スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



第1金曜日

今日はベラシオン。カテドラルとサンタ・カタリーナ・バラオナという村であるはず。ただ、まだ大きい物ではない。四旬節が始まったばかりだ。今日中央公園の南側を通ったら、そちらの方はもうハカランダが満開になっていた。大抵北側を通るので、気が付かなかったが、中央公園でも日当たりなどの問題があるのか、一斉に咲くわけではないようだ。まあ、それにしても、これでかなり四旬節らしくなってきた。
日曜日には最初のプロセシオンが出る。もちろんこちらもまだまだ大きなものではなく、人もあまり集まらないので、担ぎ手が足りないくらいの規模のものだが、グアテマラシティーでは、すでにかなり大きい物が出るようだ。やはりグアテマラシティーは人口が多いので、規模という点では、アンティグア以上になる。
アンティグアの四旬節、セマナ・サンタの魅力は、世界遺産に指定されている中世風の街並みの中で、昔ながらの行事があるというところにあるんだと思う。やっぱり、ビルの中をキリストの像を担いで歩いているより、絵になるということだろう。
その絵になるという点からしたら、やっぱりこの時期ハカランダが満開ていてほしいと思うんだが。まあこの調子だと全部は無理でも、中央公園の北側などは、上手い時期に咲くんじゃないかと思う。
今日はちょっと朝から肌寒い。天気は良いんだが、なんだか風があり、結構冷たい。寒波が来ているということなので、その影響か。昼からはやはり暑い。夜はまたっちょっと風があって寒い。
日中の温度27度、湿度38%。夜19度、44%。
スポンサーサイト




中央公園のハト

アンティグアの中央公園とラ・メルセー教会の前の広場にはハトがたくさんいる。以前はラ・メルセー教会の方がたくさんいたように思うんだが、ここ数年は中央公園のハトが増えに増えて、ものすごい数になっていた。
どちらが先なのかは良くわからないが、ハトのえさを売る人も出て来て、さらに増えてきたように思う。夕方など、中央公園に行くと、寝る前の運動をしてるのか、ハトが集団でぐるぐる飛び回っていて、ある意味壮観。
ただ、当然問題もあって、以前公園のベンチに座っていたら、上からハトの糞が落ちてきた。それ以来、ベンチに座るときには、周りにハトの糞が落ちていないか確認してから座るようにしている。
先日のニュースでは、アンティグアの市長が、このハトを減らすことにして、まず、ハトのえさを売るのを禁止したという。まあ、それはそうだろう。このままの勢いで増え続けたら、それはそれで大変なことになると思う。ハトに公園を乗っ取られそうだ。
僕は見たことがないんだが、ガビラン(辞書にはハイタカと書いてある。)という、鷹の仲間も数羽いて、ハトを食べているんだという。今日の午前中に中央公園を通ったら、なんだかハトがずいぶん減っているように思う。たまたま、どっか別の所に行っているのかもしれないが、ハトを減らすのに、えさを売らない以外の措置をしたんだろうか。
今週の日曜定食はメンチカツの予定。
今日も天気が良く暑い。
日中の温度28度、湿度36%。夜20度、45%。

四旬節始まる

今日は灰の水曜日。今日から四旬節が始まる。先生たちの話では、今年は、四旬節の前から、もうベラシオンをやっている教会があるんだそうだ。どういう理由なのかはなんだかよくわからないが、毎年人が増えてくるので、それに応じて、行事の予定も変わっていくようだ。
ハカランダの花はもうあちこちで咲いている。毎年割と早く咲く、コンパニア・デ・ヘススの所のハカランダは、もう既に散ってしまっている。そこから2ブロックと離れていない中央公園のはまだなので、どういう違いがあるのかと思う。
やっぱり、ハカランダの紫の花が満開になっているところを、紫の衣装を着た人たちが大勢でプロセシオンを担いで歩くというのが、四旬節の感覚なので、少なくとも公園のものは、もう少し待ってもらいたいと思う。
とはいえ、もう四旬節が始まり、アンティグアは、お祭りの季節になる。それに、この四旬節、セマナ・サンタは暑い時期と決まっている。もちろんその後だって暑いんだが、セマナ・サンタが終わり、しばらくすると、雨期に入り、曇っている時は、それほど暑くならないので、天気が良く、外に出る機会が多いこの期間は暑い感じがするんだろう。
それにしても、今日は暑い感じがする。朝起きた時から、上着を着ようかどうかと思うくらい、暖かかった。一応着てパンを買いに行ったが、朝ご飯を食べてすぐに脱いで、あとはTシャツ。
日中の温度29度、湿度48%。夜21度、55%。

