なくとも記憶にはない)んだが、サーモンを焼いたものに、ニンジンなどで作ったソースが敷いてある物だった。本当にサーモンかどうかちょっと疑っていたんだが、最初ソースを点けずに食べてみたら、確かに鮭と言われると違うように思うが、それらしい味はする。ただ、塩気が薄いのもあり、日本の鮭を食べるような感じではない。これが、サーモンと鮭の違いなんだろうか。下に敷いてあるソースを付けて食べるとおいしい。
このソースはなかなかしっかり味が付いているので、塩味が薄いサーモンに付けるとちょうど良い。ただ、そうして食べると、はっきり言って、魚がサーモンである必然性はなくなるような気がする。この魚を淡白な白身系の魚(例えばシイラやスズキ)などに変えても、全然問題ないんじゃないかと思う。
今日の日曜定食はチンジャオロースで34人。明日は休みだし、天気もどんよりしている。それで、今日は少ないんじゃないかと思っていたら、予想外に来てくれた。出し終わって、自分の分を作ろうと思っていたら、5人来てくれたのにはちょっと慌てた。とはいえありがたいものだ。
日中の温度26度、湿度48%。夜19度、68%。
スポンサーサイト




カツサンド

夕飯をずいぶん久しぶりにウイーンに食べに行った。以前は結構良く行った店なんだが、最近あまり行かなくなっていた。別に何かあったわけではないんだが、市場の前の通りにあるので、アンティグアのちょうどアタバルの反対側になる。ちょっと遠いのと、結構出てくるのが遅かったりするので、なんとなく行かなくなっただけ。
それでも、最近ウイーンに行ったと言う話を聞いて、久しぶりにシュニツェルを食べたくなった。夜なので、シュニツェルが挟んであるサンドイッチを頼んだ。シュニツェルはいわゆるカツなんだが、肉は牛、豚、鳥から選べる。面白いのはサンドイッチの方が普通のシュニツェルを頼むより1ケツアルくらい高いこと。サンドイッチは50ケツアル(約750円)。安くはないが、かなり量がある。鳥肉のを頼んだ。
普通にシュニツェルを頼むと、ソースも何もないので、なんだかもごもごするんだが、サンドイッチは、マヨネーズとケチャップを合わせたようなソースがちょっと塗ってあって、野菜も入っているので、こちらの方が食べやすい。本当はチーズも入っているはずだったんだが、ペトラも同じものを頼んで、チーズなしと言ったので、僕の方もチーズなしになったようだ。付け合わせのフライドポテトも、ちゃんとジャガイモを揚げたもので、ちょっとフニャッとはしているが、なかなかおいしい。
今日はやはり朝起きた時少し肌寒かった。天気が良く日中は暑く、夜食事から帰り道小雨が降ってきた。慌てて帰って来てほとんど濡れなかったんだが、その後すぐに止んでしまった。
日中の温度28度、湿度35%。夜20度、59%。

一息

今日は6月最後の授業。今年も無事夏のボーナスを払い終えた。やっぱりこれを払い終えると、なんだかホッとする。先生たちも喜んでいた。まあ、あんまり喜んで一気に使ったりしないと良いんだが。
今年は早く払うんだと言われたんだが、毎年6月の最後に払ってると思っていたんだが、そうではなかったんだろうか?不思議に思って調べてみたら、去年も6月の最後に払っている。ただ、それ以前は7月の第1週の金曜日に払っているようだった。法律的にも、はっきりこの日に払うと決まっているわけではないようだ。大体7月の初めに払うことになっていると聞いたように思う。それも、1回で払うのが大変だったら2回に分けてもいいらしい。でも、そんなことするより、同じ金額を払うんだったら1回で払った方が、貰った方もうれしいんじゃないかと言う気がする。
来週の月曜日は日曜日の軍隊記念日の振り替えで休みになるので、今週末は3連休。とにかく、こちらは肩の荷を下ろして、連休を迎えることができるので、それだけでも今日払ってしまって良かったと思う。
今日も朝のうち割と風が吹いていて、なんだかちょっと肌寒かったんだが、天気は良かったので、気温は上がって来て、昼にはかなり暑くなった。それでも、夕方から曇り始めて、これは雨が降るかと思ったんだが、その後、またちょっと日がさしてきたりして、なんだか良くわからない。夜になってまた風が出て来てちょっと肌寒い。
日中の温度28度、湿度35%。夜21度、52%。

ややこしい

今週は火曜日が先生の日でお休み。来週は6月30日が軍隊記念日で休みなんだが、日曜日なので、振替で7月1日の月曜日が休みになる。今まで基本的に休日の振替と言うのはグアテマラではなかった。去年くらいからだろうか、こんなことをするようになったのは。
まあ、それはしょうがないのかもしれないが、一体どういう基準で振替になる休日とならないのを選んでいるのかが良くわからない。今年日曜日と休日が重なるのは、5月1日のメーデー、この6月30日の軍隊記念日、9月15日の独立記念日、10月20日の革命記念日。このうち、独立記念日だけは振替にならない事になっているらしい。今年は他の3つの休日は振替で月曜日が休みになる事になったらしい。
振替するのは仕方ないとしても、もう少しわかりやすくしてもらえない物かと思う。どうせだったら、日曜日が休日だったら必ず振替にするんでもしょうがない。少なくともメーデーや軍隊記念日より、独立記念日の方がなんだか重みがあるように思うんだが。
少なくとも学校として考えたら、先生の日で休みになった次の週にまた休みを入れることはないんじゃないかと思う。まあ、そうは言っても、そう決まった物を勝手にどうできるものではないので、来週は火曜日から授業となる。
今週の日曜定食はチンジャオロースの予定。
昨日の晩はかなり雨が降った。そのため、今朝起きた時は結構肌寒かった。それでも、天気が良く、日中は暑くなった。
日中の温度30度、湿度32%。夜21度、54%。

