スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



カップ麺

先日ちょっとバタバタしていて、夕飯の時間になっても、まだ用事で市場のそばにいた。それで、夕飯に何を食べようか考えたんだが、なんとなく麺類が食べたくなった。いつも書いているが、僕はここ数年夕飯はかなり軽く済ませることにしている。何しろ、重いものを食べると、食べた後、横になったりしたときに、胃がもたれてしょうがない。
それに、朝ご飯をかなり食べるので、夕飯を軽くしておいた方が、朝起きた時に腹が減っていて、さあこれから朝ご飯を食べると言う気分になるので、なんとなくうれしい。
逆に夕飯を食べ過ぎた時は、朝起きても、なんだか朝ご飯を用意するのが面倒な気になったりするので、一日のスタートとして、良くないように思う。
麺類と思ったが、特に用意もしていないし、遅くなってしまったので、これはもう長い間食べていないインスタントのカップラーメンを試してみようと思って、スーパーによってみた。
いろんな種類があるのかと思っていたが、意外に2つのブランドの物しかない。味はそれぞれ鳥・豚・牛・エビとあるようだが、まず、選択肢の少なさにガッカリ。値段も50円弱で同じくらい。数センタボ高い方のエビ味を買ってみた。
かえってお湯を注いで食べてみたが、スープは、大体以前食べた記憶とそう変わりがない味だったんだが、麺が極端にフニャフニャで味がなく、これまたちょっとガッカリ。やっぱり普通の袋麺の方が選択肢があり良いかと思った。
今日も天気が良く暑い一日。
日中の温度30度、湿度38%。夜22度、54%。
スポンサーサイト




決選投票

来月の11日くらいに大統領の決選投票があるらしい。もはや全然話題になっていない。何しろ残った2人の候補が全然人気のない人達だったので、もう完全に白けた感じ。もちろん、この2人に投票した人が多かったわけだから、そういった人達は一生懸命やってるのかもしれないが、少なくとも僕の周りに大統領選の話題が出ることはほとんどない。
これで、この先大丈夫なのかとちょっと心配になるが、選挙権のない僕が傍から見ていても、興味がそそられるような話題は全くない。
こんなことを今日思ったのも、知り合いの人が、商売していたのを閉めて、別の店を探すと言っていたんだが、その人と今日の午後たまたま会って、次の場所が決まったかと聞いたところ、大統領選の結果を見て決めるということだった。
商売と大統領選に関係があるって言うのに、ちょっと驚いた。基本的に僕などは大統領が誰だろうが、市長が誰だろうが、商売に関係などないと思っていた。今まで、そんなことを気にして、商売をしたり、生活をしたことがなかった。まあ、小さいスペイン語学校とは違うことなのかもしれないが、意外な話に驚いたのと、こちらがもはや大統領選なんてすっかり忘れていたのとで、なんだか目が覚めたような気分だった。
今日も午前中からかなり天気が良く、日中は暑い。昼過ぎの日光はかなり強く、乾燥しているので、汗はまだましな感じだったが、外を歩くと気温以上に暑い感じがする。幸いなのは風がある事。夕方からちょっと曇ってきて雷の音も遠くで聞こえていたが、雨は降らない。
日中の温度30度、湿度31%。夜22度、52%。

貴重な

昨日割と新しくできたコーヒー屋のことを書いたが、今先日貰った、ピーベリーという豆のコーヒーを飲んでいる。ピーベリーなんて、なんとなく聞いたことがあると言う程度の知識だったんだが、ネットで調べてみたら、かなり貴重な物らしい。
1つの実の中に1つしかコーヒー豆が育っておらず、そのために球のような丸っこい形になっている物なんだそうだ。枝先や生育状況の良くない部分にできやすいとされており大きさもやや小ぶり、収穫量はコーヒー豆全体の3?5%程度と貴重で、高価な物らしい。もらったものも、1ポンド50ケツアル(約750円)と、僕が普段飲んでいるコーヒーより、倍まではいかないが、それに近い値段。それでも、知り合いから安く分けてもらっていると言う話だった。
まあ、そんな貴重な物をミルクや砂糖を入れて飲んでもったいないかもしれないが、最近は朝その豆でコーヒーを淹れている。美味しいかと聞かれると、もちろん美味しいと思う。ただ、いつも飲んでいる豆とものすごく違うかと言うと、僕にははっきりわからない。糖質が多くなり上質なコーヒーが出来るとも書いてあるが、砂糖を入れて飲むからか、わからない。ちょっと申し訳ない気分。
相変わらず暑い日が続いている。まだカニクラなんだろうか?今朝も起きた時こそ、ちょっと肌寒かったが、天気が良いので、すぐに暑くなってきた。日中はかなり暑く、ちょっと外出したら汗が出る。
日中の温度30度、湿度21%。夜22度、50%。

芸術家

アタバルから出てちょっと行った、4カジェ沿いの、ちょうどドニャ・ルイサの前あたりに、アルティスタ・デ・カフェという店がある。もう半年か1年くらい前に開店したと思う。結構開店時から客が入っている。一度行ってみようと思いつつ、喫茶店にあまり行く機会がなく、いつも前を通り過ぎるだけだったんだが、今日ちょっと用事で外出した帰りに、寄ってみた。
持ち帰りでアメリカンコーヒーを注文した。16ケツアル(約240円)なので、それほど高い感じはしない。4カジェと言う最も人通りがある道の一つ、中央公園から1ブロック半ほどのところで、コーヒーと軽食を売って、この料金だったら安いと言っても良いかもしれない。
見ていたら、機械を使ってコーヒー入れている。アルティスタ(芸術家)と言うから、手作り感覚で、機械など使わずハンドドリップ(最近アンティグアでもハンドドリップをする店がいくつかできている。)かと勝手に思っていたので、ちょっと肩透かし。アメリカンだからかもしれない。他のだとどうするのかとか聞いてみたかったんだが、かなりブスッとした対応だったので、聞く勇気が出なかった。
良くある紙コップの持ち帰り用の容器に入れて渡されたんだが、普通付いてくる厚紙の腹巻のような物がない。特殊な容器で熱くならないのかと一瞬思ったが、1ブロックほど行ったところで、熱くて持てなくなり、ハンカチで包んだ。これは一番安いコーヒーを買ったからサービスが悪いのか。どこかに置いてあったのに、気が付かなかっただけか(だったら教えてくれても良さそうなものだが)。ちょっと驚き。
帰って、そのまま一口飲んだら、僕には濃すぎて苦すぎて飲めない。ところが、いつも自分でやるようにミルクと砂糖を入れたら、苦いだけでなく酸味などもあって、相当好みの味だった。香りも良い。もう少し普通の対応をしてくれたらまた行きたいんだが。
今日の日曜定食はジャガイモのコロッケで28人。午前中は良い天気だったが、午後にちらほら小雨が降った。
日中の温度28度、湿度35%。夜20度、52%。