アイスクリーム屋

だんだん暑くなってきて、アイスクリームが欲しくなる季節だ。グアテマラにもいくつかのアイスクリームのチェーンがある。おそらく一番大きいのはサリータじゃないかと思う。アンティグア市内だけで最低6,7軒あるんじゃないだろうか。サリータ以前はトップスだのポップスだのがあったが、これらは今もあるものの、店はアンティグア市内に1,2軒しかない。そう考えてみると、サリータは割と新しい店だという感じ。
このサリータが最近ちょっとおかしい。暑くなってきたので、ペトラが果物のシャーベットを固めたアイスキャンディーのようなものが食べたいと言って、買いに行ったんだが、どこでも売っていない。あっても売れ残ったものがわずかにある程度。
アタバルから比較的近い4カジェの公園の手前の店などは、もうほとんど品物がなくて、どうやら閉店する感じだ。仕方なく時計台の近くの店まで行ったんだが、こちらも品薄で、その割には店員は今まで以上にいて、なんだかいろいろ作業をしている感じ。どうやら、何らかの変更があるみたいだ。
多すぎる店を整理して、残った店をコーヒーなど、アイスクリーム以外のものも売って、変更していこうということではないかと思われる。まあ、僕自身はそれほどアイスクリームを食べないので、あまり関心はないんだが、確かにアイスクリームだけで商売をするのは、寒い時期など簡単ではないように思う。
今日は午前中は晴れている割に気温が上がらなかった。それでも、昼過ぎにはかなり暑い。
日中の温度29度、湿度41%。夜21度、54%。

ハンバーガー屋

6アベニーダを北に少し行ったところ、コンパニア・デ・ヘススの教会の前に、レストランがいくつかある。一番大きいのは角から続くタコス屋と、その横のステーキハウスだが、それ以外にも小さな店がある。
このうちの一つが、以前も書いたことがある店があったんだが、残念ながら閉店してしまった。その後に、また別のレストランができている。今度はどうやらハンバーガーの店らしい。名前は良くわからない。
先日入ってみたんだが、1階はカウンターのみで、2階にテーブルが5、6個ある。狭いので階段も狭く、昇り降りがちょっと怖い。メニューは鳥の手羽とハンバーガーのみ。手場は種類ほどソースが選べ、ハンバーガーは4種類くらいある。ここで手羽のバーベキューソースと、豚のあばら肉のハンバーガーというのを食べた。まあ、悪くないが、手羽は8本入りで約50ケツアル(約750円)。ハンバーガーはどれも75ケツアルだったと思う。まあ、場所を考えると、しょうがないと思うが、結構いい値段。ハンバーガーはそこそこ肉も厚く、先に食べていたフランス人の女性はおいしいけど食べきれないと言って半分近く残していた。僕らが食べていた時は、その他に人はいなかったが、帰るときには、3人くらい入ってきたので、そこそこ流行ってるのかもしれない。若いお兄ちゃんが2,3人でやっている感じ。
今日は朝は結構肌寒かったが、日中は暑い。
日中の温度28度、湿度49%。夜21度、58%。

パン

パンはグアテマラの主食の一つだ。グアテマラはトルティーヤというイメージがあるかもしれないが、今時、町中の一般家庭はトルティーヤは昼が主で、夜にはたまに食べる程度だと思う。朝はまずパンだし、夜もパンを食べることが多いはずだ。
それだけにパン屋はたくさんある。アタバルのそばにもパン屋は2,3軒ある。ただ、パンの好みはいろいろで、フワフワしたパンが好きな人もいれば、カリッとしたパンが好きという人もいる。
日本的なモチモチしたパンは、どうやらあまり一般的でないようだ。モチモチ系のパンは、新しめの、ちょっとしゃれた店でないと手に入らない。想像するに、以前はカリカリ系のパンが主だったんじゃないかと思う。ペトラなどこの外が固くいパンを、良く昔のパンの様だと言って、好んでいる。
まあ、確かにそれはそれで悪くないが、ちょっとカスカスして、日本的にはボソボソした感じがするんだが。基本的にクリスピー系の食べ物を好むところからきているんじゃないかと思われる。それに、フワフワ系のパンは、どうやら機械で作っていて、軽くて空気ばかり食べてる感じがするのも、そう言った好みの人が多い理由の一つではないかと考えられる。
またも寒波が来ているということで、朝はそれほど寒くなかったが、日中は晴れているのに、風があって、あまり暑くならない。
日中の温度26度、湿度38%。夜20度、45%。