ギリシャ料理

ラ・メルセー教会の前に、ギリシャ料理と書いた店がある。色もなんだかそれっぽい色に塗ってある。ずっと気になっていたんだが、なかなか入る機会がなかった。昨日の晩、外に出て、何を食べようか考えながら歩いていたんだが、やはり気になっていた喫茶店に行って見たら、閉まっていた。
次にビエホ・カフェに行ったら、なんだか貸し切りのようになっていて、これまた入れなかった。ペトラはもうくたびれたと言って、ブーブー言っていたんだが、仕方ないので、歩いてラ・メルセー教会の近くに行ったので、この際ギリシャ料理に行って見ることにした。
なんだか細長い店で、入り口のところでは別の喫茶店などが営業している模様。そこはもう閉まっていた。入ってみると、客は我々のみ。まあ平日の夜なので、こんなもんなのかもしれない。内装は雰囲気があると言えば、そうなのかもしれない。ちょっと昔のパナハッチェルを思い出すような、ちょっとヒッピー的な雰囲気がある。
ペトラはハンバーガー。僕はいろいろ迷ったが、スブラキとジロを頼んだ。ジロはピタパンのサンドイッチのような物。スブラキは串焼き。本当はスブラキだけと言うメニューはなかったんだが、試してみたいと無理に行って、1本だけ持って来てもらった。ジロは中身がちょっと鳥肉が入ったサラダのようなもので、ヨーグルトがかかっているよう。ピタパンは結構おいしい。肉は少ないがかなり大きくて34ケツアル(約500円)なので、悪くない。スブラキはまずくはないが、鶏肉がずいぶん固い。思いっきり焼いちゃったんだろうか。ハンバーガーは別にサラダなどが付いてきて、自分で組み立てるような感じ。これもソースは基本的にヨーグルトのみ。ギリシャのハンバーガーと言うのはこういう物なのかとちょっと感心。その上、パティがかんかんに硬くてペトラはほとんど食べなかった。
今日も天気が良く暑い一日。カニクラになったんだろうかと思っていたら夜に雨。
日中の温度31度、湿度32%。夜22度、57%。

空いている

今日は先生の日でお休み。最近休みの日はサン・ルーカスに行くことが多い。今日もウーバーに乗って、サン・ルーカスに行った。今日は先生だけが休みなので、一般の人は働いている。そのため、どこに行っても空いているので良い。
メガ・パカもいつもだと子供が走り回ったりして、結構うるさかったりするし、でっかいカートを押して家族で買い物をしている人がいたりして、結構めんどくさかったりするんだが、今日はそういうのはなく、すっきりしている。
その後、今日もライライで中華が食べたいとペトラが言うので、またしてもビシタクシーに乗って、近くのショッピングセンターまで行った。前回の子供みたいなビシタクシーの人はいなくて、今回はおじさん。息は荒くなっているが、前回より勢いがある。これは年の功か。
前回は途中で下って国道沿いを行ったんだが、今回はさらに上って街中を走り、見事にショッピングセンターの入り口に到着。まあ、前回の子供だったら、あの坂は上れなかったろう。
ライライも今日は空いている。ショッピングセンター自体が人が少ない。やっぱり平日はこんなもんなんだろう。見ていると、配達でそれなりに注文が入っているようだが、商売は楽じゃないと思った。
今日も天気が良く暑い一日。雨は降らない。
日中の温度30度、湿度48%。夜21度、66%。

明日は

明日は先生の日でお休み。もちろん一般の人はお休みにならず、学校だけだ。これはちょっと不思議でもある。先生の日以外にも秘書の人かいろいろな職業の日があるんだが、お休みになるのは、先生の日と大工の日くらいじゃないだろうか。
グアテマラの人に言わせると、先生(特に公立の学校の)達は、すぐに理由を付けて休むと言う。先日の選挙の時も会場は公立の学校だったんだが、日曜日に投票なので、その前から休みにして、終わった後も、投票に使ったものが残っていると言って1週間近く休んだ学校もあるんだと言う。そんなのどこかに片づけて、普通に授業をすればよいのに、先生たちが休みたいから、なんだかんだ理由をつけているに過ぎないんだとか。
確かに公立の学校はそういう意味でもあまり評判が良くない。ただ、評判の良い私立の学校は結構授業料が高いので、誰でも行けるわけではない。公立の学校は、結構組合が強く、ストはすぐにするし(これは一般の人にはかなり評判が悪い原因になっている)、ある程度職が保証されているようなので、さぼる事ばっかりを考えるだと言うのが、グアテマラの人の言い分だ。
もちろん、私立の先生はそんなこと言ってられないようだし、まじめに働いている先生もたくさんいるようなので、一概には言えないんだが、やっぱりどこの国でも公務員と言うのは批判されやすいんだと思う。
今日は割と天気が良く、昼過ぎ一瞬雲が出てきたが、雨は降らず暑い。
日中の温度29度、湿度52%。夜20度、61%。