なんだか変な

この25日の木曜日はアンティグアのお祭りだったんだが、あまりお祭りの気分にならない。もちろん、公園ではいろいろな催しをやっているし、慣例のハーフマラソンもあった。それほど例年と変わっているわけではないんだが、なんだか変な感じ。
ずっと変な感じだと思っていて、その理由がわかってなかったんだが、先日市場の裏の方に行ってみて、やっとわかった。市場の裏に、サーカスと遊園地が来ていないからだと思われる。
確か去年くらいから市場の裏の空き地ではなく、道を一本隔てた農場の一部を駐車場か何かにしてあるところで、やるようになったんだ。恐らくやる方としては、外から見えにくいので、人が来るかどうか心配な部分はあるんじゃないかと思う。ただ、その分なんとなく囲まれている感じで、吹きっさらしの空き地より、遊園地やサーカスらしい感じがするように思う。
ただ、僕としては、遊園地にもサーカスにも行かないので、わざわざは言って行ってみることがないので、裏の方に行ってよく見ないと、やっているのがわからない。このため、なんだか物足りない感じがしているんだと思う。
今日も暑い一日。市場で買い物をしていると、汗だくになる。たまに少し雲が出てきたりするので、雨が降るかと思うんだが、やっぱり今日も雨は降らないまま。なんだか変な天気だ。
日中の温度30度、湿度31%。夜21度、57%。

続き

昨日書いたナルと言う店だが、6個机がある程度の小さい店。隣のヘルシーフードレストランとは、繋がりがあるようだ。最初はわからなかったんだが、注文した品が出てくるのを待っていたら、店の人が外に出て、隣の店に入って行った。
隣の方が大きいし、どうやら隣が主体のよう。隣でやっているのは奥さんらしい。名前のナルの意味もナタリアとルイスだったか忘れてしまったが、夫婦の名前の最初を取ったものだと言う。
ヘルシーフードと言われると、なんだか腰が引けるし、メニューを見ても、これを注文しようと思うようなものが見当たらなかったので、そちらには、あまり縁がなさそうだが、ナルの方は、昨日も書いたように考えて使えば良さそう。コロッケはゴルフボール大の物が6個くらいついて確か500円くらいだったと思う。アボガドも同じくらい。丼はちょっと高めで1000円くらいだった。
ここで、エビとイカの揚げ物(確か1300円くらいだと思ったので、エビとイカにしては高くないと思う。)があったので、今度はこれを頼んでみようとペトラと話していた。これに、メニューにはないが、白いご飯を別にもらってコロッケなどと食べれば、なかなか良い感じになりそう。
今日は朝起きた時はまた曇っていて、結構肌寒かった。それでも、その後、また晴れてきて、日中はそれなりに暑い。結局夜になるまで雨が降っていないようだ。
日中の温度29度、湿度32%。夜20度、58%。

ノンフライヤー

6カジェの西側に、ナルと言う新しい店がある。1週間ほど前に開店したらしい。ちょっと見には何のレストランだかわからない。しかも隣にはヘルシーフードを売りにしているとみられる、やはり新しいレストランがある。
ここに行って見たんだが、メニューを見ると、日本食的な志向がある。前菜類は特に日本的ではないが、それ以外は巻きずしっぽい物と、ポケと書いてあるので、ハワイ料理かと思ったら、丼物のことをポケと言っているらしい。オーナーはアルゼンチンの人。こういうのが流行りなのかもしれない。
ペトラはジャガイモのコロッケとアボガドのパン粉焼きのようなものを頼んだ。僕は困って牛肉の丼。コロッケはジャガイモと生ハムが入っているようで、なかなかおいしい。面白いのは揚げているんだが、ノンフライヤーを使っている。ノンフライヤーで作ったものを始めて食べたが、悪くないと思った。アボガドのパン粉焼きもなかなか。
丼は、僕にはだめ。何しろ牛肉と玉ねぎ、ピーマンなどを塩コショウして炒めてあるだけのものがご飯の上に乗っているので、全然丼にする意味がわからない。牛肉はまあ柔らかいし、それぞれは別に悪くないんだが、これをご飯に乗せてどう食べろと言うのかわからない。しかも、炒めた油が、下に沈んでいて、ご飯の下の方が油まみれ。素材の味を楽しむという事なのかもしれないが、だったら白いご飯に乗せて食べる物ではないと日本人としては思ってしまう。別々にして出してくれればまだ良いのに。ご飯は韓国米を使っているようだ。次回、丼を頼むんだったら、別々にしするように注文しようと思った。開店したばかりで一生懸命やってる感じだし、考えて注文したら悪くなさそう。
今日はなんだか今ひとつすっきりしない天気。やっぱり夕方から雨が降っている。
今週の日曜定食はジャガイモのコロッケの予定。
日中の温度29度、湿度42%。夜20度、63%。