バター

バターが好きなんだが、グアテマラでは一般の人はバターは使わない。大抵家庭で料理に使われるのはマーガリン。まあ、値段の問題があるんだろう。はっきりわからないが、マーガリンはバターの10分の1近い値段なんじゃないかと思う。
バターだって売っていないわけではないが、おいしいバターは大体輸入品で結構高い。それでも、そんなに大量に使うものではないので、最近はたまに買うことがある。このバターの輸入品を最近アンティグアのスーパーでは、塊で売っている。これで買うと、小さいサイズのものを買うより割安なので、これを買っていた。
ところが、だんだんかなり大量の塊しかなくなって、先日仕方ないので、1キロくらいの塊を買ったんだが、これが大失敗。どうやら、古くなっているらしく、発酵したような、変なにおいがする。
発酵バターというのがあるが、発酵したような感じでも、それとはまた違うと思う。ツンとしたにおいがして、どうもおいしくない。しかし、大きな塊を買ってしまったので、どうしようかと、まだ捨てるに捨てられず、冷蔵庫に入っている。何とかうまく利用する方法はない物か?まあ、それ以前に食べても大丈夫なものかが心配。(最初は知らずに、食べてしまったんだが、その時は何ともなかった。)
今日は朝からだいぶ暖か。日中はちょっと雲が多く、それほど暑くならなかった。
今度の日曜日は2月の最終日曜日なので、日曜定食はお休みさせていただきます。
日中の温度28度、湿度32%。夜21度、45%。

麻薬製造器?

先日アンティグアでラーメン屋をやっている人から相談を受けた。なんでも、新しい日本製の製麺機を買ったんだが、税関で止まってしまって、なかなか出してもらえないんだそうだ。
どうして税関に止められているのかと思ったんだが、なんでも、税関の人が、こんな機械は見たことがないと言って、覚せい剤などのドラッグを作る機械じゃないかと疑っていると言う。
いったいドラッグを作る機械というのは、どんなものだか想像もつかないが、そもそもそんなものがあるんだろうか?あるとしても、どういう会社がそれを商業ベースで生産するんだろうか?かなり不思議だ。まあ、考えられることとしては、他の物を作る機械を、ドラッグを作るのに流用するということくらいだ。ということは、製麺機は、そういう機械に似ているということだろうか?まあ、どちらも白い粉であることは似ていると言えるか?しかし、一方は白い粉を作り出すもので、他方は白い粉を原料とするものだから、ずいぶん違うような気がする。
まあ、わからないことが多いが、苦労しているらしい。マニュアルを訳して、こういうものに、使うんだと主張すると言う。パイオニアはどこでも、なかなか大変なことだ。
寒波が来ているという割には、朝ちょっと肌寒かったがここ数日とそれほど変わらない。日中はかなり暑い。
日中の温度29度、湿度33%。夜21度、46%。

山道

アンティグアの道は、石畳というか、ゴロゴロした石が埋め込んであるような感じなんだが、歩道はさすがに大抵コンクリートで平らに固めてある。大抵というのは、そうでないところもあり、石が埋め込んであるところもあれば、コンクリートでも、もう割れていて、穴だらけのところもある。
どうやら、歩道はその前の家が管理することになっているようだ。大体自分の家の中は綺麗にしていても、歩道までは手が回らないので、ほってあることが多いんだろう。実際、アタバルの前も、手を入れたことはほとんどない。
ただ、この歩道まで石を埋め込んであるのは、ちょっと困ったもので、なんといっても歩きにくい。まあ普通には、それほど問題はないんだが、女性でハイヒールのようなものをはいている人は、ものすごく歩きにくそう。そうでなくても、年配の人は、やっぱりちょっと危ないと思う。いくら世界遺産のコロニアルの町だと言っても、歩道まで石を敷くのはあまり良い考えではないように思う。僕も以前、日本の整体師の人に、「山の中に住んでいるんですか?」と聞かれたことがある。足の筋肉が、舗装されてない山道ばかりを歩いている人のようになっているんだそうだ。
今日も朝起きた時はかなり寒かった。セーターを着ても、ちょっと肌寒さを感じるほど。それでも、やっぱり日中は天気が良いので、昨日以上に暑くなった。でも、ニュースではまた寒波が来ていて、今夜は寒くなると言う。
日中の温度29度、湿度40%。夜21度、47%。