残念

先日アンティグアの3カジェと6アベニーダの角にある、カフェ・サウルと言う店に行ったと書いた。これはグアテマラシティーにあるチェーン店なんだが、いろんな形態があるらしく、サウルと言うのが共通だが、いろんな名前の店があるらしい。
このカフェ・サウルより前に、アタバルから近い、カジェ・デル・エルマノ・ペドロにサウル・ロステリアと言うのか?読み方が良くわからないが、店ができている。横にグッド・ホテルと言うのがあって、入り口は別だがここと一緒になっているらしい。
ちょっと人通りの少ない道にあるので、あまりペトラが行きたがらなくて、行ってなかったんだが、昨日の晩雨が降りそうだったので、近くにしようという事で、行ってみた。
入り口はそれほど広くなく、入ってしばらく細長い感じで外からは広く見えなかったが、奥に入ると、そこで隣のホテルとつながっていて、更に反対側には庭のような物があり、かなり広い。天井も高く、開放的で気分が良い。
料理は地中海料理という事らしいが、ズッキーニのスープとハムのクロケット、スパゲッティ・カルボナーラを食べた。ハムのクロケットは美味しい。スープとスパゲッティはちょっと首をかしげる。スープは塩気が不足しているのと、ネギをちょっと揚げたようなものが入っているんだが、よく混ぜてないので、片隅に固まっていて、他のところは味がぼけている。スパゲッティは茹で過ぎ。クリーム系のスパゲティで茹で過ぎているので、重くて全部食べられなかった。以前はグアテマラでスパゲッティを頼むと大抵思いっきり茹でてあったものだが、最近はそういう店はさすがになくなって来ていただけに、ずいぶん懐かしい感じがした。雰囲気はなかなか良い感じだし、かなりお高いん(上記の物は大体1000円以上)だから、もうちょっと頑張ってほしい。
今日の日曜定食は鶏の唐揚げで40人。こんなに来てくれるとは想像していなくて、断った人もだいぶいたようだ。本当に申し訳ない。
朝はちょっと晴れていたが、雨が降り出して、たまに降ったり、日が差したりと言う天気。
日中の温度25度、湿度52%。夜20度、72%。



螺旋階段

夕飯を食べにタルティネス?に行った。この店は開店した当時行った人から、ものすごくまずかったと言われて、行ったことがなかったんだが、ちょっと前にラザーニャがおいしいと聞いて、一度行ったことがある。確かに、ラザーニャはなかなかおいしい。
久しぶりにペトラがラザーニャが食べたいと言うので、行ってみた。前に行った時は1階の席で食べたんだが、今回は1階の席がなかったので、2階のテラス席に行った。2階に上がったのは初めて、このテラスの席がなかなか良い。何しろカテドラルの横になるので、カテドラルの裏の遺跡部分が上から眺められる。壁の柱や梁の入っていたと思われる穴にはハトが住んでいる。カテドラルの遺跡から少し目を上げると市庁舎の明かりや、ちょっと離れた、コンパニア・デ・ヘススの照明も見える。
かなり暗めの照明で、雰囲気が良いんだが、メニューの文字が小さいので、全く読めない。スマホの懐中電灯で照らして何とか読んだ。ペトラは当然ラザーニャ。僕はフェトゥチーニを頼んだ。ラザーニャは美味しい。フェトゥチーニは鳥肉とかアボガドが入っている、ペストがベースの物だ。僕はフェトゥチーニはあまり好きではない。これはアンティグアで食べるフェトゥチーニにしては珍しく麺がくっついていない。茹で加減も良い。おかげでソースはとりわけ美味しいと言うほどではないが、かなりおいしく食べられた。
ただ、階段はかなり急な螺旋階段なので、上がる時はまだ良いが、降りるのはちょっと怖い。
今日は朝から曇っていて、昼前には少し降った。その後も降ったり止んだり。
日中の温度26度、湿度54%。夜20度、74%。

そろそろカニクラか

今日は午前中から今ひとつはっきりしない天気。起きた時は周りの丘に霧がかかっていた。その後、天気が良くなり、昼にはかなり暑くなった。それでも、昼頃からはちょっと曇りだして、昼過ぎには雨も降った。その後は、また夜になって少し雨。
しかし、ニュースではもうすぐカニクラと言っていたらしい。確かに、雨季が始まったころのニュースでも、今年のカニクラは7月の割と早い時期だと言っていたように思う。ここでも書いたが、アンティグアの周辺や他のところではかなり雨が降ったようだが、アンティグアに限って言うと、今年はかなり雨が少ない感じがする。このままカニクラになってしまったら、ずいぶん長いこと雨が降らないことになりそう。
アンティグアで雨が降らないのはまあ良いんだが、ここの所、本当に野菜類が高くなっている。玉ねぎも高めの値段で止まってしまっているし、ジャガイモも上がって来ている。葉物野菜は普段の高い時の水準で止まっているか、それよりも上がっているものもだいぶある。
これは雨が降り過ぎて、作物が根腐れしたりしているのが原因だと、市場の人が言っていた。まあ、一つ二つの野菜が高くなることはよくあるが、これだけ軒並み高いのは珍しいように思う。それに、一つ二つの野菜が高い時は、他に逆に安くなっているものが良くあるものだが、今は安くなっている野菜と言うのが思いつかない。強いて言えばトマトだけは、安くはないが、高くもないと言う感じで落ち着いている感じだ。
日中の温度29度、湿度50%。夜21度、66%。

ノニ

ノニと言うのはハワイ語らしい。日本語ではヤエヤマアオキと言うそうだ。果実を食べたりジュースにするんだが、これはだいぶ前からグアテマラでもノニと言って売っている。グアテマラでは健康食品という認識らしい。
それでも、先日市場で果実を売っているのを見て、聞いてみたら、ジュースにして飲むと言うので、買ってみた。帰って来て、ジュースにするように頼んだんだが、しばらくして呼ばれて見に行くと、種がものすごく硬くて、これをミキサーにかけたら、壊れるんじゃないかと言われた。確かにちょっとミキサーにかけた後を見ると、かなり固そう。しかも、種が多い。しかし、他のやり方も思いつかなかったので、壊れても文句は言わないと言って、そのままミキサーにかけてもらった。
出来上がったものは、かなり匂いがする。この匂い何かに似ていると思って考えていたんだが、しばらくして思い出した。イーストの匂いだ。良く売れないピザ屋なんかで発酵しすぎた生地のピザを出された時の匂い。まあドゥリアンのように、どうにも飲み続けられないような匂いではないが、あまり良い感じではない。まあ、健康食品とされているのが良く理解できる。味、匂いからして好んで食べるものではないだろう。
今日は午前中やはり天気が良く、かなり暑くなった。昼過ぎにもかなり暑かったが、曇って来て、時々雨。おかげで夜は少し涼しい。
今週の日曜定食は鶏の唐揚げの予定。
日中の温度29度、湿度50%。夜22度、67%。