第8位

こんな記事を読んだ。ゴマが不足しているらしい。アフリカが日本の一番の輸入先とは知らなかった。表を見ると、グアテマラが第8位になっている。以前日本に輸出すると言うゴマをいただいたことがあって、グアテマラがゴマを日本に輸出していることは知っていたが、第8位とはなかなか。
ただ、このゴマは白ゴマだと思う。何しろグアテマラで黒ゴマを一般で見たことがない。普通にゴマは市場でもスーパーでも売っているが、すべて白ゴマ。黒ゴマは中国食材店などでたまに見る程度。なんで黒ゴマがないのか不思議ではあるが、一般の人も、ゴマと言えば、白ゴマと思っている。
だから、グアテマラでゴマをよく使うかと言うと、それ程ではない。代表的な料理のペピアンには入れる人がいる。それ以外は飾りにゴマを振りかけてある程度のことしか思い浮かばない。
美味しいし、栄養もあるようなのに、ずいぶんもったいない話だと思うんだが、原産地はアフリカで、栽培が始まったのはインドらしいという事なので、グアテマラの伝統的な食物ではないんだろう。
黒ゴマとなると、更に飾りと言うには、こちらの人の感覚からしてもあまり良い印象はなさそう。一般的でないのは仕方がないのかもしれない。
今日も暑い一日。ただ、午後6時を過ぎて一瞬土砂降り。お陰で夜は少し涼しい。
日中の温度30度、湿度38%。夜21度、63%。

昨日のブルーベリー

昨日書いた、ブルーベリーだが、日本に輸入されているブルーベリー生果実は、米国・メキシコ・チリ産がその大半を占めていて、グアテマラへの輸出時に日本向けのパッケージを使用したものだろうと、教えていただいた。
日本での店頭販売価格は125gで398円ほどだという事らしい。グアテマラとそれほど変わらないのには驚いた。もちろん、輸入する量は圧倒的に日本の方が多いんだろうから、割高になるのは仕方がないのかもしれないが、アメリカから日本に行くより、グアテマラに持ってくる方がよっぽど近いんだから、もう少し安くても良さそうな気がするんだが。
まあ、市場で買ったので、もうちょっと頑張って値切ったら、もう少し安くなったのかもしれない。
グアテマラでもブルーベリーは作っていて、買ったことがある。ただ、あまり売れるものではないのか、冷凍にした物だった。普通のジップロックに入っているので、内容量は確認していないが、確か1ポンド(500g弱)だったと思う。確か(こちらもかなりうろ覚えだが)、40から50ケツアル(600円から750円)くらいだったので、この生のブルーベリーよりだいぶ割安。
ジュースにして飲んだんだが、味はグアテマラ産の冷凍ものに比べ、なんだかいまひとつ薄いようだ。酸味も少ないらしく、レモンを入れたと言っていた。
今日は割と雲が多かったので、日中30度にはならなかったが、それでも暑い。
日中の温度29度、湿度38%。夜21度、58%。

ブルーベリー

今日市場に行ってブラックベリーを探していたんだが、あまり見かけなかった。ブラックベリーは、ジュースにして飲むとおいしい。ここ2週間くらいこのブラックベリーのジュースを飲んでいないので、探していたんだが、きれいそうなのが見つからなかった。
どうも市場のブラックベリーは、そのままむき出して売っていると、ハエなどがたかっていたりするので、生でジュースにするのには、ちょっと二の足を踏んでしまう。最近はパック入りの物も売っていて、これだって、パックにする前にどうなっているのかは分かったものではないが、少なくとも見た目の気分は、パック入りの方が良い。
買い物をほぼ終わって、市場の出口のところで、パックを見つけた。近寄ってよく見ると、中に入っているのがブラックベリーではなく、小粒の丸っこい果物だ。パックにはラベルが貼ってある。これを読んでみると、なんと日本語でブルーベリーと書いてある。
市場でブルーベリーを売っているのは初めて見た。原産国アメリカ、内容量125グラムとこれも日本語で書いてある。なんとグアテマラで作ってるのではないようだ。アメリカから日本に輸出しているんだろうか?アメリカから輸入しているんだろうか?いろいろ疑問が浮かんでくるが、市場の人にこれを聞いてもわからなそう。これで20ケツアル(約300円)だから、ちょっとお高い感じがするが、珍しかったので、2つ買ってみた。
今朝はかなりどんよりとして今日は雨が降るんじゃないかと思っていた。ところが、その後、また晴れてきて、日中はかなり暑い。昼過ぎにまた曇りだし、一瞬小雨。
日中の温度31度、湿度38%。夜22度、54%。

マラソンと食べ物

25日の木曜日は、サンティアゴの日で、アンティグアのお祭り。今日の朝は、慣例のハーフマラソンがあった。アタバルの前をも取っていくので、かなり賑やか。
昼出かけたら中央公園の南側にテントが張ってあり、そこでアンティグアと周りの町や村の伝統料理を売っていた。これも、アンティグアのお祭りの一環らしい。ちょっと興味があったので、覗いてみたんだが、まあ、大体知っている料理。中には何だろうと言う物もあって、ちょっと面白かった。
やっぱりデザート類に知らないものが多い。こればかりは、長いこと住んでいても、あまり甘い物を好んで食べないので、仕方がない。卵の何とかと言うのがあって、どんな料理か見せてもらったら、ケーキのようなプリンのようなお菓子だった。
意外とアヒルや七面鳥を使った料理があった。あまり僕の周辺では、こういう物を頻繁に食べる人がいなかったので、アンティグアの人達は、食べないように思っていたが、周辺の村ではそんなことはないのかもしれない。
結局今日はカンカン照りであまりに暑いので、そこでは食べずに、別の店に入ったんだが、こういう催しはちょっと面白かった。
朝、起きた時はちょっと曇っていたが、その後早くから晴れてきて、暑くなった。マラソンを走る人は大変だろう。
今日の日曜定食はホイコーローで15人。
日中の温度31度、湿度35%。夜23度、56%。