エビ

今日市場でエビを買った。今度の日曜日は2月の最終日曜日になるので、日曜定食はお休みさせていただく。だから、日曜定食用ではない。でも、ちょっと大ぶりのエビを以前見て、これは食べ出がありそうだと思ったんだが、その時は、もう買い手がついているようだったので、今度持ってきてくれと頼んでおいたものだ。
今日はこのやや大ぶりのエビしかなかったので、ちょっとパッと見た時には、そんなに大きく見えなかった。それでも、買って帰って来て、殻を剥くときに見たら、やっぱり大きく見えた。もちろん、日本のクルマエビほど大きなものではなく、通常市場で売ってるものより、1回りか2回り大きい程度のものだ。まあ、それでも、ちょっと食べ応えがありそう。
それ以前に買った小ぶりのエビは殻がふにゃふにゃしていて、ヌルヌルして滑って、かなり剥きにくかった。自分用に1ポンド(500g弱)買っただけだったんだが、一人で剥くのに、かなり時間がかかった。ところが、今回のは大きいし、殻はしっかりしているし、フリアや娘のイングリットも手伝ってくれたので、すぐに剥き終わった。これも、大型のエビの良いところ。どう料理して食べるかは、これからだが、ちょっと楽しみ。
今朝起きた時は、結構寒かった。また寒波が来ているという話も聞いたので、そのせいだろう。それでも、日が差して来たら、すぐに暖かくなり、日中はかなり暑い。
昨日の日曜定食はホイコーロで17人。
日中の温度28度、湿度36%。夜20度、44%。

ケーキの好み

ディア・デ・カリーニョは、日本で言うバレンタインデーで、グアテマラでも2月14日だ。それで、今日は朝から10時の休み時間にケーキを配るために、買いに出かけた。以前はピザという選択肢もあったんだが、今やピザは値段が安いこともあり、リトル・シーザーズがほぼ独占状態で、ここは今日もかなり長い行列ができていて、買えない。
去年の母の日やらは、サン・マルティンのケーキを買っていたので、今日はちょっと気分を変える意味もあり、アンフォラでイチゴのショートケーキと、ティラミスを買った。ショートケーキは結構みんな好きなのを知っているんだが、まあもしショートケーキが嫌いだという人がいたらいけないので、念のため、別の物も買うようにしている。
アンフォラでは、ショートケーキ以外の選択肢が3つくらいしかなくて、それらも見た目は、それほどショートケーキと変わらない感じだったので、ティラミスにしてみたんだが、先生たちは、あまりティラミスが好きではないらしい。みんなショートケーキを選んでいた。そんなに違うものかと、ちょっと驚いた。ティラミスの方が甘いからだという。そんなものだろうか?あんまりケーキを食べないので、良くわからない。
生徒さんの一人がポップコーンにマシュマロを溶かしたものをかけて固めたお菓子を持ってきてくれたので、これもみんなで食べた。おいしいものだ。
今日も晴れたり曇ったりの天気だが、日中はそれなりに暑くなった。夜になって、風もあり、ちょっと肌寒い。
日中の温度26度、湿度44%。夜20度、48%。