いい加減

ボデゴナはアンティグア周辺に数件あるローカル・スーパーだが、結構いい加減。値札を見て安いと思い、その商品をもってレジに行くと、違う値段であったりすることがチョクチョクある。それに、値段がついてない商品もかなりある。ただ、良いのは店内のあちこちにバーコードで値段が確認できる機械が置いてある点。
今朝買い物に行ってLED電球を買おうと思い、いくつかある種類を見ながら値段を比べていたら、値引き品を見つけた。1個分の値段で2個買えると書いてある。急いでいたので、これは良いと思い、2個取って別の物を買いに行った。たまたま、その商品がなかったので、近くにいた店員に聞いてみると、倉庫にあるから持ってくると言う。電球は今買わなくても良いんだが、そちらの品は、頼まれたもので、ぜひ買わないといけない。
倉庫から出してくる間、暇だったので、別の店員にこの電球は値引き品だよねと、念のために聞いてみた。
そうしたら、値段確認の機械のところまで持って行って確認してくれたんだが、これは値引き品ではないと言う。ワット数も商品名も間違っていないのに、どこで値引き品かどうかを見分けるのかと聞いたら、なんと型番が違うんだと言う。そんなこと客はどうやってわかるんだろう?仕方がないので、その時は諦めて、午後にもう一度行った。
今度はめぼしい品を片っ端から値段照会の機械にかざして値段を調べた。そうしたら、値札には値引きの表示がない別の品がやはり1個の値段で2個買えるサービスになっていたので、それを買って帰ってきた。
今日も天気が良く暑い一日。
日中の温度30度、湿度40%。夜23度、62%。

代わりに

先日、今の時期、暑くて蚊が多いのに、蚊取りマットも、液体の物も品切れで、いつ手に入る変わらない状態だと書いた。この状態は今も続いている。先日スーパーで、まだ入らないのか聞いてみたところ、これらの製品は外国製で、税関で止まっていて、なかなか入ってこないんだと言う。
要するにいつになったら新しい品が入荷するかわからない状況らしい。幸い先日市場で探し回って売れ残っていたものを買ったので、とりあえず、今のところマットがあるんだが、毎日使っていたら、そう長くは持たなさそう。
ところが、先日やはり同じ問題を抱えている知人に聞かれて、ハッカやらレモングラスのエッセンスを売っているので、これを水で薄めて、霧吹きで撒いたら、蚊がしばらくいなくなると言う話をした。ただ、問題は、それほど長くは効果が持続しないと言う点。
後日、その知人から、蚊取り液がなくなったものに、蚊取り液の代わりにこのレモングラスのエッセンスを入れて、スイッチを入れたら、ちゃんと香りが出てくると教えてもらった。
これだと、効果が持続しない問題が解決する。夜でも、これを点けて置けば、その間ずっとレモングラスの匂いがするわけだ。しかも、こちらは蚊取り液のような良くわからない化学物質ではなく、とりあえず自然の品。それで、最近はこのエッセンスを使っている。なかなか良いんだが、どうやら蚊もこの匂いに慣れてくるのか、だんだん効果がなくなってきているように感じるので、いろんなエッセンスを買って交代で使う用にしようかと思っている。
今日も天気が良く暑い一日。
日中の温度31度、湿度38%。夜22度、64%。

学歴

昨日の選挙の結果だが、まあ新聞などに書いてあった予想通りと言えば、ほぼ、その通り。あまり驚きはなかった。大統領選挙は過半数を取らないと決戦投票になるので、8月にもう一度選挙がある事になる。
ちょっと面白かったのは、大統領選挙で選挙前はほぼ無名だった、小学校中退と言うインディヘナの女性がかなり健闘したこと。今の時点で4番目か5番目に入っているようだ。そんな無学な人がという意見もあるようだが、何しろこちらで大学の修士や博士を取った人と何回か仕事をしたことがあるが、そんな人より、現場でたたき上げた人の方が、よっぽど頼りになることが多いので、あまりそんなことを気にしなくても良いんじゃないかと思っていた。
スペイン語の先生だって、以前言語学修士と言う人が来て、試しに採用してみたが、全然だめだった。中卒や高卒でも経験のある先生の方が、比べ物にならないくらいちゃんと教えられる。
こちらの教育省がやっているスペイン語学校向けの研修に出たこともあるが、これもやっているのは大学の言語学やら教育学やらの先生らしいが、あまりにピントのずれた内容で、1回出てその後はその手の物には行かないことにした。
今日は天気が良く暑い一日。昼過ぎにちょっと曇って、また今日も午後は雨が降るかと思ったが、そんなことはなかった。
日中の温度30度、湿度40%。夜21度、64%。


不毛

今日は選挙の日。昨日書いたように、大統領選から市町村長選、国会議員選、その他にもなんだか良くわからないパルラセンと言う、中米の議会の議員も選ぶみたいだ。まあ、このパルラセンなんて、何やってるんだか全くわからない物で、そうでもないと誰も投票なんて行かないだろう。実際グアテマラの人と話をしていると、大統領とか市町村長くらいは投票に行って、ちゃんと書くが、他のは書かなかったり、適当に書いて出す人が多いみたいだ。
しかし、今回は誰に聞いても、大統領もアンティグア市町もまともな候補がいないと言って、嘆いている。もっとも不毛な選挙だという人がなんと多いことか。投票に行くと言う人も、ぜっていなってほしくない候補の対立候補に投票すると言う人が多い。
実際今朝ニュースを見ていたペトラは、投票所に人が少ないと言っていた。実際行ってきた人の話でも、投票所はかなり空いていたと言う。棄権する人がかなり多かったんだと思う。
夜には開票の情報をニュースでやっている。まあ、今のところ、大体事前の予想通りのようだ。
今日の日曜定食は豚肉のシュウマイで34人。
午前中は結構いい天気だったんだが、昼過ぎから曇って来て、ものすごい雷雨。雨もすごかったが、雷もかなりの勢い。夕方には止んで、その後は降っていない模様。
日中の温度29度、湿度57%。夜20度、73%。