葉っぱ

蕪を買ってきて、煮物にした。4個くらいで良いと思ったんだが、市場の人は割とダース単位にしたがるので、結局半ダース買わされてしまった。6個なんて大したことないように思うかもしれないが、グアテマラの蕪は葉っぱが多いので、かなりの量になる。
日本のスーパーで売っている蕪は、なんで、あんなにちょっとしか葉っぱが付いてないんだろうか?あれは、品種によるものなのか、それとも、グアテマラの農家の人が出荷するときに、葉っぱを取らないだけなのか、良くわからない。
その割には、グアテマラの人は葉っぱを食べないので、なんでつけておくんだと思ってしまう。今日も蕪を買って、うっかりしていたら、葉っぱを取られそうになって、慌てて、葉っぱもいるんだと主張した。
ビーツもそうだし、人参、ラディッシュもそうなんだが、基本的にグアテマラの人は葉っぱを食べないのに、付けて売っている。これらの葉っぱはいずれも食べられるし、ビーツは、ちょっと気の利いたレストランなどでは、サラダに葉っぱ(もちろん若葉だが)が入っている。市場に持って来て、ごみとして捨ててしまうより、農家の人だったらたい肥とかにできない物なのかと、いつも思ってしまうんだが。まあ、これも貧乏性で、買ってきた葉っぱを捨てるのが、なんだか気になるというところから来てるんだろう。
今日は午前中から割と良い天気で、日中はかなり暑くなった。市場で買い物をしていると、汗だく。夕方に雷が鳴って雨が降るかと思ったが、なかなか降らずに、夜8時を過ぎてちょっと降っただけ。
日中の温度30度、湿度38%。夜22度、60%。

借地代

今アンティグアの土地代はかなり高くなっているらしい。知り合いのダンス教室をやっている人が、今いる場所をかなり値上げされたので、別の場所を探していると言う。これがなかなか見つからないらしい。まあ、見つからないと言うより、場所はあっても高くて手が出ないという事のようだ。
アタバルからほど近い2階の場所で月4000ケツアル(約6万円)だと言う。これが値上がりしていくらになるんだか知らないが、ダンスで毎月6万円稼ぐのは、そう簡単ではないだろう。
やはりアタバルの傍の、ホテルの中の一部の場所でなんと8千ドルと言われたと言っていた。そんな広い場所ではないのに、これには驚いた。こんなの払える商売が一体あるんだろうか?
それにしても、アンティグアでは相変わらず、新しい店が開店しているのは、一体どういう計算のもとに成り立つんだろうと思う。アタバルから4カジェを曲がったところに、去年から今年にかけてできた店が2,3軒あるが、そのうち、それなりに人が入っている店は1軒くらいか。高い家賃で借りれば、当然商品の値段に反映するし、高い店でも、儲けようとすると、原価はかなり抑えないといけないんじゃないだろうか。そう思って、商品の質と値段を考えると、そういう店で買おうと思う人は、そう多くはないだろう。
今日も朝のうちは雨が降るかと思っていたが、晴れてきて暑くなった。
日中の温度28度、湿度38%。夜22度、56%。

治安

日本のアニメ会社が放火されたニュースはグアテマラでも報道されている。こういうニュースが出ると、日本は安全なんじゃないかと聞かれる。こういう質問に対する返事と言うのはなかなか難しい。
確かに、普通に生活している分には、日本はグアテマラよりも安全だと思う。ただ、グアテマラで、こういう普通のどこにでも居そうな人が、突然こういうとんでもない事件を起こすと言うのはあまりないように思う。
グアテマラでは犯罪を犯す人と、そうでなく普通に暮らしている人の境界が、日本よりは、はっきりしているように感じる。もちろん、机の上に置いておいたものをくすねるとか、借りたものを返さないなどの、ちょっとした悪行への壁も低いようではある。
当然確率を考えると、日本で犯罪に合う確率は、グアテマラより低いんだろう。ただ、気を付けるという事を考えると、こういうそこらへんに居そうな人が、突然とんでもないことをすることに対しての備えると言うのは、グアテマラで普通に泥棒などに合わないように気を付けるのより、方策を考えにくいのではないだろうか。
今週の日曜定食はホイコーローの予定。
今日はまた、朝起きた時、曇り勝ちの天気だった。小雨が降ったところもあるらしい。それでも、その後、やっぱり晴れてきて、日中はかなり暑くなった。午後からまた曇り始めて、いつ雨が降ってもおかしくないような天気だったんだが、結局降らない。
日中の温度31度、湿度38%。夜21度、55%。

藁半紙

アタバルで授業の時に使う藁半紙がそろそろ少なくなってきたので、今日買いに行った。以前はいろんな文房具屋で買っていたんだが、最近はもう決まった店で買うことになっている。向こうも知っていて、値段も決まっているし、配達もしてくれる。
何しろ、結構な量を使う物なので、まとめ買いするとかなり重い。これを持ってくるのは大変だから、配達してくれるのはありがたい。しかも、ずっと同じ値段で売ってくれるので、他の文房具屋より安くつく。
ただ、この文房具屋はなんだかコロコロ場所を変える。もう4,5年ここで買っているんだが、その間に3回は場所を変えている。今日行った場所は初めて。その前はスーパーの横にあったんだが、スーパーに行く途中にこの場所が閉まっているのを見て、閉店してしまったのかと思って、最初はちょっと焦った。その後、市場から帰る時に、トゥクトゥクを待っていて、周りを見回していたら、なんとその近くに引っ越しているのを見つけた。
前の場所に比べると、ちょっと普段は通らないところなので、遠くなったと言ったら、電話番号とホワッツアップの番号をくれた。最近これを利用する人が本当に多い。今日来たステイ先の人も、ホワッツアップで連絡をくれと言っていた。まあ世の中どんどん変わっていくものだ。
今日も朝はちょっと曇り勝ち。なんだか肌寒かった。ニュースでは金曜日くらいまで雨が多いと言っていたので、今日も雨かと思っていたら、昼前くらいからかなり天気が良くなり、暑くなった。
日中の温度29度、湿度41%。夜22度、63%。