アタバルのそばにも

先日書いたアンティグアの町中の監視カメラの件だが、ついにアタバルのそばの角にも設置したようだ。今日の昼過ぎに用事で出て、帰ってくるときに、なんだか作業服を着た人が2,3人いるので、何をしているのか見たら、電灯のポールに、新し気なカメラが2台ついていた。
これらのカメラは寄付で付けているらしいが、そんなことだったら、1台カメラを寄付したら、アタバルの前にもつけてもらえないものかと思う。まあ、別にアタバルの前で何か事件が起こったわけではないんだが、隣の雑貨屋が夜に酒を売って騒いだりする人が来るので、そういうのを取り締まってもらえたらありがたいんだが。
そういう感じでカメラの寄付を募ったら、一人のお金持ちに頼らずとも、かなりのカメラが設置できるんじゃないかと思うんだが。一つの家庭で1台は必要ないし無理だろうが、そうことであれば、一つの区画で共同してカメラを付けたいという人は多く出てくるんじゃないかと思う。
一応、今日の午後外出した時に、ちょうど家の前に警察の車が停まっていたので、いざという時にクレームを出す電話番号を聞いてきた。これで週末にうるさい時に、とりあえず、何かすることができるので、ちょっと安心か。
今日はまた朝結構肌寒かった。ただ、昨日のように曇りがちの天気ではないので、日中はかなり暑い。
今週の日曜定食はホイコーローの予定。
日中の温度29度、湿度40%。夜21度、52%。

市場のタマル

市場でちょっと美味しいタマルを見つけた。市場の外の売り場にあるので、場所を説明するのは難しいが、土曜日だけ売りに来て、朝は約6時くらいから売って、9時には大体売り終わってしまうというので、普通に買うのはなかなか難しい。シウダー・ビエハのおばあさんが売っているらしい。
いつもトマトを買う店の横で売るので、初めて食べたのは、このトマト売りの人が食べているのを見て、それはおいしいタマルかと聞いたら、試してみろと言って1個くれた。これを食べてみたら、なかなかおいしいので、次に市場に行ったときに、そう言ったら、次の土曜日に買っておいてくれるというので、2個頼んだ。
タマルの中に入っている肉は大抵豚か鶏なんだが、おばあさんのは豚のみらしく、骨付きと骨なしがある。骨付きは脊髄の部分らしく、結構大きいのがゴロッと入っている。骨付きの方が6ケツアル(約90円)で骨なしは5ケツアル。骨付きの方がおいしいという。
確かに骨から出る味が回りに沁みていておいしいように思う。脊髄の部分なので、骨髄の部分が好きな人など、当然こちらの方がおいしいだろう。それだけではなく、トマトベースのソースもたくさん入っていて、これはなかなか行ける。タマルは結構当たり外れがあるのでこれはなかなかいいと思う。
今日は朝からそれほど寒くなかったが、日中は逆にカンカン照りにならず、それほど暑くならなかった。
日中の温度26度、湿度52%。夜20度、57%。

カメラ

新しい市長が就任して、どうも、さっそく道路の修理をしていた。まあ、前の市長があまり何をしてるんだかわからないような状態だったので、それに比べれば、とりあえず、何かする気を見せようとはしてるんだろうと思って見ていた。
昨日昼過ぎに中央公園のそばを歩いていたら、なんだか電線の修理をするようなクレーンに人が乗る箱が付いたようなの物を備えた大きな車が停まっていた。これはいったい何をしているのかと思っていたら、どうやらカメラを設置しているらしい。
今の市長の後援をした、アンティグアの大きなホテルのオーナーが、200台とかの監視カメラを寄付して、それを設置しているんだということだった。以前も、汚職で逮捕された市長が監視カメラをあちこちに設置したんだが、ほとんどが使えていないという情けない話だった。
今度はちゃんと使えると良いんだが。まあ、設置しても使う方に問題があったらどうにもならない。アンティグアは小さな町なので200台あれば、それなりにカバーできそうだ。今度こそ、ちゃんと使えるように機材やら体制を整えて、週末の酔っぱらいの取り締まりなどにも利用してもらいたいものだと思う。
今日も朝のうちは肌寒かった。なかなか朝から暖かいようにはならない。ニュースで言っていたように、寒波の影響なのかもしれない。ここのところ、夜は満月に近い(日曜日が満月だったらしい。)状態で、とっても明るい。
日中の温度28度、湿度50%。夜21度、65%。