酒類禁止

明日は選挙なので、今日から酒類の販売は禁止。月曜日の朝6時までだそうだ。どうしても酒なしではいられない人は、すでに買い置いているはず。酔っ払って外を歩いていたら、逮捕されるらしい。
まあ、これは酒を飲んで選挙に行かない人がいるので、それを防ぐためらしいが、まあ酒を飲まない僕には関係のない話だ。当然、外国人だって酒を飲むことはできない。
隣の店の前で夜中に大騒ぎする人たちも、今日は禁止のはずなので、僕らにとってはありがたいことだ。
実際今日、夕飯を食べに外出した時に、4カジェにあるラ・カサ・デル・ロンが閉まっていた。ここはラム酒の製造業者がやっている店で、ボトルを売っているだけでなく、バーのようになってそこで飲むこともできる。確かにこういう店は開けるわけにもいかないだろう。
今日はいかなかったが、中央公園の5アベニーダの角から6カジェの6アベニーダの角まではバーの密集地帯で、週末の夜は酔っ払いがウロウロしてるんだが、今週末は静かなはずだ。あの辺に住んでいる人にとっては、素晴らしい週末になるだろう。そのせいだか、普通のレストランにも人が少ないように見えた。
今日は午前中から曇りがちだが、その割には結構暑い。昼過ぎから雨が降ったり止んだりしていたが、夜には止んできれいな月が出ている。
日中の温度28度、湿度58%。夜21度、71%。

後ろ向きの選挙

今週の日曜日は投票日。グアテマラでは選挙は4年に1回で、この日に大統領をはじめ、国会議員、各市町村長その他の選挙をすべてやってしまう。まあしょっちゅう選挙があるより、この方がまとまっていて良いようにも思う。
ただ、今回は投票率がかなり下がるんじゃないかと思わなくもない。いろいろな選挙をまとめてやると言っても、やっぱり、関心が集まるのは大統領と各市町村長だろう。少なくともアンティグアに限って言えば、市長の候補がいっぱいいるんだが、まともな候補がいないような状態。
大統領に関しても同じだ。人気があると言われて、確か最初のころアンケート調査などの結果で上位にいた女性候補が2人とも資格に問題があるという事で、不出馬になってしまった。これで、最近の調査で一番人気の候補も女性なんだが、嫌う人も多く、少なくとも周囲の人でこの候補に投票しようと言う人はいない。ただ、じゃあ別の誰にするかとなると、まともな人が一人もいないという事で、大体の人はこの一番人気の候補を任せられる人に投票すると言っている。
まあ、大統領は過半数を取れなかった場合、決選投票になるので、良いが、市長選の方は一発勝負なので、やはり有力と言われている前市長に勝てそうな人を選ぶと言う、実に後ろ向きな選挙になる模様。
今日も午前中はまあまあの天気だったが、午後から曇って来て雨。降ったり止んだりで夜にまた降っている。
日中の温度30度、湿度50%。夜21度、71%。

変化は速い

銀行にペイパルに関連することで、ちょっと質問に行ったんだが、最近ペイパルがグアテマラや中米でも良く使われているということだった。日本では最近ペイパルなんてあんまり聞かなくなったような気がするんだが、こちらではちょっと事情が違うらしい。
不思議に思っていろいろ聞いてみたんだが、銀行の人の説明ではエアー・ビーアンドビーが関係しているらしい。最近このエアー・ビーアンドビーで、家を貸したりする人が増えてきて、これの料金をペイパルで受け取るようになっているらしい。
それで、以前はペイパルは中米なんてあまり市場として見ていなかったのが、最近は中米にもそれなりに力を入れるようになったんだと言う説明だった。
確かに、最近日本から来た人でも、このエアー・ビーアンドビーを利用している人をたまに見る。どこに泊まっているのか聞いてみたら、全然知らないところを言うので、そんなところにホテルがあったかと考えていると、エアー・ビーアンドビーだと言う。
何も外国から来る人ばかりでなく、グアテマラシティーから週末遊びに来る人が、これで家を借りて、友達などと大勢出来て、酒を飲んで騒いで問題になっていると言うニュースも見たことがある。
なんだかずいぶん世の中が変わっていくのが早いと感心する次第だ。
今週の日曜定食は豚肉のシュウマイの予定。
今日も午前中から割と雲が多く、雨が降りそうで、実際はちょっと小雨が降った程度。
日中の温度28度、湿度50%。夜20度、79%。

叫び声

昨日の晩と言うか今日の明け方にも、アタバルの横の雑貨屋の前で叫ぶ声が聞こえて、起こされてしまった。酒を飲んで大きな声で女性が2人何やら言っているんだが、とにかく叫ぶような声なので、驚いてしまう。
そうこぼしていたら、先生たちからもっと頑張って警察に電話した方が良いと言われてしまった。警察に電話しても、全然来てくれないので、諦めていたんだが、そうではないんだと言う。
なんでも、今週にアンティグア内のいくつかの同じような店が強制的に閉店させられたらしい。夜中に酒を売るのは禁止されているし、こういう雑貨屋は基本的にビール以外の酒類を売る免許は持っていない。もしかしたら、他の店が閉まってしまったので、更に隣の店に来る人が増えたんじゃないかと思ってしまう。
それでも、そういった決まりを気にするような人がやっている店ではないので、平気で売っているわけだ。先日書いた110番にかけてみたことがあるんだが、結局わかったわかったと言うのみで、警察が来た様子はない。
アタバルの傍にも警察の人が立っているんで、その人達に聞けと言われたんだが、ペトラに言ったら、彼らもこの店の客だからうっかり聞いても店の人に告げ口されるだけじゃないかと、全然信用にしていない。
今日も午前中はそこそこ良い天気で、日中は暑くなった。午後に曇ってきて、少し雨。
日中の温度29度、湿度50%。夜21度、68%。