久しぶりに

今朝はいきなりインターネットの接続が切れた。ちょうど8時前くらいだった。ここ数年実に調子が良くて、ネットが切れるのは瞬間停電の時ぐらいだったので、最初はちょっと信じられなかった。配線の問題かと思って、調べたくらい。
しかし、配線も特に問題がないし、何よりもルーターを見たら、インターネットのところのランプがいつもと違う色をしている。これで、自分でどうにかできる問題ではないと理解できた。
ルーターをリセットしたりしてみたんだが、接続が回復する様子はない。困ったものだ。本当に久しぶりにインターネットのプロバイダーに電話した。以前は結構待たされたような記憶があるんだが、今回はすぐに担当の部署につながった。
結局、プロバイダー側の問題で、今至急回復のために作業をしているところだと言う。午前中の休み時間にもまだ回復していなかったので、先生たちに聞いたら、どうやらホコテナンゴでは使えているらしい。アンティグアの一部の問題なのかもしれない。
午前中はもう諦めて、ネットを使わずにできる事をするしかなかった。ちょっと外出したりして、ちょうど昼になって授業が終わったくらいに回復。かなり長いのでちょっと心配してしまったが、幸い午後のネットの授業には影響がなかった。
今日は朝起きた時に小雨が降っていて、なんだか暗い。お陰で肌寒い感じだ。これは一日雨かと思っていたが、その後晴れてきて、日中は結構暑かった。
日中の温度27度、湿度47%。夜20度、66%。

大統領

グアテマラの大統領が訪米をして、安全な第3国として、アメリカと署名をすると言う。安全な第3国などと言われても、何のことかさっぱりわからなかったんだが、どうやら、アメリカに向かっている移民の人が待機するのに安全な国だという事らしい。この安全な第3国に関しては、メキシコが指定を拒否したんだとか。
そう言われてもまだなんだか良くわからないが、大抵の人は、いったい今の大統領は何を考えてるんだかちっともわからないと怒っている。グアテマラの普通の住民だって、生活はそんなに楽じゃないのに、そんな移民申請を待機している人達を受け入れて、一体どうなるんだと言う。
アメリカに媚を売っているだけと言う感じがしなくもないが、グアテマラの人達に言わせると、もう任期も終わりなので、次の大統領に、難しい問題を残していきたいんだと言う人が多い。実際今度決選投票に残った2人の候補はいずれも、拒否という事らしい。
どうやら憲法裁判所が止めて、今のところギリギリで署名するのをストップさせたようだが、本当に何をしようとしているのか良くわからない。
今日は朝から天気が良く、日中はかなり暑くなった。昼過ぎも暑かったんだが、その後3時前になって急に曇りだして、いきなり大雨。降った時間はそれほど長くなかったが、本当に土砂降りという感じ。お陰で、すっと涼しくなったが、どうやらカニクラもそろそろ終わりだとか。夜にもまた雨。
日中の温度30度、湿度50%。夜20度、65%。


ジップロック

今日は日曜定食で初めて棒棒鶏を作った。幸い30人分くらい売れた。初めてなので、やっぱり不安。鳥を蒸すのが良いのかもしれないが、蒸すのはなかなか時間がかかるし、手間もかかる。何しろ棒棒鶏だから熱々を出すわけではないので、さまさまいといけない。
それで、今までやらなかったんだが、最近ちょっと面白そうなやり方をネットで見つけて、それを試してみた。
ジップロックに鶏肉を入れて、それを茹でて、しばらく放置し、その後、実父六に入れたまま氷水につけて冷やすと言うもの。これだったら結構早くできる。ジップロックは空気をちゃんと抜かないと茹でているうちに膨れてくるので、肉を入れた袋を水につけてほぼ真空状態にする。
途中で袋が破裂しないか心配だったんだが、幸いうまいこと出来た。途中で膨らんでくることもないからうまく空気が抜けていたんだと思う。氷は別のビニール袋を金曜日から冷凍庫に入れて、作っておいた。
ただ、使い終わったジップロックの処理が問題、貧乏性なので、本当は洗ってまた使いたかったんだが、ペトラに怒られて泣く泣く捨てた。幸いそう高いものではないんだが、なんとももったいなくて悲しい。次の時は隠れて洗って、何か別の物に利用しようかと思う。週末は雨と天気予報では言っていたんだが、ほとんど降らなかった。今日も雲が比較的多い天気だったんだが、結局降ってないと思う。
日中の温度29度、湿度52%。夜21度、69%。

変な停電

今日夕飯を食べに外に出た。夜の6時過ぎだったんだが、4カジェを歩いていたら、なんだか暗い。最初は何だろうと頭の片隅で思っていたくらいだったんだが、しばらく歩いていて、途中の街灯が消えていることに気が付いた。
よく見てみると、4カジェの2アベニーダと3アベニーダの間が暗くなっている。その他のところは、普通に電気がついている。更に不思議なのは、同じ4カジェの2と3アベニーダの間でも、ドニャ・ルイサは照明がついている。その向かいの喫茶店やスパもついている。ところが、ドニャ・ルイサの横のタコス屋やラ・フエンテという、いろんな店が入っているところもロウソクの明かり。
停電でもこれは珍しいパターンだと思う。以前アタバルのあるブロックでも同じようなことになったことがあるが、この時はアタバル側が停電で、向かい側は照明がついていた。同じブロックの同じ側でついたり消えたりしているのは初めて見た。
一体どういう停電の仕方なんだろう。9時過ぎに帰って来た時も、まだ同じ状態。よっぽどややこしい配線になっていて、修理の人も困っているのか、ずいぶん長いこと停電している。停電になった店は、せっかくの土曜日の夜に停電でずいぶん困っているだろうと、同情してしまう。
今日は午前中晴れているんだが、時々曇って来て、これは雨が降るだろうと思っていた。それでも、結局雨は夜まで降らないまま。
日中の温度29度、湿度54%。夜20度、68%。