募金

どうやらまた寒波が来ているということらしい。ペトラが先週末のニュースでそう言っていたと言う。確かに昨日はあまり暑くなかった。昼頃には晴れていたが、割と曇っていて、ちょっと肌寒い。
今日も朝から曇りがち。そんなに寒くないかと思っていたが、やっぱり上着を羽織った。さすがに昼にはかなり暑くなってきたが、2時ごろにまた曇って来て、思ったほど暑くはならない。
昨日、日曜定食の用意をしていたら、呼び鈴が鳴った。日曜定食の予約かと思って見に行ったら、四旬節のサンタ・アナのプロセシオンなどの行事のための寄付を集めに来た人だった。
もうそんな時期になったのかとあらためて思う。まあ、もう2月も第2週で、あと2週間もすれば、四旬節が始まるのだと思うと、それほど早いことはない。日本的に考えれば、今頃やってるのかというくらいだ。今からお金を集めて、飾りつけなどの材料を買って始めるなんて、ちょっとギリギリという気がしなくはない。でも、他の所はまだ来ていないくらいだから、そんなもんなんだろう。
昨日の日曜定食は棒棒鶏で28人。もうちょっと暑くなるかと思っていたので、暑くない料理も悪くないと思ったんだが、それほどでもなかった。
夜になっても、それほど寒くない。
日中の温度28度、湿度48%。夜20度、52%。

カツレツ

シュニッツェルは子牛のカツレツのことらしいが、豚や鳥でも作られるようだ。ウキペディアには「ドイツ、オーストリアの肉料理。イスラエルでも盛んに食べられる。」と書いてある。
アンティグアでシュニッツェルというと、ウイーンというレストランで良く食べるんだが、最近5カジェ側のボデゴナの入り口の近くに、シュニッツェル&シングスという小さな店ができた。
ペトラがシュニッツェル(とんかつはもっと好きだが)好きなので、先日夕飯を食べにちょっと寄ってみた。イスラエルの人とコスタリカの人が共同でやっているようだ。どちらもなかなか良い感じの人で面白い。
メニューはほぼシュニッツェルを挟んだサンドイッチのみ。シュニッツェルは鳥肉。挟む野菜とソースをいろいろ選べるようになっている。確かサンドイッチのみだったら40ケツアル(約600円)。コンボで飲み物とフレンチフライを付けると50ケツアル。
中身もそこそこ入っているし、大きさもそれなりなので、それほど高い感じはしない。注文すると鳥を切ってパン粉を付けてあげるので、それなりに時間がかかる。ペトラは炒めた玉ねぎとトマト(だったと思う。)を入れて、僕は野菜全部入れ。ペトラの頼んだものの方がシンプルでおいしかった。
今日も朝こそ寒かったが、日中はかなり暑い。
日中の温度29度、湿度49%。夜20度、56%。

トマト

トマトはグアテマラの主要な食品の一つだ。トマトを食べない日はないんじゃないかと思うほど。ソースにもするし、料理の基本の味付けがソフリートという玉ねぎやニンニク、その他の香味野菜などを細かく切って炒めたものなんだが、これはラテンアメリカ全体で使われるが、地域や家庭によって、また、料理によって、ちょっとづつ違うらしい。
グアテマラのソフリートは大抵トマトが入る。まあ原産地に近いだけのことはあるんだろう。
このトマトは大きく分けて、細長いトマト、丸い日本で普通に見かけるトマト、小さいミニトマトになる。日本ではミニトマトも丸い物しか見たことがないが、アンティグアの市場ではミニトマトにも、細長いものと丸いものがあるのが面白い。
一応細長いのと丸いのでは用途が違うらしい。グアテマラでは料理には細長い物を使い。丸いのはサラダにするくらいが普通のようだ。ただ、我が家ではそれほど気にしていない。その時の出来次第という気がする。細長いのがサラダに向いているような味の時もあるし、丸いのが調理向きだったりすることがあるように思う。当然調理するときだって、作る料理によって、水気の多い物がいいような料理もあるし、そうでない時もあるので、一概に言えないように思う。
今日は朝起きた時は、ちょっと寒いように思ったが、すぐ暖かくなり、日中はやはり暑い。
今週の日曜定食は棒棒鶏の予定。
日中の温度28度、湿度45%。夜20度、55%。