安売り

ボデゴナでイワシのトマト煮缶を買った。このイワシのトマト煮は結構好きなんだが、先日小さな缶を買ったらなんと3匹しか入っていなかった。ちょっと物足りない。それで、今度大きいのを買おうと思って、見ていたら、452g入りの缶が普通で18.95ケツアル(300円弱)なんだが、今日は2缶買ったら19.75ケツアルという安売りになっているようだ。これは良いと思って、手を出したんだが、良く見ると安売りの札のところに小さい字で、チポトレとハラペーニョと書いてある。どうやら普通の物や辛くない物はサービス品ではないらしい。
まあ、それ程辛い物を好んで食べるわけではないんだが、そのまま食べるわけではないので、ちょっとくらい辛くてもそれほど気にならない。それで、チポトレとハラペーニョを一つづつ買おうかと思ったんだが、ハラペーニョが見つからなかったので、チポトレを2つ買ってきた。
先日は南蛮漬けのようにしたが、今度はコリアンダーや他の野菜とマリネのようにして食べるかと思っている。まあこういう物が安く買えるのはありがたい。
今日も午前中から天気が良く、なんだか暑い。でも、ペトラの話では夜中に結構強く雨が降ったらしい。そのせいもあるのか、湿度もそこそこある。午後も晴れていて、これは夜も暑いだろうと思っていたんだが、夕方には雷が鳴っている。それでも降らなかったんだが、夜になって短時間だが、結構強く降った。
日中の温度30度、湿度45%。夜22度、62%。

サクランボ?

セレサと言うとサクランボのことなんだが、最近市場でこのセレサを見かける。ただ、どうもサクランボには見えない。色がかなり濃い赤と言うか、僕には黒く見えるくらいなんだが、それ自体は、アメリカンチェリーと言うものを、子供の頃日本で初めて見て、色がかなり暗く濃い色だったので、びっくりした記憶があり、それほど違和感はない。ただ、市場で売っているセレサはまださらに濃いように思う。
それよりも、形が真ん丸。サクランボと言うのは丸に近い形ではあるが、軸が付いている部分がへっこんでいるイメージがある。何しろ真ん丸でかなり小さく、ブルーベリーかと思うほどだ。
今日も見かけたので、ちょっと買おうかと思ったんだが、先日ナンセという日本にはないキントラノオ科(とネットで調べたら書いてあった)の果物を買って、ジュースにしてもらったんだが、これがやっぱりサクランボの様に小さくて種がかなり固いので、ものすごく大変だったとペトラに愚痴を言われたのを思い出し、断念した。確かにサクランボをジュースにしようと思ったら種が邪魔で大変だろう。まあ本当にいろんな果物や野菜があるので、市場を歩くのは楽しい。
今日も午前中は天気が良く、日中はだいぶ暑くなったんだが、昼過ぎにちょっと曇り3時ごろに小雨が降った。お陰で気温はそれほど上がらず、少し涼しくなった。
ただ、雨自体は本当に一瞬で止んでしまった。その後曇っているので、午後はだいぶ過ごしやすい。
日中の温度25度、湿度54%。夜22度、64%。

相変わらずアンティグアでは雨が降らない

今日は朝、ちょっと曇り勝ち。雨が今にも降りそうで、どうなるかと思ったが、その後晴れてきて、暑くなった。ところが、昼ご飯を食べに出て、食事している最中に雨が降り始めた。これはトゥクトゥクか何かで帰らないといけないかと思っていたら、食べている間に止んでしまった。
帰って来て、アタバルの前は全然濡れていないので、こちらは降らなかったのかもしれない。アンティグアは端から端まで歩いても20分程度の小さな町なんだが、それでも、たまにこういうことがある。
雨が降り始めて、大急ぎで帰って来たら、途中から降ってないという事もある。こんな小さな町でもそうなんだから、先日書いたようにアンティグアは雨が降っていないのに、周りの村では洪水になるほど降っていると言うのも、それほど不思議なことではないんだろう。
今日の日曜定食はかき揚げで38人来てくれた。ところが、どうも途中で油の温度が下がってしまって、ものすごく時間がかかった。これは予定外。こんなになるとは思わなかった。最後の人はほぼ9時。実に申し訳ないことになってしまった。コンロを掃除、調整してもらって、かなり火が強くなったから行けると思ったんだが、まだ駄目だった。かなり反省。
夜になってまた一瞬小雨が降って涼しくなった。
日中の温度27度、湿度58%。夜20度、70%。

ワチピリン

今日やっとワチピリンを買った。ワチピリンと言うと確かに抗生物質のような名前だが、キノコの事。やはり雨季になると出てくる。この香りが好きで、毎年雨季には何度か買って食べる。
ポン酢のような物で、お浸しのようにするのが好きな食べ方。今日はこのワチピリンを売っている店で、ちょうどかぼちゃの花を売っていたので、一緒に買ってきて、お浸しにしてみた。
これはなかなか行ける。ちょっとかぼちゃの花を茹で過ぎたかもしれないが、それくらい茹でたら、一緒についている茎のところも食べられる。ワチピリンは栽培されているものではないので、この木の香りと言うか土の香りと言うのかが、なかなか良い。
こちらの人に聞くと、肉の代わりに食べたりするらしい。今日買ったのは傘が人の頭くらいあるかなり大きい物。茎もかなり大きく、1つで半ポンド(約250g)あった。これだけあると食べ応えがある。
やっぱりこれを食べるとなんとなく季節を感じる。グアテマラは日本のように四季がはっきりと分かれていないんだが、それでも、こういうものには季節があるので、楽しい。これから雨季が進んでいくと、サン・フアンとか別のキノコも出てくるはず。一番好きなのはこのワチピリンなんだが、それはそれで楽しみだ。
今日、朝が明ける前にかなり雨が降った。起きた時もかなり曇っていたので、これは涼しい一日になるかと思ったが、すぐに晴れてきて、日中は湿度もありかなり暑い。
日中の温度30度、湿度49%。夜23度、67%。