良い時期

今日の午後は3時過ぎから大雨。すごい勢いで降っていた。ニュースで言っていた通り、今週末は雨が多いようだ。とはいえ、4時には止んでしまった。まあ、グアテマラの雨季はこんなものだ。その後、また6時前からかなり降って来て、こちらはしばらく降り続いた。雨が強いほど、早く止むように思う。
グアテマラに行くのに良い時期はいつかと聞かれることが良くある。これに対する返事はなかなか難しい。何しろ、好みだってある。例えば、寒いのが苦手な人は12月、1月は避けた方が良いかもしれない。もちろん、日本に比べれば、寒いと言ってもアンティグアでは10度を切ることはまずないので、日本の寒さを逃れてくるんだと思えば、考えようだろう。
暑いのが苦手な人だって同じだ。3月、4月は暑いが、やはり日本の夏のようなことはない。アンティグアでは31度くらいが最高気温。まあ暑いが、少なくとも熱帯夜はないので、日本の夏のようなことはない。
雨季より乾季が良いかと言うと、これも微妙だ。1週間、2週間の短期の旅行であっちこっち見て回ろうと言う人は、それは乾季の方がいいだろう。ただ、雨季だって一日降り続くようなことはほとんどないので、そう時間に制限がない人だったら、雨宿りデモしてお茶でも飲んでればよい。むしろ埃は鎮まるし、木々は生き生きしてくるし、雨季の方が良いこともある。とにかくアンティグアの気候は間違いなく良いので、いつ来ても、過ごしにくいようなことはないと思う。
日中の温度30度、湿度59%。夜21度、64%。

難しい

まだ、中華コンロが帰ってこないので、仕方なく、普通のコンロで炒め物をした。卵とキクラゲ、豚肉、チンゲン菜などを炒めたんだが、結構チンゲン菜の量が多かった。でも、グアテマラではあまり一人用に売っていないし、それを使わずに残しても、また面倒なので、全部入れてしまった。
火力が弱いのはわかっていたので、すべての材料を炒め合わす前に、火を通しておいた。それでも、最後に仕上げをする時に、なかなか調味料が湧いてこない。仕方ないので、湧いてくる間に、洗い物をした。炒め物をしている間に、洗い物をしたのは初めて。
なんだか変な出来だが、まあ火力がないのだから仕方がない。こうしてみると、普通の家庭の主婦の人はすごいと思った。この普通のコンロだって、一般の家庭用の物より、火力は出るように作ってもらったものだ。それでも、これなんだから、一般の家庭で調理するのに、炒め物はどうやって作っているのか不思議な感じだ。
そう言っていたら、修理のおじさんから電話がかかってきて、今から中華コンロを持って行くと言う。そうとわかっていたら、ちょっと待てば良かった。
今日のニュースでも、カニクラのことをこちらの気象庁の人が言っていた。やっぱり今はカニクラの中断期間なんだそうだ。そういう事もあるんだとか。しかも、これから週末にかけて、雨が更に降ると言う。ただ、今日は天気が良く、午後一瞬小雨が降ったが、ほんの一瞬。
今週の日曜定食はバンバンジーの予定。
日中の温度28度、湿度53%。夜22度、66%。

軟水

在グアテマラの日本大使館から、グアテマラの水質に関する資料をいただいた。これはちょっと面白かった。まあ、いろいろ書いてあったんだが、興味があったのは、グアテマラの水が軟水だという事。
まあ、今までそんなこと気にしたことがなかったんだが、こうしてはっきりしたら、それはそれで面白い。硬水と軟水の違いさえあまり知らなかったんだが、要は水に溶けているカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量で決まるらしい。多いと硬水、少ないと軟水という事だ。基準は国によっても違うらしいが、日本の基準で見ても、グアテマラの水は軟水だと言う。
硬水は洋風の煮込み料理に使うと、肉の臭みを消したり、灰汁を出しやすくしたりするんだそうだ。逆に苦みがあり、素材の味を生かす和風の料理には適していないと言う。更に軟水は米に浸透しやすく、ふっくらとしたつややかな仕上がりになりやすく、逆に洋風のパエリアなどは、硬水の方がパラパラとできて良いんだと言う。コーヒーは、軟水だと酸味が引き立ちマイルドになり、硬水だと苦みが強くなる。
こうしてみると、日本人には向いた水だと言えるんだろう。まあ、日本も軟水の国だと言うので、当然だろう。コーヒーについてみると、軟水のグアテマラでは、今アンティグアの喫茶店で一般的な、エスプレッソマシンを使ったコーヒーより、日本的なドリップコーヒーの方が向いているという事だろう。
今日は、朝のうちこそ肌寒かったが、日中はかなり良い天気で、暑くなった。それでも、午後と夜に一瞬小雨。
日中の温度28度、湿度54%。夜21度、63%。