ラ・フエンテ7

ラ・フエンテにまた新しい店ができている。ラ・カサ・デ・ラ・エンパナーダというんだが、エンパナーダ(パイ)の家という意味なんだが、ヴィーガンの店と同じオーナーらしい。それで、最初はまたヴィーガンの店かと思って、敬遠していたんだが、見てみるとちゃんとした肉の入ったエンパナーダがあるので、先日これまたちょっと試してみた。
エンパナーダは中南米ではどこでも食べるものだが、アルゼンチンが有名だ。地域や家庭によって揚げる場合とオーブンで焼く場合がある。日本的にパイというと、パイ生地の層状になっているものを想像するが、エンパナーダは層ではないものがほとんど。パンで包むという名前の通り、パン生地に近い物。最初はパイを食べるつもりで、齧ったら、あのサクサクした脆い感じのものでなかったのでびっくりした。
この店のエンパナーダもそう。オーナーがアルゼンチンの人の様で、アルゼンチンの味だと書いてある。牛肉、鶏、アルゼンチン風チョリソ、もちろんヴィーガン用もある。1個25ケツアル(約375円)前後。サン・マルティンなどのパン屋では7ケツアルで売ってるので、結構強気の値段設定。大きさはさすがに一回りは大きい。
チョリソは1個入っている。ちゃんと切ってないので、端を齧ったら、全部中身が出てきてしまった。牛、鶏はひき肉でそんなことはないが、牛肉はほとんど肉という感じで、味付けも香辛料の味は結構するがそっけなく今一。鶏の方が野菜などが入っていて、おいしい。注文を受けてからオーブンに入れるらしく、15分くらい待たないといけない。
今日は朝からちょっと暖かいように思う。日中はやはり暑い。
日中の温度28度、湿度47%。夜20度、57%。

アイスクリーム屋

最近、アンティグアにはアイスクリーム屋が増えているように思う。それも、大抵はチェーンとかではなく、個人でやっているような、手作り的なのを売りにした物だ。当然、その分高い。何しろ25ケツアル(約375円)くらいはするので、日曜定食と同じ。そう思うと、ちょっと愕然とする。
アタバルのすぐそばの角を4カジェ沿いに曲がったところにもその手のアイスクリーム屋ができた。元はレストランだったので、結構広いところだ。入り口はそれほど大きくないんだが、奥が結構大きい。
最初はこの大きさの場所でアイクリームだけを売ることはないだろう思い。そのうち別の物も売るんだと思っていた。ところが、もう3か月くらいになるが、相変わらずアイスクリームだけ売っている。
看板を見たらやっぱり手作りっぽく、無糖とかグルテンフリーとか書いてある。僕はアイスクリームをあまり食べないのだが、一度ペトラと入ってみた。ペトラがなんだか柑橘系のアイスを頼んだ。まあ、アイスクリームではなく、シャーベットだろう。少しだけもらって味見してみたが、甘くなく、その点は僕にとっては悪くないが、酸っぱすぎるように思う。もう少し甘くした方が一般受けするんじゃないかと思うんだが。
今日も朝のうちはちょっと肌寒かったが、天気が良く、また昼過ぎにはかなり暑くなった。湿度もちょっと高い気がする。
日中の温度28度、湿度50%。夜21度、62%。

だんだん暖かくなってきた

だんだん暖かくなってきた。今日は朝起きた時こそ、ちょっと肌寒くて、薄手の上着だったのを、厚めの物に着替えたほど。ここ数日に比べても、ちょっと寒かったと思う。それでも、天気が良いので、だんだん暑くなってきて、昼過ぎには事務室で座っていても汗がにじんでくるほど。
アンティグアでは3月、4月の四旬節、セマナ・サンタの頃が暑い時期だと言われている。今月の26日が灰の水曜日で、四旬節が始まるので、そろそろ暑くなってくるのは、いよいよお祭りという気分になる。
セマナ・サンタが終わると、そろそろ乾季の終わりという感じになる。ただ、住んでいると、結構雨季の方が過ごしやすいように思うことがある。なんと言っても寒くないのは良い。更に、雨季といっても一日降り続くわけではないので、適当なお湿りという感じでほこりも減るように思うし、悪くない。
昨日の日曜定食は、ジャガイモのコロッケでなんと41人来てくれた。さすがにこんなに来てくれるとは思わなかった。ありがたいことだ。幸い自分の分も考えて多めに作っておいたので、早く出すことができて、大体7時半には出し終わっていたように思う。ほっとして、その後に自分用に揚げたのは、タイマーを押すのを忘れていて、ちょっと焦がしてしまった。まあ、苦くなるほど焦げたわけではないので、食べられた。
夜になってもそれほど寒くない。
日中の温度29度、湿度48%。夜20度、58%。