アンティグアだけか

先週末のニュースでは今週は雨が多いと言っていたと思う。こちらも、そのつもりでいたんだが、なんだかほとんど降らなかった。ただ、ニュースを見ていたら、天気予報が外れたとは一概には言えないようだ。
なにしろ、アンティグアでは、夕立のような雨が2日くらい降った程度だが、グアテマラシティーやその他の町ではかなり大雨が降り、排水口が詰まっていたりしたからだと思うが、洪水になったりしているらしい。
不思議とアンティグアだけは雨が降らないで良い天気が続いたようだ。一体どういうことなのか、良くわからないが、まあ、アンティグアで雨が降らなくても、周りの農業をしているようなところで、雨が降ってくれれば、それで良いようにも思う。
ただ、連日暑いのには参る。今日も日中は30度を超えて、ちょっと外に出て歩いてくると汗だく。事務室に座っているだけで汗がにじんでくるんだからかなり暑い。夜も多少暑いが、日本の様に熱帯夜がないだけでも幸い。
ただ、アタバルの横にある雑貨屋が夜中でも酒を売っているらしく、今週は水曜日の夜中に、その前で大騒ぎ。割と気にせず寝られる方なんだが、この日ばかりは起こされてしまった。しかし、ああいう人たちは翌日仕事をしないんだろうか?ペトラが警察に電話しようとしたんだ、電話番号がわからない。翌日先生たちに聞いてみたら110番で良いらしい。日本と同じか。
日中の温度31度、湿度50%。夜23度、64%。

立て続け

先日2つあるコーヒーメーカーのうち一つが電源を入れても作動しなくなり、修理をした。この2つのコーヒーメーカーは去年買ったばかり、まだ1年たっていないと思う。保証が効くはずだから、買ったところに持って行けと先生たちには言われたんだが、そうしたら、一体いつ修理して持って来てくれるかわからない。何しろ、買ってすぐ一つが調子が悪かったので、店に持って行ったら代わりの物を持って来てくれるまでに、相当時間がかかった記憶がある。コーヒーメーカーがないと、先生たちや勉強している人たちがコーヒーを飲めなくなってしまう。
それで、いつも電気製品を修理をしてくれるおじさんに頼んだんだが、壊れている部品がグアテマラシティーにしかなくて、直してくれたんだが、300ケツアル(約4500円)かかった。コーヒーメーカーが450ケツアルだったので、なんだか新品を買うのと大して変わらない。
そうしたら今週になってもう一つも調子が悪い。叩いたりすると作動するんだが、すぐに消えてしまう。それでまたしてもおじさんを呼んで修理してもらった。その修理費が150ケツアル。ちょうど新品1台分の値段になったのはなんだか皮肉。これで壊れずにしばらく持ってくれると良いんだが。
今日も天気が良く暑い一日。
今週の日曜定食は久しぶりにかき揚げ(野菜とエビ)の予定。
日中の温度31度、湿度48%。夜23度、62%。

ごま摺り器

日曜定食の時、ネギとゴマは自分で好きにかけてもらうように置いてあるんだが、ゴマは日本で買ってきたごま摺り器に入れてある。これはやっぱり摺りたてのゴマの香りを楽しんでもらいたいと思っているんだが、最近は日本の人でも使ったことがない人がいるようだ。グアテマラの人などは当然ごま摺り器なんて見たこともない人がほとんどなので、たまに、ごま摺り器の下側の蓋を開けて、ゴマをぶちまけたりする人もいる。
それでも、ペトラが教えるようにして、使ってもらっているんだが、このごま摺り器、この前の日曜日に壊れてしまった。
なんと回すところの根元が見事に切れていて、首が飛んだような感じになっている。まだ日曜定食も出し始めたところだったので、仕方なく以前百均で買ったものを代わりに置いた。
ところが、この百均の物は形ばかりで、ほとんどのゴマが全く摺られない状態で出てくる。今まで使っていたものはスリッキーと言う、ごま摺り器の元祖みたいなもので、これだとちゃんと摺れる。
困っていたら、お手伝いのイングリットがスリッキーの摺り器の部分を取って、百均の物に付け替えてくれた。幸いなことに同じ大きさだったようだ。ただ、唯一の問題は、ゴマの出てくる口の向きが反対になってしまう事。使えなくはないんだが、実に残念。
今日は天気が良かったが、午後少し雨が降った。
日中の温度29度、湿度54%。夜22度、64%。