修理のおじさん

中華コンロの調子が悪い。これは日曜定食に使う以外にも、中華料理が好きなので、やはり普通の家庭用コンロより、中華コンロの方が、火力もあり、良く使う。ところが、先々週の日曜定食の後で、火力を調節するレバーが、完全に閉まらなくなった。どうしても途中で止まってしまう。
まあ、作り終わってからだったし、普通に火はつくので、調理には困らないし、終わってからは、元のシリンダーのところで栓を閉めて、特に問題はなかった。でも、やはりいちいち元栓を閉めたりするのは面倒なので、またしても修理のおじさんを呼んだ。最近なんだか修理のおじさんに会う機会が多い。
結構長いことかかって、修理してくれたんだが、この前の日曜日に火を点けて火力を落とそうとしたら、レバーがそちらに回らない。反対側に回すと、少しは火力が落ちるんだが、ちょっと回すと消えてしまうので、調整が難しい。幸い揚げ物だったので、それ程火力を頻繁に急いで調整する必要はなかったので、まあ何とかなったが、お陰で、また修理のおじさんに電話。今度は持って帰って家でゆっくり修理すると言う。ないのは不便だが、それでちゃんと直るんだったら仕方ないだろう。
今日も午前中から曇りがちで、肌寒い。それでも時々晴れ間もあり、昼頃にはだいぶ暖かくなった。それでも、また昼過ぎに出かけようとしたら雨。これはまた出られないかと思っていたら、割とすぐに止んで、外出できた。その後夜まで少しだけ降った程度。
日中の温度25度、湿度64%。夜18度、74%。

奇妙な

なんとカニクラだったらしい。あんまりニュースを見ないので、知らなかった。昨日の晩から雨が降りだして、今朝もちょっと雲があった。それでも、午前中は晴れている時もあり、それなりに暑くなってきたんだが、昼過ぎから雨。かなり降っている。雨が降ってカニクラだと知ると言う、なんだか奇妙なことになっている。今はカニクラの中断期間だそうだ。カニクラそのものが雨季の中断の期間なのに、その更に中断の期間があって、雨が降ると言う、これまた奇妙なものだ。
幸い午前中市場に行った時には、雨の心配をせずに買い物を済ませて帰ってこられた。とっとと買い物をして帰ってきたので、汗をかいたほど。まあ今年は今まで雨が少ないように思っていたので、降ってくれるのは悪いことではない。
今日話をした人も、アンティグアについてから結構埃や火山灰が目に入って痛かったと言うので、雨が降れば少し落ち着くんではないかという話をしていた。コンタクトレンズをしている人は、そう言う問題があるらしい。もちろん、コンタクトレンズをしていても、特に困っていない人もいるし、当然アンティグアに住んでいる人だって、コンタクトレンズをしている人はいるので、人によるのかもしれない。
雨が降ると、涼しくなるので、そういう意味では今日は、昼からかなり涼しくなり、過ごしやすい。特に夜寝る時には、涼しいのはありがたい。これで蚊が増えないでいてくれると、更にありがたいんだが。
日中の温度26度、湿度62%。夜19度、66%。

輸出用

今日の日曜定食はメンチカツでなんと43人来てくれた。こんなに来てくれるとは驚いたんだが、幸い、すべて8時前には出し終えることができた。途中で雨が降って来て、ちょっと上がったが、また降っている。雨の中帰る人たちが気の毒だ。
このメンチカツにキャベツの千切りを付けるんだが、今日のキャベツは輸出用キャベツと言うものだ。なんだか良くわからない。少なくとも見た目は、他で売っているキャベツと何ら変わらない。
でも、かなり小降りで、気持ち高い。確か小さいのに2ケツアル(約30円)だったと思う。良くキャベツを買うトラックで来るおばちゃんから買ったんだが、なんでこんなに小さいのに2ケツアルかと聞いたら、これは輸出用で輸出用に出荷して余ったものだけを、市場に持ってきて売っているんだと言う。
このおばちゃんは、自分のところで作ったものを売っているらしく、たまに白菜があったり、ルッコラ、チンゲン菜も良く持っている。ちょっと面白いので、いつも市場に行った時には、顔を出すんだが、この輸出用キャベツと言うのは初めて見た。
かなり疑いを持っていたんだが、千切りにしてみると、切る感触が違う。小さくて足りなかったので、他のキャベツも少し切ったんだが、明らかにこれより柔らかい感触。さすが輸出用だと感心した。食べた時もちょっと柔らかい感じ。これはなかなか良いと思った。午前中から曇っていて、雨が降るかと思ったが、その後晴れてきて、日中は暑くなった。夜に雨。
日中の温度29度、湿度36%。夜22度、62%。

スーパーの近くに

夜ご飯を食べに外に出たんだが、アンティグアにはたくさんレストランがある割に、ここに行こうと思う店は少ない。なんだか、いつも数軒の同じような店を順番に行っているような気がする。たまに新しい店や、行ったことのない店に行ってみるんだが、その後、ちょくちょく行こうと思うような店はなかなかない。
まあ、そういう事もあり、今日はまた新しい店に挑戦。スーパーのボデゴナの5カジェ側の入り口の近くにちょっと前にできた店。店名がタコナッソと言うので、タコス屋かと思っていたんだが、入り口のところの看板には、シュラスコとか豚肉を香辛料につけて焼いたものなどが書いてある。店の中を見るとタコス屋の象徴と言うのか、パストールというタコスを作る、ケバブと同じように肉を刺した串を火に当てて回していくような装置がある。ただ、そこにはもう肉はなく、きれいになっているところを見ると使っていないようだ。
メニューにはタコスもあるが、タコス屋よりも、ステーキ屋に変わったみたいに見える。ペトラはテンダーロインの焼いたもの、僕は鳥の胸肉にパン粉を付けて揚げたものを頼んだ。テンダーロインはグアテマラでは肉の中でも最も高い部位なんだが、普段は90ケツアル(約1350円)なんだが、今日は特売で70ケツアルと言う。70ケツアルでも安くはないが、まあ肉もそれなりの量で、そんなに固くないし、70ケツアルだったらまあまあか。鳥の方は、40ケツアルでちょっとしょっぱいが、付け合わせもネギの焼いたもの、ジャガイモ、サラダで、悪くはない。しょっちゅう行くかはわからないが、選択肢の1つにはなるかと思う。
今日も天気が良く暑い一日。
日中の温度30度、湿度28%。夜23度、49%。

