スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



グアテマラではトと言う苗字がある。おそらく中国系かインディヘナ系の名字だと思う。また、名前は、そのまま呼ばずに、決まった変え方があり、そちらで呼ぶことが多い。例えば、ホセはチェペ、ビクトリアはトーヤとなる。
この呼び方で行くと、マルコがマコとなる。このため、たまに、僕の名前(マコト)をマコ・ト→マルコ・トと理解する人がたまにいる。ひどいのになると、僕の姓名がマルコ・アントニオ・トだと思っている人もいるくらいだ。なぜ、アントニオかと言うのは、ちょっと良くわからないところがあるが、マルコと良く組み合わせて使われる名前がアントニオなんだと思われる。このため、以前「おーい、トノ。」と呼ばれて、何を言っているのかと思ったことがある。トノはアントニオの事だ。
他には、マクートと発音する人がいる。これは、インディヘナの人に多いので、何か彼らの言語の中に、そういった音があるか、何かだと思う。まあさすがにトノと呼ばれても、ピンと来ないし、周りにトノと言う人はいくらでも存在しそうなので、無視したり、混乱したらいけないと思うので、一応訂正することにしている。でも、マクートくらいだったら、他に似たような音の物があるわけではないし、まあわからなくないので、ほっておくことにしている。
今日の日曜定食はホイコーロで26人来てくれた。午前中はわりと天気が良く暑くなったんだが、昼に一瞬雨が降り、その後夕方からショボショボ降り続いた。これでは人が来てくれないんじゃないかと思ったが、予想を大幅に上回る人が来てくれた。ありがたいことだ。
日中の温度28度、湿度52%。夜21度、77%。
スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://atabal.blog8.fc2.com/tb.php/3321-029f4882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)