洗脳

日曜日にサン・ルーカスに行った帰り、やはりウーバーで帰ってきたんだが、これは結構大変だった。今まではサン・ルーカスでは、市場の方でウーバーに乗るんだが、この市場は国道の一番チマルテナンゴ寄りにある。今回は同じ国道沿いだが、ちょうど反対側のグアテマラシティーよりの方から乗ることになったので、これが失敗だった。
何しろ今や日曜日はこの国道は大混雑。今までのチマルテナンゴ寄りから乗る場合は、アンティグア方面から来た車が国道をほとんど通らず来ることができる。しかし、今回の場所はずっと国道を走ってこないといけない場所だ。
これでウーバーを呼んだ時には、それほど遠いところから来るわけではなかった。実際アプリの表示では14分程度で到着と出ている。ところが、待てど暮らせどウーバーが来なくて、ずっと座って待ちぼうけ。
途中でバスに乗った知り合いに会い。更に別の知り合いが車を止めて、乗せて行こうかといわれたんだが、既にウーバーを呼んだのでと言って断った。その後、延々と待って1時間弱してやっと到着。運転手も待たせてごめんと言うが、この大渋滞ではどうしようもないので、彼の責任ではない。
座って待っている間、目の前に市長候補の選挙運動の車が駐車していて、大音量で繰り返し同じ音楽をかけていて、待つことよりもこれが一番の苦痛。
今日も天気が良く暑い。
日中の温度30度、湿度50%。夜23度、68%。


クラクション

昨日のビシタクシーだが、実に面白い乗り物。でも、これはアンティグアでは流行らなそうだ。何しろ、道が石畳と言っても、ゴロゴロしたもので、自転車だと大変そう。しかも、中央公園からアタバルに向かう方は、やはりかなり緩い上り坂なので、昨日の状況だったら、途中で止まりそう。
それにしても、ちょっと面白い乗り物ではある。昨日も、細い道を走っていて、前を女性が歩いていたんだが、携帯電話を見ながら歩いているので、我々が後ろに迫っているのに、全く気が付かない。
こっちは追い抜きたいんだが、ノロノロ歩いているので、クラクションでも鳴らせば良いのにと思っていたら、男の子は、「シ・シ」(これはグアテマラで人を呼ぶ時に、こういう口笛ではないが、口で音を鳴らす)とか「すみません。」とか言うばかり。息が上がっているので、かなり弱々しく、全く気が付いてくれない。どうやらクラクションやら呼び鈴のような物は装備していないらしい。ペトラは口で「リン・リン。」と言っている。
その鈴の真似音の効果があったのか、やっと前を行く女性は後ろを振り向いて、道を譲ってくれた。サン・ルーカスは細い道が結構多いので、クラクションくらい付ければ良いのにと思う。
今週は雨が多いと言う予報だったと思うんだが、今日は朝から良い天気で日中は暑い。午後少し曇ったが降らずにまた晴れてきた。夜に少し雨が降った。
日中の温度30度、湿度58%。夜22度、69%。


ビシタクシー

サン・ルーカスに昼遊びに行ったんだが、いつもはメガ・パカで買い物をして、その後、近くの市場で地鶏のスープを食べる。ところが、今日はペトラがちゅうかをたべたいというので、別のショッピングセンターに行った。ここはちょっと遠い上に、狭いのに、結構車が通る道か、もっと交通量が多い国道の脇を歩いて行かないといけない。
トゥクトゥクでも通らないかと周りを見回したら、メガ・パカの前にビシタクシーがあった。これは自転車の前に荷台を作って、人が乗れるようにしてあるもの。かろうじて2人が乗れる程度の椅子が付いている。
値段を聞いたら1人10ケツアル(約150円)と言う。なんだかトゥクトゥクより高いように思ったが、乗ったことがなかったので、かなり興味もあって、それで行くことにした。運転手?は15歳くらいの小さな男の子。ペトラはこの子で大丈夫かと心配している。何しろ我々2人はこの2人乗りの椅子がキチキチなくらいで、かなり大きい。
メガ・パカの前の道は見た目は平坦なんだが、どうやら微妙に上り坂になっているらしい。横の広場でイベントをやっていて、賑やかだったので、「これは何のイベントか。」とか「毎週やっているのか。」と聞いていたら、「車のハーハー、展示をハーハー、やっているんだ。ハーハー。」「今日フーフー。だけだ。フーフー。」という感じで辛うじて返事をしていたんだが、途中で全く返事をしなくなってしまった。ペトラに「大変なんだから話しかけるな。」と怒られたが、こっちは可笑しくって仕方がない。真面目な子で途中下り坂になったところで「さっきはごめん。」と言って、答えなかった質問に返事をしてくれた。無事ショッピングセンターに着き、2人分20ケツアルにチップを乗せてあげたら、キョトンとしていた。この調子で頑張って続けてもらいたいものだ。
午前中は天気が良かったが、昼頃から曇って来て、夕方から降ったり止んだり。
日曜定食は豚肉の生姜焼きで24人。雨の中ありがたい。
日中の温度24度、湿度60%。夜20度、74%。

偶然

カオバ・ファームに行って、帰ってきて、カオバ・ファームのことを教えてくれた知人に会ったので、行ったことを伝えて、そのついでに、ペピアンが美味しくなかったと言うか、ペピアンの味がしなかった(料理としては決してまずくはなかった。)という話をしていた。
その時に知人が女性と一緒だったんだが、そういう話をしたら、その女性が急に反応して、どこがまずかったんだと聞かれた。そうではなくて、一般的なペピアンという物と違う味だった。恐らくコリアンダーの量が少なかったのか、その他の材料の違いかだと思うと言う説明をしたんだが、ちょっと急な反応だったので、驚いた。
ところが、後で聞いたら、その女性はカオバ・ファームのオーナーの娘さんだった。親の商売を手伝っていて、なんとレストラン部門を彼女が見ているらしい。道理で反応したわけだ。
まあ、そんなにひどい批判をしたわけではないと思うんだが、ちょっと驚き。一人の客にそう言われたからと言って、何かするのかどうかはわからないが、どう考えても、ペピアンというんだったら、少し変えた方が良いように思う。
今日も午前中から曇りがちで小雨が少し降った。むしろ午後の方が天気が良い感じだ。市場で買い物をしていたら、外の売り場のいつも泥でニチャニチャしているところに、土・砂が撒いてあった。これはなかなかいい。
日中の温度23度、湿度68%。夜19度、79%。