住んでる

以前も書いたが、2階の部屋の裏庭からの階段全体にトゥンベルヒアが茂っている。トゥンベルヒアは蔓性の花なんだが、これが階段の横と上をほぼくまなく覆った感じになっている。この花には蜜が多いのかわからないが、これを吸いにハチドリが良く来るようになった。
ところが、最近良く来るどころか、毎日かなりの数のハチドリを見るようになった。ペトラの話では、夜にもトゥンベルヒアの葉っぱがガサガサ言っているので、きっとその中に住んでいるんだと言う。
最初はちょっと信じられなかったが、今日も午前中ハチドリが1羽、部屋の中に入って来て、出られずドアにぶつかっていた。こうも良く部屋の中に入ってくるところを見ると、本当に、トゥンベルヒアの中に住んでいるのかもしれない。
住んでくれるのは良いし、ちっちゃな鳥が飛んでいるのは見ていて悪いものではないんだが、部屋に入って来て、出られなくなり、窓やドアにぶつかっているのを見るのは心苦しい。最近は大分ぶつかっている鳥を誘導して外に出られるようにするのも手馴れてきたんだが、それでも、同じ部屋に人間が入ってくると驚いてさらに激しくぶつかったりするので、気が気ではない。
今日も雨は降らず、日中はかなり暑い。ただ、ずいぶん雨が降らないため、湿度が低くなっているので、そういう意味では気温の割には過ごしやすい。
日中の温度30度、湿度26%。夜22度、41%。

近くの店で

以前ここでも書いたエストゥファロハというアタバルの割とそばにあるレストランが移転すると言う。オーナーでシェフの人が、良く日曜定食を食べに来てくれるんだが、先日会った時にも、今の場所は別のホテルの中で、入り口から中庭には、喫茶店もあるので、分かりにくいからダメだと言っていた。今度は独立した場所で、ちゃんと駐車場もあるようなところを探しているんだと言う。
それでも、そうすぐには移転しないのかと思っていたんだが、どうも先週くらいから閉まっている。おかしいなと思っていたんだが、昨日道で会ったら、今日の晩、移転のパーティーをするから来いと言うので、ちょっと顔を出してきた。
従業員や関連の人が来ているようで、割と内輪のパーティーのようだった。ラザーニャとサラダが出た。ラザーニャは好物と言うほどではないんだが、嫌いではない。ちょっと変わった作りで、ソースは別にかけていた。サラダも含め、なかなか美味しかった。
ただ、移転先はまだ決まっていないみたいだった。従業員の話を聞いていたら、どうやら別の仕事を探すようだ。アンティグアではお高い店だったんだが、なかなか凝ったことをしているし、こういう店がなくなるのは残念。まあ、どこに引っ越すのかわからないが、あまり遠くないと良いんだが。
今週の日曜定食はメンチカツの予定。
今日も一日天気が良く暑い。これでもまだカニクラじゃないんだろうか?
日中の温度31度、湿度26%。夜23度、46%。

ミニタクシー

今日午前中買い物に出て、スーパーで買い物をした。ちょっと荷物が重かったので、トゥクトゥクで帰ろうと思って、外に出たらちょうど最近出だした小型のタクシーが向こうからやってきた。
これは良い機会だと思って、手を上げて呼んでみたところ、普通に止まって乗せてくれた。まあ、タクシーだから、それはそうなんだろうが、初めて乗るので、どういうシステムなんだか良くわからない。
乗ってから話を聞いてみたら、このタクシーはホコテナンゴの車で、基本的には流していないんだそうだ。電話で呼び出すようになっているらしい。ということは今日はどこかに客を乗せて行った帰りということだったんだろう。別にアンティグアにも、同じタクシーがあるので、それは料金もサービスの仕方も違うかもしれないということだった。
料金もいろいろ聞いてみたが、アンティグア市内が大体20ケツアル(約300円)という事だ。ウーバーが15ケツアルしないのでちょっと高い。グアテマラシティーまで、200ケツアル、サン・ルーカスまでは、なんと100ケツアルだと言う。ウーバーだとそれぞれ180ケツアル、50ケツアルなので、特にサン・ルーカスに行くのは高くつく。そもそもウーバーは普通の乗用車なので、全然広い。このミニタクシーは荷物を入れるところもないし、トゥクトゥクに毛が生えたようなものだ。これではあまり利用しないように思う。
今日も天気が良く暑い一日。
日中の温度30度、湿度35%。夜22度、53%。

やはり月曜日が休みになると、どうも調子が狂う。今日もついつい月曜日と思って、なんだか頓珍漢なことをやったり言ったりしている。今月は25日もアンティグアの町の祝日なので、休みになる。9月は独立記念日の15日が祝日なんだが、これは振替にならないようなので、週末以外休みはなし。こんなんだから9月を振替にすればよいのにと思うんだが、どういう基準で振替の日を選んでいるんだか不思議だ。
まあ、とにかく無事に今日も新しい週の授業が始まった。とはいえもう明日は水曜日。何しろ、もう1年も半分を過ぎているし、時間がたつのが驚くほど速い。まあ、そういうと年を取ったからだと言われるんだが。
ここの所風邪をひいている人が多い。まあ暑くなったと思ったら雨が降って涼しくなるし、気温の変化が激しいので、風邪をひきやすいのかもしれない。僕も先週末から咳が出る。ペトラがコカ・コーラにショウガを入れて煮た物を作ってくれて、それを飲んでいるんだが、まあ熱が出たり、他の風邪の症状が出ないだけ良い感じ。
今日はさらにチョコラーテ(いわゆるホットチョコレートと言うのか、チョコレートを溶かした飲み物。)を昨日サン・マルティンで買ってきたので、これも喉に良いと言うので飲んでいる。ペトラはあまりおいしくないと言うが、他のチョコラーテより、砂糖が少ないので、僕には好み。
今日も天気が良く暑い一日。
日中の温度31度、湿度34%。夜23度、49%。